FXのチャートの見方

デイトレード とはなんでしょうか

デイトレード とはなんでしょうか
性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート
私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

トレーディングパソコン「トレステPC」を個人投資家テスタさんがレビュー! オンライントレードに最適なPC環境とは?

近年すっかり定着し、多くの証券会社が独自のツールやサービスを提供するようになったオンライントレード。スマホで手軽に株式投資が行えるアプリやサービスもありますが、デイトレードに挑戦したい方や、きちんと情報収集しながら取引したい方などは、それなりのPC環境が欲しいところ。 今回は、様々なオンライントレード専用パソコンをリリースしてきたパソコン工房から新たに登場した「トレステPC」について、日本を代表する個人投資家であるテスタさんに、オンライントレードに最適なPC環境をパッケージにした「トレステPC」のプロトタイプを実際に使ってもらい、使い勝手や機能について評価していただきました。 さらにテスタさんには、経験ゼロからはじめてどのように経験を積んでいったのか、「日本に投資を広めたい」という強い思い、そしてオンライントレードで勝つために環境や心構えの点で大切にしていることなど、お話をお聞きしました。

「トレードステーション」とは?

「トレードステーション」は、先進性、機能性において数々の最高評価 * を受けてきた、米TradeStation社の根幹とも言える取引ツールです。 米国では発注スピード最優先のデイトレーダーから緻密なシステムトレーダーまで、様々なタイプのトレーダーが使用しています。日本のアクティブ・トレーダーのためにローカライズされた日本株版のトレードステーションも、これまでの日本株取引ツールにはない機能を多数備えています。最初はその機能の多さに驚くかもしれませんが、専用のサポートサイトや、トレーディングツールに精通したオペレーターのいるコールセンターを通じて全面サポートしますので、トレード初心者の方にも安心してご利用いただけます。

「トレステPC」とは?

「トレステPC」は、「トレードステーション」の動作推奨スペックを満たした「お墨付き」パソコンとして、マネックス証券とパソコン工房が共同企画したオンライントレード専用機です。証券会社とパソコン販売店のコラボレーションは異色に思えるかもしれませんが、パソコン工房では2013年より証券会社2社との共同企画製品に取り組んでおり、この間の出荷実績とノウハウも活かして第3弾となる製品を開発いたしました。
「トレステPC」は、最大8画面でチャートなど多くの情報を表示できるハードウェア一式に、両社が提供するサポート体制を組合せ、充実したオンライントレード環境を実現しています。
マーケット情報の視認性の高さ、「トレードステーション」による先進的な取引、安心のサポート体制によって、上級者の方だけではなく、初心者の方にも、投資効率をアップするツールとして広くご利用頂けます。

スイングトレードとは?銘柄の選び方や成功のコツを解説!

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

デイトレード とはなんでしょうか

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は5万円超10万円以下の取引において、手数料が税込99円と手数料が比較的安い証券会社です。また、取引時にさまざまな注文方法を選択できるため、より効率的なスイングトレードを実現できます

トレーディングツール「マネックストレーダー」が非常に高機能であることも強みの一つです。リアルタイムでチャートや株価を確認でき、ランキング機能などと併用することで、取引タイミングを見逃さず投資ができます。スイングトレードにおいて、大きな戦力となる「マルチチャートビューア」機能など、利用価値のある便利な機能が詰まっています。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

auカブコム証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

auカブコム証券もネット証券大手の一つです。「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのコースが用意されていて、投資スタイルに合わせてよりお得な手数料で取引できます。どちらにしても手数料は業界最安値です。

トレーディングツール「kabuステーション」では、株価やチャート、ニュースなどを確認でき、このツールで発注までワンストップでできることも強みです。「カブナビ」というスクリーニングツールもあり、こちらは200を超える条件から詳細に銘柄を絞っていくことができます。

他にもさまざまなツールが用意されているので、ツールを活用してより良いスイングトレードを実現したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

手数料(税込)少額投資こんな人におすすめ
楽天証券プランによって
100万円まで無料
×楽天ポイントも使いたい
SBI証券プランによって
100万円まで無料
投資信託や金などへの投資も考えたい
松井証券50万円まで無料×充実したサポート体制の下で投資したい
マネックス証券10万円ま99円少額取引から開始したい
auカブコム証券10万円まで99円豊富なツールを使いたい

スイングトレードは初心者・時間がない人におすすめ

スイングトレードが初心者にもおすすめできるポイントを以下にまとめます。

初心者にもおすすめできるポイント

  • 画面に張り付く必要がない
  • 総合的に見て利益を出しやすい
  • 安心感がある

スイングトレードでは、数日から数週間程度ポジションを保有するので、デイトレードのような短期取引と異なり、常にチャートを監視しておく必要がありません。常にチャートを監視して、取引タイミングを見定める行為は精神的なストレスとなることもあります。また、仕事などで忙しい場合にも、スイングトレードであれば時間の確保がしやすいので、他の投資に比べてスタートしやすい投資と言えます。

さらに、デイトレードなどの短期取引に比べて、トレンドが掴みやすいので、利益を出しやすいのも特徴です。短期トレードになるほど、チャートを監視していないと値動きを掴みにくく、複雑なテクニカル分析などの知識も必要になります。そういった意味で参入障壁が低いことも、初心者や時間がない人におすすめできるポイントと言えるでしょう。

また、短期取引はベテランのトレーダーでも失敗することがあります。長くポジションを保有するスイングトレードの方が、安心して取り組むことのできる手法と言えます

スイングトレードの始め方

利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、メールやチャット、コールセンターなどに相談できるのかも重要でしょう

口座開設後は、実際に取引を開始することになりますが、デイトレードなど他の取引手法も試してみることもおすすめです。スイングトレードのメリットをより掴みやすくなり、より良いトレードができるようになります。資金に余裕がある場合には、他の手法にも取り組んでみてください。1つの口座でさまざまな金融商品を扱える証券会社であれば、その幅も広がります

いずれの場合も口座開設の目的を先に明確にすることが重要です。そもそも投資を開始するのはなぜなのか、証券会社を選ぶ際に明確にするようにしましょう

スイングトレードについてよくあるQ&A

スイングトレードとは? スイングトレードとは、株式取引の中でも2〜3日から数週間の短い期間で売買を進める手法です。中長期的に運用するのではなく、短期的な視点を持って利益が出た時に必ず株式を売却して利確します。企業業績や市場全体の動向などを分析する必要はあまりなく、テクニカル指標やチャートなどが重視されます。

スイングトレードのメリット

  • 画面に張り付く必要がない
  • 中長期的な投資方法よりも成果が出るのが早い
  • 株価の変動がなくても利益を出しやすい
  • 少ない資金で大きな利益を出しやすい/li>
  • 資金効率が良い

スイングトレードのデメリット

  • 時間外に株価の変動がある
  • 損切りが難しい
  • 手数料コストが高い

銘柄を選ぶポイント

  • 流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  • 銘柄数は3〜5つに絞る
  • 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

スイングトレードの始め方は? スイングトレードを始めるにはまず証券会社で口座を開きます。手数料の安さやツール・アプリの使い勝手、サポート体制など、さまざまな要素から選定していくのがおすすめです。 利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、電話やメール、チャットなどで相談できるのかも重要でしょう

仮想通貨のデイトレードの特徴や始め方・具体的な稼ぎ方を徹底解説|どんな人におすすめ?

daytrade

利益を得られるチャンスが多い

出典:Tradingview

また、値動きが少ないレンジ相場であっても、小さな値幅で利益を狙うデイトレードであれば利益を上げられる可能性があります。

少ない資金を効率よく運用できる

3つ目のメリットは、少ない資金を効率よく運営できることです。

いいかえれば、同じ資金を使って何度もトレードするため、少ない資金で利益を上げられるので資金効率が良い投資方法だといえます。

レバレッジ取引は手持ち資金以上の取引が可能で、仮想通貨の場合は2倍のレバレッジで取引できます。

DMM Bitcoinの場合、現物だけではなく信用取引でもレバレッジをかけることができますので、資金効率が良いデイトレードができます。

デイトレード とはなんでしょうか 資金効率を高めた取引に興味がある方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードのデメリット

取引手数料が増える

1つ目のデメリットは取引手数料が増えることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

2つ目のデメリットは予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性があることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

出典:楽天ウォレット

小さな利幅で利益を上げるデイトレードにとって、短期間の急激な価格変動は重大な結果につながる可能性がありますので、短期取引のリスクの一つとして把握しておきましょう。

仮想通貨デイトレードの始め方

暗号資産取引所でアカウントを作成す

購入・売却する仮想通貨を決定

取り扱っている仮想通貨は暗号資産取引所ごとで異なりますので、自分が取引したい仮想通貨があるところでアカウントを作成しなければなりません。

初心者の場合は取引量が多いビットコインやイーサリアムなどでデイトレードを行い、慣れてきたら他の仮想通貨でのトレードを始めてみてもよいでしょう。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

最後に、購入(買い注文)または売却(売り注文)した仮想通貨を売買します。

スキャルピングほどではありませんが、相場が予想外に大きく動くことがありますので、急変を察知したら素早く損切りする決断も必要です。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/trading_flow

DMM Bitcoinのスマートフォンのトレード画面はシンプルで非常に見やすく、初心者でも誤操作しにくい作りになっています。

気軽にトレードを行ってみたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードの稼ぎ方

ニュースなど最新情報を集める

デイトレード とはなんでしょうか 1つ目のポイントは、ニュースなど最新情報を集めることです。

ニュースなど最新情報を集める

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/useful_information/crypto_assets_news

その間、相場に大きな影響を与えるニュースがいつ飛び込んできてもおかしくありません。

上の画像はDMM Bitcoinのものですが、取引所ごとで最新のニュースをアップしていますので、自分が使っている取引所で常に最新情報を得るようにしましょう。

最新情報を得たいという方は、シンプルで見やすいDMM Bitocoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

テクニカル分析を行う

2つ目のポイントは、テクニカル分析を行うことです。

テクニカル分析とは、価格や値動きの規則性・サイクルに注目するチャート分析方法です。

テクニカル分析を行う

出典:マネックス証券 https://info.monex.co.jp/technical-analysis/indicators/005.html

一般的に、短期投資はテクニカル分析が有効とされますので、仮想通貨のデイトレードでも有効と考えられます。

レバレッジ取引を活用する

デイトレード とはなんでしょうか 3つ目のポイントは、レバレッジ取引を活用することです。

レバレッジ取引とは

デイトレードのように、1日に何度も取引する場合は資金量が多いほど有利になりますので、レバレッジで実質的な資金量を増やすことで利益を増やせます。

一般信用取引「いちにち信用」

マーケットスピードログイン後、 1 投資情報 > 2 市況情報ページから 3 銘柄選択したページに 4 信用取引区分が表示されます。 5 信用取引区分を確認します。 6 買=買建、売=売建の意味です。取引が可能な場合「○」、取引不可の場合、「-」が表示されます。 7 特別空売り料がかかる場合、1株当たりの金額が表示されます。かからない場合は「-」を表示します。なお、日付は、特別空売り料適用日です。
「市況情報フル板」「ザラ場情報1」「ザラバフル板」「武蔵」「銘柄一覧」の画面でも確認できます。

マーケットスピードログイン後、 1 投資情報 > 2 一般信用売建銘柄で売建可能な銘柄一覧が表示されます。
3 銘柄区分で「いちにち信用銘柄」を選択し(特別空売り料あり、なしでも絞り込むことが出来ます) 4 検索ボタンをクリックします。一般信用取引「いちにち信用」で売建可能な銘柄一覧を絞り込むことが出来ます。

1 信用取引区分を表示します。
2 買=買建、売=売建の意味です。取引が可能な場合「○」、取引不可の場合、「-」が表示されます。

1 グローバルメニューから「注文」をタップする
2 デイトレード とはなんでしょうか 「一般信用売建銘柄」をタップする

4 いちにち信用をタップする。(特別空売り料あり、なしでも絞り込むことが出来ます)
5 デイトレード とはなんでしょうか 決定をタップすると、一般信用取引「いちにち信用」に該当する銘柄のみが表示されるようになります。

一般信用取引「いちにち信用」の取引方法

  • ウェブ
  • マーケットスピード II
  • マーケットスピード
  • iSPEED

注文入力画面で、 1 取引区分一般信用1日(買/売)を確認。※取扱いがない場合は「-」表示します。
2 売買区分 3 信用区分を選択し、 4 売建の場合は「売建可能数量」「特別空売り料」を確認します。数量、価格等を入力し、発注してください。

  • 注文入力画面の売建可能数量は、取引時間中に更新されます。注文執行時に、売建可能数量が0株になる場合があります。特別空売り料がかからない場合は、「-」が表示されます。

1 画面上で右クリック、もしくは右上の「注文」ボタンをクリックし、 2 信用取引 3 新規注文を選択してください。 4 売買 5 信用区分を入力する。 6 売建の場合は、「売建可能数量」「特別空売り料」を確認する。

1 信用区分、 2 売買区分を選択。 3 売建の場合は「売建可能数量」「特別空売り料」を確認します。数量、価格等を入力し、発注してください。

  • 注文入力画面の売建可能数量は、取引時間中に更新されます。注文執行時に、売建可能数量が0株になる場合があります。特別空売り料がかからない場合、「-」が表示されます。

マーケットスピードログイン後、 1 投資情報> 2 ザラバ情報の 3 4を選択。 4 5 条件設定から銘柄を登録後、 6 デイトレード とはなんでしょうか - 8 事前に注文区分、信用区分、弁済期限を登録します。
9 売建の場合は「売建可能数量」「特別空売り料」を確認します。 10 売建の場合は値段の左側をダブルクリック、買建の場合は右側をダブルクリックするだけで、注文確認画面に遷移し、発注ができます。
最短2クリックで発注することができます。

マーケットスピードログイン後、投資情報 > エクスプレス注文を選択。条件設定から銘柄を登録後、事前に注文区分、信用区分、弁済期限を登録します。
売建の場合は「売建可能数量」「特別空売り料」を確認し、売建の場合は値段の青い方をクリック、買建の場合は値段の赤い方をクリックするだけで、発注ができます。

  • エクスプレス注文の執行条件はIOCになります。詳しくはこちらをご確認ください。

  • IOCについて詳しくはこちら
  • ASについて詳しくはこちら

マーケットスピードログイン後、 1 投資情報 > 2 武蔵を選択。
3 信用区分を一般信用(1日)を選択し、 4 売建の場合は「売建可能数量」「特別空売り料」を確認します。
5 注文区分や口座区分などを事前に選択後、 6 注文したい数字をクリックしたまま掴み、発注したい値段のところで離す(ドラッグ&ドロップ)ことで発注が可能です。

1 信用区分、 2 売買区分を選択。 3 売建の場合は「売建可能数量」 デイトレード とはなんでしょうか 4 「特別空売り料」を確認します。数量、価格等を入力し、発注してください。

  • 注文入力画面の売建可能数量は、取引時間中に更新されます。注文執行時に、売建可能数量が0株になる場合があります。特別空売り料がかからない場合は、「-」が表示されます。

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

【信用取引にかかるリスク】

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。 デイトレード とはなんでしょうか デイトレード とはなんでしょうか デイトレード とはなんでしょうか
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,デイトレード とはなんでしょうか 300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて デイトレード とはなんでしょうか 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

大和証券でデイトレードってできないんですか?

質問ですが,大和証券に口座を持っておりまして 今まではミニ株で取り引きしていたんですが, これからデイトレードをしたいと思っています. しかし,約定後も当日にその銘柄が売付には現れてこないのは何故なのでしょうか?証券会社によってできるできないがあるのでしょうか?おまけにデイトレードした場合 受渡日のお金の払う→貰うはどのように清算されるのかも 謎です.どうか詳しい方,大和を使っている方教えていただけないでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

#5のHAL007さん。 そうだったんですか。 店頭営業では、差金がらみで売らせてもらえませんでしたけど。 因みに、私の場合は現物の場合です。 あなたのは、信用ではありませんか? 丸三では、出来るみたいですけど。(売却可能)ただし、入金前受け制。 でも、受け渡し日があるため、どうかな?? 一応大和証券での質問ですから、私の答えは間違いではないでしょう。

その他の回答 (7)

  • 2003/08/06 12:07 回答No.7

#5のgarnetscreinさん >>同一日中の同一銘柄の売買は、一日伸びるんですよ。 >>何処の証券でも同じです。 大和証券を止めて良かったです。今使っている証券会社は 同一銘柄を一日で売買しても4日後に変わりがありません。 (念の為電話で確認して見ました) 大和証券のだけのルールなんでしょうね。

  • 2003/08/04 22:00 回答No.6
  • 2003/08/03 23:デイトレード とはなんでしょうか 53 回答No.5

#3です。 ネットが1250 デイトレード とはなんでしょうか コールセンターが1750 これは私の間違いです。 #4さんの >証券の決済は4営業日でこれはどこの証券会社も同じというか >取引所のルールです。5営業日と言うことはありえません。 は間違ってますよ。 メイン証券が大和ですから。 差金をやった場合、出金できるのは5営業日です。 毎日やってますからご心配なく。 #4さん、差金決済・同一日中の決済についてよく読みましょう。 デイトレード とはなんでしょうか 同一日中の同一銘柄の売買は、一日伸びるんですよ。 何処の証券でも同じです。 差金決済で証券取引法違反になりますので。 長瀬君の「マネーゲーム」みたいにつかまりますよ。 それでもよければどうぞ。

  • 2003/08/03 20:10 回答No.4

#3さんの手数料はミスリーディングですよ・・・ 50万円以下の手数料でネットが1250、コールセンターが1750です。 段階的に手数料率は下がりますがネット専業などに比べたら 高いです。(参考URLの一番下にある料金表参照下さい) 証券の決済は4営業日でこれはどこの証券会社も同じというか 取引所のルールです。5営業日と言うことはありえません。

  • 2003/08/03 16:57 回答No.3

デイトレードできますよ。 差金決済を防ぐため、売却は電話注文のみになります。 もちろん、 買い付け金は4営業日までに入れる(調達)こと、 受け取り代金は5営業日目になります。 約定代金後入れ方式が適用できる貴重な会社ですので、 残高不足にならないように気をつけましょう。 複数同一株を持っている場合は、保有株数までは 差金に該当しませんので、約定同一日中にネットで売却できます。 因みに、出金は、5営業日目まで出来ませんので。 ネット1250円 電話 1900円 デイトレード とはなんでしょうか です。

  • 2003/08/03 14:58 回答No.2

ルールが変わっていなければ、大和証券は買い付け当日には売れなかった筈です。 当日に売れるかどうか、売ったお金がどの時点で再び買い付けの金に使えるか、などは証券会社によって様々異なります。 もともと手数料体系etc.含め大和はデイトレードには向いていません。デイトレードを望まれるならネット専業もしくはネットに強い会社を利用された方が良いでしょう。デイトレードでは大きな儲けは期待出来ないので手数料が意外と大きく効いてきます。 またそういったところではほぼリアルタイムに資金の再利用が可能です。 デイトレードの清算に関しては、No.1の方が書かれている通り、買い付けのための現金があることが前提条件として、それがあれば事実上利益分だけを受渡日に受け取ることになります(損失の場合は無論逆)。つまり受渡日前に口座の金を引き出したりしてしまうことは出来ない、ということです。

  • 2003/08/03 12:45 回答No.1

今は使ってないしデイトレードはしなかったので確実ではありませんが 他の大手の証券会社は出来ません。 大和が出来るとした場合、考えられるのは買付のお金がない場合は 入金されるまで売却はできません。 (買付が出来る理由は他に保有株式がある為です) >>受渡日のお金の払う→貰うはどのように清算されるのかも 差額決済は法律?で禁止されていますから買付に必要な現金がある事が 原則です。結果から見れば差額決済と同じ様に見えますけど。

関連するQ&A

今普通に株取引しているのですが、デイトレードもしくはウィークリートレードを始めようと思います。 証券会社は大和證券を使っているのですが、注文してから4日後受け取り、売ってから4日後振込なので デイトレードになりません。どうすればいいのですか??

現在100万ほどの残高でデイトレードしているのですが、 現物だと銘柄を乗り換えると何回転できるのに対し、信用は 余力がなくなれば終わりですよね。例えば信用で100万の3倍で300万の取引ができるとして 買い 10万×15株 約定代金150万 売り 10万×15株 約定代金150万 で終わりってことですか? 現在現物で売買7~8回。一日約定代金400万ぐらいなので 手数料では負けますが、回転率からいって現物のほうが いいんですよね。信用は3倍の代金といいますが、結局 大きな資金をもっていないとデイトレードには向いてないと 思いますがどうでしょうか? デイトレの人はほとんど信用なのでしょうか?

大和證券のオンライントレード(特定口座) をミニ株用に開きました。ミニ株だと、年間の口座管理料がかからないのですよね? 今現在数十万円入金しているものの、いまだ取引をはじめていません。 この状態で、放っておくと管理料をいつか引き落としされてしまうのでしょうか。 今は情報だけ読んで、他の証券会社で、単位株取引をしています。

株のデイトレードを始めたいと思います。 と言っても、ボロ株1銘柄だけに絞って、1円抜きをするだけですが。 ちゃんとチャートは見ます。 たとえば、当日、MRFの買い付け余力が5万円程度しかないため、1株5円の銘柄を10,000株買って、当日1株6円に上がった時に10,000株売って、利益確定できたとします。 そうすると、単純に、1万円の利益が1日で出ますが、株式の受け渡しや代金の受け渡しがMRFで決済されるのは、売買をしてから4営業日目だと聞いています。 そうすると、次に買い付け余力ができてデイトレードができるのも、4営業日目だということでしょうか? できれば、毎日、1円抜きをして、毎日1万円ずつ資産を増やしたいので、質問させていただきました。 よろしくお願いします。

ミニ株だと、どうやら大和證券のネットトレードが有利なようですが、 単位株だと、どこになるでしょうか? ちなみに私はデイトレードをやるつもりはないので、一日何回も取引しても 一律料金という証券会社はあまり関係ありません。 また、取引をするなら、単位株でもネットトレードになると思います。 初歩的な質問で恐縮ですが、ご教授いただきたくお願いいたします。

今まで準備をしてようやくデイトレードを始めます。 証券口座も開設済で 松井証券 E*TRADEで 開設しました。今後 楽天証券をはじめ その他ネット証券の開設をするつもりです。 運用資金100万円に設定して証券口座に振り込みました。(今後実際の運用額は資金を落として10万か 追加して200万になる予定です。)基本的に現物取引にいたします。信用取引も検討いたします。 現在 1.デイトレード とはなんでしょうか 実際売買取引するための証券会社と 2.デイトレードができる登録銘柄選びをしています。 質問1. しばらくは松井証券で取引を行いますが、予定では1日の取引金額は100万円を超えます。手数料や売買方法から おすすめの証券会社を紹介お願いいたします。 質問2. 登録銘柄はランキングから選ぼうと思っていますが、銘柄の特徴がいまいちよくわかっていません。(かなり多くのサイトやこのサイトの過去の質問を見ていますが銘柄の絞込みがよく理解できていないです。ソフトバンクはデイトレード向きとか聞きますが・・・・) 実際 ランキングからどのようにして取引する銘柄をピックアップしているのか 教えてください。

デイトレードについて最近勉強しはじめたものです。 そんな私なんですがなぜか手数料のシステムがいまいちわかりません・・ まず楽天証券の場合、口座開設して最初の3ヶ月のうちは約定代金の合計が20万円までなら手数料無料の「ミニ定額」がありますが、それは例えば、ある銘柄を5万で指値買い&同じく5万で指値売り、つまり往復(どちらも約定したとする)の取引なら2回までやっても手数料はかからない、ということですか? あと同じく楽天証券の「ひとつき割り引きコース」の手数料は現物の指値注文は一回2625円(×月20回まで)とありますが、それは一回の往復の手数料ということでしょうか?だとしたら片道約1313円になるわけで約定代金が大きくないと逆に損する可能性もありますよね@@??センチュリー証券みたいにどれだけ約定代金が高くても片道472円という証券会社もありますし2625円はえらく高い感じがします。。 なにか根本的にわかってない感じもしますができたらわかりやすく手数料のシステムを説明してもらえたら幸いです・・

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる