バイナリーオプション教材

初心者でもすぐに取引できるやり方

初心者でもすぐに取引できるやり方
金そのものを購入する別の方法に、金地金を購入する方法があります。 金地金は、貴金属メーカーや地金商が自社ブランドとして製造・販売しており、直営の店舗や電話で購入できます。 直営店ならその品質は保証されているので安心して購入することができます。 金地金の重さにはさまざまな種類がありますが、金貨と違って500g未満の売買にはバーチャージと呼ばれる手数料がかかります。

XMLとは?IT初心者でもすぐわかるXML基礎知識 - HTMLとの違い

XMLとは?IT初心者でもすぐわかるXML基礎知識 - HTMLとの違い

XML(eXtensible Markup Language)は1998年2月に W3Cで勧告が出された言語の仕様(XML1.0)のことで、日本語に訳すと「拡張可能なマークアップ言語」と訳されます。このXMLというものは、特定の企業が提供している技術ではありません。インターネット上で使用される各種技術の標準化推進団体、つまり、インターネットに関する様々な取り決めを行っている、W3C(World Wide Web Consortium)という組織で検討された上で決定されたオープンな規格です。W3Cで正式に取り決められた規格は「勧告」されることによって広く周知されます。つまりW3Cで勧告された日がXMLの誕生日、ということになります。

XMLの親戚とも言えるものとして、HTML(Hyper Text Markup Language)があります。HTMLはXMLと同様、マークアップ言語となりますが、Webページの作成に使用されるため、皆さんもHTMLという単語自体はお聞きになった方が多いのではないでしょうか。ちなみに、HTMLもXMLと同様、W3C勧告となっているマークアップ言語となります。

XMLの方にお話を戻すと、HTMLと同様に、SGMLから派生してきた言語となります。SGMLは異種のコンピュータ間で文書の互換を行うためのもので、文書のもつ「章見出し」「節見出し」「本文」・・・などの論理構造を「タグ」と呼ばれるもので記述することができます。タグは文書の論理構造に対応し、その構造や属性はDTD(Document Type Definition)と呼ばれるファイルに記述されるようになっています。DTDに基づいてレイアウトを行えば、異種のコンピュータでも文書の論理構造をそのまま再現できます。

リスト1:簡単なXML文書の例
  • 「おこづかい帳」というグループの中に「支出」というグループが入り、その「支出」の中にさらに記載したい「内容」というグループが存在し、そこには、「日付」や「交通費」といった、最終的に記載したい個別の項目が入っている、という構造に見えます。つまりこのデータは、「お小遣い帳~支出~内容~日付・交通費」といった、入れ子構造や親子構造、といった階層構造をもっているということです。
  • XMLの場合に限らず、HTMLの場合も「」は、意味を示す「タグ」と呼ばれます。ただし、タグの中身はHTMLのように、フォントの大きさ・色などといった記載は無く、何らかのレイアウトを示すような内容は書かれていません。XMLのタグは、タグにはさまれる内容(データ)が何であるかを示す文字になっています。しかもどうやら作者が勝手に都合よく決めたタグであるように見えます。すなわち、XMLのタグは自由に決められ、データに意味をつけることができる、ということです。XMLは自由度が高い・柔軟性が高い、と言われますが、こういった理由があるから、という事は、雰囲気的にご理解いただけますでしょうか?

それでは、このXMLで記載されたリストはどう使えるのでしょうか。
このXMLリストをGoogle 初心者でもすぐに取引できるやり方 ChromeやIE(Internet Explorer)などのWebブラウザに読み込ませても、XMLリストがそのまま表示されるだけで、特に何の処理もされません。XML文書はレイアウト情報を持ち合わせていないため、それだけでは思い通りのデザインで表現することはできないのです。

XMLパーサにはさまざまな物がありますが、例えばInternet Explorerには「msxml」というXMLパーサが搭載されています。これがあれば、ブラウザ上でXML文書を扱うことができます。この、XMLパーサというツールに、レイアウト情報を持たせるためのXSL(eXtensible Stylesheet Language Transformations)という、またまたW3Cにより標準化されたXML文書の変換用言語を用いて、XSLT(eXtensible Stylesheet Language Transformations)という処理を行います。具体的には、XSLTプロセッサというツール(変換エンジン)を活用することで、XML文書を別のスタイルをもつXML文書に変換したり、XMLをHTMLに変換したりすることができます。XSLTは、XSLと呼ばれる、スタイルシートを記述する言語の一部として使われる仕様です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる