外国為替取引

オプション戦略のご紹介

オプション戦略のご紹介
「ザイFX!プレミアム配信with今井雅人」のここがスゴイ!
元邦銀チーフディーラー・今井雅人氏からのレポートを受けてザイFX!が配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」は、その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替相場の予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限りお届けするメルマガ。国会議員時代の2014年に、FXで5000万円以上の利益を上げたことが話題になるほどの抜群のトレードセンスと、鋭い視点で為替相場を解説するレポートは、多くの個人投資家の取引に役に立つだろう。

オプション戦略のご紹介

「ウィルス対策ソフトは死んだ」、ある代表的なウィルス対策ベンダーの言葉ですが、この言葉に象徴されるように、昨今、従来のウィルス対策ソフトの効果が限定的となっています。2015年に発生した日本年金機構に対するサイバー攻撃が大きな問題となった他、最近においてはシステム内のデータを暗号化し、その復号をするにあたって金銭を要求するランサムウェアや、オンラインバンキングの不正送金ウイルスが流行しており、サイバー脅威及びセキュリティ対策の必要性が高まっております。 しかしながら急速に拡大するサイバー脅威に対して現状は弊社のように感染前に防御できるソリューションを提供するセキュリティベンダーはほとんどなく、情報漏えい被害等は拡大している状況です。 本セミナーでは、前述のようなサイバーセキュリティの詳しい現状や、弊社の取り組みについてお話します。

富士急行は、富士山麓地域を世界的な観光地にする構想のもと、1926年に鉄道会社として創業しました。その後は、運輸業、不動産業、レジャー・サービス業などの事業を富士急グループとして展開しています。 創業は「鉄道」ではありますが、実は、成長のドライバーは「エンターテインメント」力であると考えております。 2004年より経営理念を「いつも『喜び・感動』」とし、同年に上質なキャンプ場の運営会社である「PICA」を、2007年には神奈川県のアミューズメントパーク「さがみ湖ピクニックランド」を、M&Aにより取得するなど、「エンターテインメント」力により、企業価値の向上を加速させています。さらに、2013年には富士山が「世界文化遺産」に登録されたことや訪日外国人旅行者の増加などが外部環境としてフォローになっています。 当日は、2015年に発表した経営戦略「Integrated 『Greater 富士山』戦略」に基づき、世界中のお客様に「夢・喜び・やすらぎ・快適・感動」のお届けを目指す経営ビジョンの実現に向けた取組みをご説明申し上げます。

高度経済成長時代を経て長く日本の産業を支えてきたプラント設備は、徐々に次世代の設備に置き換えられつつあります。ところが、いざそのプラント設備を撤去する時になると、とりあえずつくった人(会社)に依頼し、造ったときの逆のプロセスで壊すという状況が長年続いてきました。 私たちは、「つくった人には壊せない」という考えの下、まったく新しい視点でプラント解体を発想します。そして、その発想を実際の工事を通じて検証し、新たな技術・工法として確立、更には特許工法という形で完成させています。さらに、2015年の9月には、プラントの解体会社として初めて株式上場を果たしました。この株式上場を期に、見える景色が変わってきたと実感しています。 プラントの解体には、普通の人には見えないものを見る、柔軟な発想や想像力が求められますが、何を行うにしても同様のことが言えるのではないでしょうか。当日は、ベステラの代名詞とも言える特許工法の「リンゴ皮むき工法」、東証マザーズへのIPO、最近の経済情勢等を題材に、ものごとの仕組みとその本質をどう見抜くかについてお話する予定でございます。

株式には、残余財産と残余利益に対する条件付き請求権が組み込まれている。前者は倒産時における資産総額を原資産、また負債総額を権利行使価格とするコール・オプション、後者は毎期の純利益を原資産、また資本コストを権利行使価格とするコール・オプションとして複製されるペイオフ構造を有している。本稿では継続企業を前提として、後者の残余利益に基づくオプション評価モデルを提示するとともに、同モデルによってスタートアップ時点におけるインターネット企業の株式価値を評価する。シミュレーションの結果、本稿の残余利益オプションモデルは、売上高を原資産とするSchwartz and Moon (2000)の株式価値評価モデルよりも高い予測精度を示した。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる