取引ツール

ロールオーバーとは

ロールオーバーとは

拡大画像表示

Microsoft ID プラットフォームでの署名キーのロールオーバー

この記事では、セキュリティ トークンに署名するために Microsoft ID プラットフォームで使用される公開キーに関して、知っておく必要があることについて説明します。 これらのキーは定期的にロールオーバーされ、緊急時にはすぐにロールオーバーされる可能性があることにご注意ください。 Microsoft ID プラットフォームを使用するすべてのアプリケーションは、キーのロールオーバー プロセスをプログラムで処理できる必要があります。 ここではキーのしくみについて説明すると共に、アプリケーションへのロールオーバーの影響を評価する方法について説明します。また、必要に応じてキーのロールオーバーに対処できるよう、アプリケーションを更新したり、定期的な手動ロールオーバー プロセスを確立したりする方法について説明しています。

Microsoft ID プラットフォームでの署名キーの概要

Microsoft ID プラットフォームは、業界標準に基づいて構築された公開キー暗号化を使って、それ自体とそれを使用するアプリケーションの間での信頼を確立します。 具体的には、次のように機能します。Microsoft ID プラットフォームでは、公開キーと秘密キーのペアで構成される署名キーが使用されます。 認証に Microsoft ID プラットフォームを使用するアプリケーションにユーザーがサインインすると、Microsoft ID プラットフォームによって、そのユーザーに関する情報を含むセキュリティ トークンが作成されます。 このトークンは、Microsoft ID プラットフォームによって秘密キーを使って署名されてから、アプリケーションに返送されます。 トークンが有効であり、Microsoft ID プラットフォームからのものであることを確認するには、アプリケーションで、テナントの OpenID Connect Discovery ドキュメントまたは SAML/WS-Fed のフェデレーション メタデータ ドキュメントに含まれる、Microsoft ID プラットフォームによって公開された公開キーを使って、トークンの署名を検証する必要があります。

セキュリティ上の理由から、Microsoft ID プラットフォームの署名キーは定期的にロールオーバーされ、緊急時には即座にロールオーバーされる場合があります。 これらのキー ロール間に設定または保証された時間はありません。Microsoft ID プラットフォームと統合されているすべてのアプリケーションは、発生頻度に関係なくキーのロールオーバー イベントをいつでも処理できる必要があります。 アプリケーションで突発的な更新が処理されず、期限切れのキーを使用してトークンの署名の検証が試行されると、アプリケーションでそのトークンが誤って拒否されます。 ベスト プラクティスは、更新プログラムを 24 時間ごとにチェックすることで、ご使用のアプリケーションのキャッシュ内のキーで検証されないトークンが検出された場合に、主要なドキュメントが直ちに更新されるように調整します (多くても 5 ロールオーバーとは 分に 1 回)。

OpenID Connect Discovery ドキュメントとフェデレーション メタデータ ドキュメントには、利用できる有効なキーが常に複数存在します。 ロールオーバーとは ロールオーバーとは 1 つのキーがすぐにロールされて別のキーに置き換えられる可能性があるので、アプリケーションは、このドキュメントで指定されているどのキーでも使用できるようになっている必要があります。 存在するキーの数は、Microsoft ID プラットフォームの内部アーキテクチャに基づいて、新しいプラットフォーム、新しいクラウド、または新しい認証プロトコルのサポートに伴って時間の経過と共に変わる場合があります。 JSON 応答でのキーの順序とそれらが公開された順序はどちらも、アプリにとって意味があってはなりません。

1 つの署名キーのみがサポートされるアプリケーション、または署名キーを手動で更新する必要があるアプリケーションは、本質的に安全性と信頼性が低くなります。 ロールオーバーとは これらは、標準ライブラリを使用し、他のベスト プラクティスでも常に最新の署名キーを使用するように更新される必要があります。

アプリケーションに影響が波及するかどうかの評価とその対処法

キー ロールオーバーへのアプリケーション側の対応は、アプリケーションの種類や使用されている ID プロトコル、ライブラリなどさまざまな要因によって異なります。 以下の各セクションでは、ごく一般的なアプリケーションにおけるキー ロールオーバーへの影響の有無を評価し、キーの自動ロールオーバーまたは手動更新に対応するようにアプリケーションを更新するうえでの指針を取り上げています。

このガイダンスは、次のアプリケーションには適用 されません

    ロールオーバーとは
  • Azure AD アプリケーション ギャラリーから追加したアプリケーション (カスタムも含む) については、キーの署名に関して別個のガイダンスがあります。 詳細については、こちらをご覧ください。
  • アプリケーション プロキシ経由で発行されたオンプレミスのアプリケーションでは、キーの署名について配慮する必要はありません。

リソースにアクセスするネイティブ クライアント アプリケーション

リソース (例: Microsoft Graph、KeyVault、Outlook API、その他の Microsoft API) ロールオーバーとは にアクセスするだけのアプリケーションは、通常、トークンを取得してリソース所有者に渡すだけです。 アプリケーションでリソースを保護しない場合は、トークンを調べることはないため、トークンへの適切な署名は必要はありません。

デスクトップかモバイルかを問わず、ネイティブ クライアント アプリケーションはこのカテゴリに分類され、ロールオーバーの影響を受けません。

リソースにアクセスする Web アプリケーション/API

リソース (Microsoft Graph、KeyVault、Outlook API、その他の Microsoft API など) にアクセスするだけのアプリケーションは、通常、トークンを取得してリソース所有者に渡すだけです。 アプリケーションでリソースを保護しない場合は、トークンを調べることはないため、トークンへの適切な署名は必要はありません。

トークンを要求するためのアプリ専用のフロー (クライアント資格情報/クライアント証明書) を使用する Web アプリケーションと Web API はこのカテゴリに分類され、ロールオーバーの影響を受けません。

Azure App Service を使用して構築された、リソースを保護する Web ロールオーバーとは アプリケーション/API

Azure App Service の認証/承認 (EasyAuth) 機能には、キーのロールオーバーを自動的に処理するうえで必要なロジックがあります。

.NET OWIN OpenID Connect、WS-Fed、WindowsAzureActiveDirectoryBearerAuthentication のいずれかのミドルウェアを使用し、リソースを保護する Web アプリケーション/API

アプリケーションで .NET OWIN OpenID Connect、WS-Fed、WindowsAzureActiveDirectoryBearerAuthentication のいずれかのミドルウェアを使用している場合、キーのロールオーバーに自動的に対処するうえで必要なロジックがあらかじめ用意されています。

それらがアプリケーションで使用されているかどうかは、アプリケーションの Startup.cs または Startup.Auth.cs ファイルで次のスニペットを探すことで確認できます。

.NET Core OpenID Connect または JwtBearerAuthentication のいずれかのミドルウェアを使用し、リソースを保護する Web アプリケーションまたは API

アプリケーションで .NET Core OWIN OpenID Connect と JwtBearerAuthentication のいずれかのミドルウェアを使用している場合、キーのロールオーバーに自動的に対処するうえで必要なロジックがあらかじめ用意されています。

それらがアプリケーションで使用されているかどうかは、アプリケーションの ロールオーバーとは Startup.cs または Startup.Auth.cs から次のスニペットを探すことで確認できます。

Node.js passport-azure-ad モジュールを使用し、リソースを保護する Web アプリケーション/API

アプリケーションで Node.js passport-ad モジュールを使用している場合、キーのロールオーバーに自動的に対処するうえで必要なロジックがあらかじめ用意されています。

アプリケーションで passport-ad が使用されているかどうかは、アプリケーションの app.js から次のスニペットを探すことで確認できます。

Visual Studio 2015 以降を使用して作成された、リソースを保護する Web アプリケーションや Web API

アプリケーションが Visual Studio 2015 以降の Web アプリケーション テンプレートを使用して作成されており、 [認証の変更] メニューで [職場または学校アカウント] を選択した場合は、キーのロールオーバーに自動的に対処するうえで必要なロジックがあらかじめ用意されています。 このロジックは OpenID Connect Discovery ドキュメントからキーを取得してキャッシュし、定期的にそれらを更新するもので、OWIN OpenID Connect ミドルウェアに組み込まれています。

認証を手動でソリューションに追加した場合は、キーのロールオーバーに対応するうえで必要なロジックがアプリケーションに備わっていない可能性があります。 必要なロジックを独自に作成するか、その他のライブラリが使用されているか、サポートされているプロトコルが手動で実装された Web アプリケーション/API に関するセクションの手順に従ってください。

Visual ロールオーバーとは ロールオーバーとは Studio 2013 を使用して作成された、リソースを保護する Web アプリケーション

アプリケーションが Visual Studio 2013 の Web アプリケーション テンプレートを使用して作成されており、 [認証の変更] メニューで [組織アカウント] を選択した場合、キーのロールオーバーに自動的に対処するうえで必要なロジックがあらかじめ用意されています。 このロジックにより、プロジェクトに関連付けられた 2 つのデータベース テーブルに組織の一意識別子と署名キー情報が保存されます。 このデータベースの接続文字列は、プロジェクトの Web.config ファイル内に格納されています。

認証を手動でソリューションに追加した場合は、キーのロールオーバーに対応するうえで必要なロジックがアプリケーションに備わっていない可能性があります。 必要なロジックを独自に作成するか、 ロールオーバーとは その他のライブラリが使用されているか、サポートされているプロトコルが手動で実装された Web アプリケーション/APIに関するセクションの手順に従ってください。

  1. Visual Studio 2013 でソリューションを開き、右側のウィンドウで [サーバー エクスプローラー] タブをクリックします。
  2. [データ接続][既定の接続][テーブル] の順に展開します。 IssuingAuthorityKeys テーブルを右クリックし、 [テーブル データの表示] をクリックします。
  3. IssuingAuthorityKeys テーブルには少なくとも 1 つの行があり、キーの拇印の値に対応しています。 テーブル内の任意の行を削除します。
  4. Tenants テーブルを右クリックし、 [テーブル データの表示] をクリックします。
  5. Tenants テーブルには少なくとも 1 つの行があり、一意のディレクトリ テナント ID に対応しています。 テーブル内の任意の行を削除します。 Tenants テーブルと IssuingAuthorityKeys テーブルの両方で行を削除しないと、実行時にエラーが表示されます。
  6. アプリケーションをビルドして実行します。 アカウントにログインすると、アプリケーションを停止できます。
  7. [サーバー エクスプローラー] に戻り、IssuingAuthorityKeys テーブルと Tenants テーブルの値を確認します。 テーブルにはフェデレーション メタデータ ドキュメントから自動的に適切な情報が入力されています。

Visual Studio 2013 を使用して作成された、リソースを保護する Web API

Visual Studio ロールオーバーとは 2013 で Web API テンプレートを使用して Web API を作成し、 [認証の変更] メニューで [組織アカウント] を選択した場合、アプリケーションには既に必要なロジックが含まれています。

手動で認証を構成する場合は、以下の手順に従って、自動的にキー情報を更新するように Web API を構成する方法を確認してください。

次のコード スニペットは、フェデレーション メタデータ ドキュメントから最新のキーを取得し、 JWT トークン ハンドラー を使用してトークンを検証する方法を示しています。 このコード スニペットでは、データベース内か、構成ファイル内か、またはその他の場所に配置するかどうかにかかわらず、Microsoft ID ロールオーバーとは プラットフォームからの将来のトークンを検証するキーを保持するために、独自のキャッシュ メカニズムが使用されることを前提としています。

Visual Studio 2012 を使用して作成された、リソースを保護する Web アプリケーション

アプリケーションが Visual Studio 2012 で作成されている場合、通常、アプリケーションは ID およびアクセス ツールを使用して構成されています。 また、通常は 発行者名レジストリの検証 (VINR)が使用されています。 VINR の役割は、信頼できる ID プロバイダー (Microsoft ID プラットフォーム) に関する情報、およびそれらによって発行されたトークンを検証するために使用されるキーに関する情報を維持することです。 また、VINR を使用すると、ディレクトリに関連付けられている最新のフェデレーション メタデータ ドキュメントをダウンロードし、構成が期限切れになっているかどうかを確認し、必要に応じて新しいキーでアプリケーションを更新することにより、Web.config ファイルに保存されているキー情報を自動的に更新することが容易になります。

Microsoft から提供されたコード サンプルまたはチュートリアルのいずれかを使用してアプリケーションを作成した場合、キーのロールオーバー ロジックは既にプロジェクトに含まれています。 以下に示すコードがプロジェクト内に存在していることを確認できます。 アプリケーションにこのロジックが含まれていない場合は、以下の手順を実行してロジックを追加し、正常に機能することを確認してください。

  1. [ソリューション エクスプローラー] で、適切なプロジェクトの System.IdentityModel アセンブリへの参照を追加します。
  2. Global.asax.cs ファイルを開き、次の using ディレクティブを追加します。
  3. 次のメソッドを Global.ロールオーバーとは asax.cs ファイルに追加します。
  4. 次に示すように、Global.asax.cs 内のApplication_Start() メソッドで RefreshValidationSettings() メソッドを呼び出します。

この手順を実行すると、アプリケーションの Web.config は、最新のキーなど、フェデレーション メタデータ ドキュメントの最新情報で更新されます。 この更新は、IIS のアプリケーション プールがリサイクルされるたびに行われます。IIS の既定では、アプリケーションは 29 時間ごとにリサイクルされます。

  1. アプリケーションで上記のコードが使用されていることを確認したら、Web.config ファイルを開き、 issuerNameRegistry ブロックに移動して、以下の行を見つけます。
  2. add thumbprint=""> 設定で、どれか 1 文字を別の文字に置き換えて拇印の値を変更します。 Web.config ファイルを保存します。
  3. アプリケーションをビルドし、実行します。 サインイン プロセスを完了できる場合、アプリケーションではディレクトリのフェデレーション メタデータ ドキュメントから必要な情報をダウンロードすることによってキーが正しく更新されています。 サインインで問題が発生する場合は、Microsoft ID プラットフォームを使用した Web アプリケーションへのサインオンの追加に関する記事を読むか、次のコード サンプルをダウンロードして調べることによって、アプリケーションの変更が正しいことを確認してください: Multi-Tenant Cloud Application for Azure Active Directory (Azure Active Directory 向けのマルチテナント クラウド アプリケーション)。

その他のライブラリが使用されているか、サポートされているプロトコルが手動で実装された、リソースを保護する Web アプリケーション/API

その他何らかのライブラリを使用している場合またはサポートされているプロトコルを手動で実装した場合、OpenID Connect Discovery ドキュメントまたはフェデレーション メタデータ ドキュメントから確実にキーが取得されるようそのライブラリまたは実装内容を再確認する必要があります。 この点はたとえば、自分が記述したコードやライブラリのコードから、OpenID のディスカバリー ドキュメントまたはフェデレーション メタデータ ドキュメントの呼び出しを検索することによって確認できます。

キーがどこかに格納されている場合、またはアプリケーション内でハードコーディングされている場合は、キーを手動で取得し、このガイダンスの末尾にある手順に従って手動ロールオーバーを実行することで、適宜キーを更新できます。 将来、Microsoft ID プラットフォームでロールオーバーの周期が短くなった場合や、緊急のアウトオブバンド ロールオーバーが発生した場合に、中断やオーバーヘッドを避けるため、この記事で説明されているいずれかのアプローチを使って、自動ロールオーバーをサポートするようにお客様のアプリケーションを拡張することを強くお勧めします

アプリケーションをテストして、影響を受けるかどうかを判別する

PowerShell を使用して署名キーを確認および更新するには、 MSIdentityTools PowerShell モジュールが必要です。

任意のキーの拇印を選択し、アプリケーションでそのキーを使用するように Azure Active Directory ロールオーバーとは を構成します ( Azure portalからアプリ ID を取得します)。

新しいトークンを取得するためにサインインして、web アプリケーションをテストします。 キーの更新の変更は瞬時に行われますが、新しいトークンが発行されるように、新しいブラウザーセッション (Internet ロールオーバーとは Explorer の "InPrivate"、Chrome の "Incognito"、Firefox の "ロールオーバーとは プライベート" モードなど) を使用していることを確認してください。

返された各署名キーの拇印について、 Update-MsIdApplicationSigningKeyThumbprint コマンドレットを実行し、web アプリケーションのサインインプロセスをテストします。

Web アプリケーションが適切にサインインすると、自動ロールオーバーがサポートされます。 そうでない場合は、手動ロールオーバーをサポートするようにアプリケーションを変更します。 詳細について は、「手動ロールオーバープロセスの確立 」を参照してください。

アプリケーションで自動ロールオーバーがサポートされていない場合に手動ロールオーバーを実行する方法

アプリケーションで自動ロールオーバーがサポートされていない場合は、Microsoft ID プラットフォームの署名キーを定期的に監視し、適宜手動ロールオーバーを実行するプロセスを確立する必要があります。

PowerShell を使用して署名キーを確認および更新するには、 MSIdentityTools PowerShell モジュールが必要です。

最新の署名キーを取得します ( Azure portalからテナント ID を取得します)。

アプリケーションでその最新のキーを使用するように Azure Active Directory を構成します (ポータルからアプリ ID を取得します)。

新しいトークンを取得するためにサインインして、web アプリケーションをテストします。 キーの更新の変更は瞬時に行われますが、新しいトークンが発行されるように、新しいブラウザーセッション (Internet Explorer の "InPrivate"、Chrome の "Incognito"、Firefox の "プライベート" モードなど) を使用していることを確認してください。

ジュニアNISAの『ロールオーバー』ママFPが分かりやすく解説

ジュニアNISAの『ロールオーバー』ママFPが分かりやすく解説

■ジュニアNISAの払い出し制限解除
ジュニアNISA口座は2023年まではお金を引き出すことはできません。しかし、2024年1月1日以降は、ジュニアNISA口座、課税ジュニアNISA口座、継続管理勘定から、払い出しをすることができるようになります。この場合は課税はされません。ただし、全ての商品を払いだす必要があります。払い出し後はジュニアNISA,ジュニアNISA課税口座、継続管理勘定は廃止されます。

ジュニアNISAの継続管理勘定は運用のみ 商品選びが大事

このことから、 買付時の「商品選び」がとても重要 ということが言えます。

逆に、グングン利益が増えていく金融商品だった場合どうでしょうか?いくら利益が出ても『 非課税 』です。

ー 今からジュニアNISAを始めようと思っている方へ、注意点 ー

ジュニアNISA口座の開設は、すべての金融機関を通じて1人1口座のみです。一旦開設したら別の金融機関へ変更することはできません。 口座開設時は、金融機関の購入手数料や取扱ファンド数などを考え慎重に選びましょう

<失敗例>
・取引している金融機関で勧められて開設したが手数料が高かった
・購入したいファンドの取り扱いがなかった

※別の金融機関にどうしても変更したい場合
いったん口座を閉鎖して再開設する必要がありますが、 閉鎖した時点で過去の利益すべてに課税されてしまいます。

NISAロールオーバーで非課税期間延長?制度を詳しく説明

NISAロールオーバーで非課税期間延長?制度を詳しく説明

2014年に少額非課税投資制度としてスタートしたNISA。2016年には年間投資額上限が100万円から120万円にアップして、より多くの非課税投資ができるようになりました。NISAで非課税の運用が可能な期間は5年間ですが、制度開始から5年が経過する2018年末には、最初の投資期間が終了します。この時、NISA口座に金融商品がある場合は、次の3つの手続きの選択肢があります。
① ロールオーバーとは ロールオーバーとは 翌年の非課税投資口座に移す
課税口座へ移す
これまでの運用益は、非課税です。新たに課税口座へ金融商品を移す際の価格は、移管時に金融機関が発表している価格になります。
売却する
売却益は非課税です。売却損は、他の金融取引と損益通算できません。
このうち、①の翌年の非課税投資口座へ移すことを「ロールオーバー」と呼びます。
この記事では、NISAロールオーバーについて詳しく解説しますが、そもそもNISAとはどのような制度なのか、メリット・デメリット、注意点について知りたいという方は、下記記事をご確認ください。NISAで資産運用 メリット・デメリット・注意点は?

ロールオーバーの手続きは?上限はあるの?

これまでは、NISAの年間投資上限額が120万円のため、ロールオーバーの際に120万円を超える金融商品がある場合は、売却するか、課税口座へ移さなければなりませんでした。ロールオーバー後は、さらに5年間非課税投資を続けることができます。株式の取引などの場合は、1回で取引できる最小単位が決まっています(100株単位がほとんど)。今までは、NISA口座で100株しか持っていない場合に、株が値上がりして140万円になっていたとしても、値上がりした20万円分はロールオーバーできませんでした。「良い株だと思って購入して、実際に値上がりしているので、NISA口座でロールオーバーしたい」と思う場合は、値上がりした20万円分の株を売却しなければならなかったのです。株の取引では、最小単位以下の株数の取引も準備されているのですが、手続きが煩雑で、手数料もかかります。また、金融機関にとっても、複雑な手続きが一度に発生する可能性があり、負担が心配されていました。そこで、平成29年度の税制改正で「ロールオーバー時の限度額撤廃」が認められました。ロールオーバーの際に金融商品が値上がりして120万円を超えていても、 投資商品全てを翌年の非課税投資口座へ移すことが可能 となったのです。例えば、2014年に限度額一杯の100万円(当時)を投資信託へ投資したとします。運用が好調で、2018年末のロールオーバーの際に150万円になっている場合は、150万円分の投資信託を全てロールオーバーでき、翌年のNISAの口座へ移管することができることになります。

ロールオーバー時にNISA口座の残高が120万円より少ない場合(年額)は?

ロールオーバーの際に「120万円?そんなに残高がないのだけれど?」という場合も、ご安心ください。例えば、ロールオーバーする資産が70万円(時価総額)あるとします。1年間の投資額の上限が120万円ですので、ロールオーバーした70万円の他に、新規で50万円投資することが可能です。 120万円の枠の中で余剰がある分を新規に投資することができる のです。時価総額とは、ロールオーバーの際の金融商品を換金したらいくらか、という金額です。

NISA口座の残高が投資金額より減ってしまった場合は?デメリットはある?

投資信託や株式に投資した場合は、NISAのロールオーバーの際に「最初に投資した金額より減ってしまった」ということもあるかもしれません。投資商品であれば、値下がりリスクはつきものですね。株式投資や投資信託の損失の場合、確定申告で「 損益通算 (複数の投資商品を保有している場合に、ひとつひとつの損得で判断せず、トータルで儲けが出た場合のみ課税する)」や、「 損失の3年間繰越控除 (投資商品の損失を3年間繰り越して通算でき、儲けが出た場合に税額を減らせる)」といった優遇策があります。ところがNISAの場合は、これらの制度を使うことができません。損失が出ても、その損失を考慮してもらえないのです。この点は大きなデメリットになりますので、投資商品選びは慎重に行いましょう。2016年から年間120万円まで上限も引き上げられ、値上がり益が非課税になる有利な投資制度、NISA。ロールオーバーを使えば、10年間という長期にわたって非課税での投資が可能です。積み立て投資に限定した、『つみたてNISA』も2018年にスタートします。つみたてNISAとは?ぜひ一度、将来の自分を応援する気持ちで検討してみてはいかがでしょうか。未来の自分が、ホメてくれるかもしれません。
※本記載は、2018年3月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署などにご相談ください。

つみたてNISA「ロールオーバー」ってなんですか?

ご相談者様DATE サトミさん(仮名)

【年齢】47歳

【職業】会社員

【性別】女性

【家族】独身・一人暮

相談しようと思ったきっかけ(アンケート抜粋)

相談したい内容

コンサルティングでお話しした内容

1-1NISAの税制優遇

<例>

100,000 20,315 79,685円(受取金額)

*確認事項*

1-2 分離課税の申告

~源泉分離課税~

~申告分離課税~

<NISAの税制優遇>

<例>

100,000 020,315円は非課税なのでゼロ) 100,000円(受取金額)

2-1つみたてNISAの特徴・ポイント

少 額 投 資 非 課 税 制 度

ロールオーバー

できない

できる

年間非課税限度枠

最大投資枠

非課税期間

優遇適用期間

非課税内容

対象商品

口座開設可能数

*1:2017年12月1日現在

*2:この制度の併用はできません

2-2つみたてNISA目的

<日本が世界水準より低い理由>

  • 国難といわれる「少子化問題」を抱えている。人口減による購買力の低下。
  • 新興国に比べると既に経済が成長している。
  • 欧米諸国に比べて国民の資産形成が貯蓄に偏り、低金利の影響で資産が増えず購買力が低下している。

2-3つみたてNISAは「投資三大原則」のベネフィトの集大成

投資で利益を得るためには「投資三原則」という法則があります。

それは、 ロールオーバーとは ロールオーバーとは 長期・積立・分散 をすることでリスクが減り、メリットが膨らむという法則です。

2-4つみたてNISAの対象商品

サトミさんのように会社の制度のしばりなどで確定拠出年金(iDeCo)で大きな積立ができない人、また確定拠出年金には年齢制限があるので、加入期間が短い人は「2つのNISAに加入したい」というご要望があります。しかし、残念ながら 一般NISAと「つみたてNISA」の併用はできません。 どちらかを選びます。

それから、 「つみたてNISA」の対象は「投資信託」(公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF))のみです。 株式は対象にはなりません。株式に投資したい方は一般NISAの継続をお勧めします。

2-5 NISA口座の開設

2-6つみたてNISAの非課税枠

NISA口座以外の課税口座(一般口座・特別口座)に払い出しされます。 しかし、ロールオーバーはできません。(後程詳しく説明します)

3-1ロールオーバーって何ですか?

・この期にいまあるNISAにも加入したいと思います。どちらが有利ですか?

・そもそも税金がどのくらいお得なのですか?

3-2「ロールオーバー」の意味

ロールオーバーとは一言でいうと 「乗り換え」 という意味があります。

つみたてNISAの保有期間は「預入日から20年間」というルールがありました。では21年目からはどうしたらいいのでしょうか?仮に、「つみたてNISA」制度が継続していても、新たな「税制優遇制度」があってもそこに移管 *3 することはできない=乗り換えできない、ということを現わしています。

「NISA」から「つみたてNISA」に変更する方法や、
2015年から保有する金融商品の「ロールオーバー(非課
税期間延長)」のために必要な手続きや申込期限を解説

facebook-share

NISAの「ロールオーバー」の申し込み期限は11月中の金融機関も
「ロールオーバー」したい人は早めに手続きをしよう!

ロールオーバーの手続きはお早めに!

忘れがちだが意外と重要なのが、 NISA(少額投資非課税制度)の非課税期間を延長する「ロールオーバー」 の手続きだ。NISAの非課税期間は5年間のため、2015年に投資している金融商品の非課税期間は、今年の年末で終了する。そのまま何もしないと、2020年には自動的に特定口座(もしくは一般口座)に移管され、売却益や受取配当に税金がかかるようになる。

ロールオーバーすべきか、そうでないかはケースバイケース。たとえば NISAで保有している株や投資信託がまだまだ値上がりしそうだったり、引き続き非課税で配当金を受け取りたい場合などは、ロールオーバーするメリットが大きい 。逆に、この先あまり値上がりが見込めそうにないなら、非課税期間が終わる、このタイミングで売却したり、特定口座に移したりしてもいいだろう。

なお、 ロールオーバーする場合、2020年のNISAの投資枠は2019年末の時価分だけ使ったことになる 。NISAの投資枠は年間120万円なので、100万円分ロールオーバーしたなら、2020年にNISAで新たに投資できるのは残り20万円だ。一方で、ロールオーバーをしなければ、2020年はNISAで新たに120万円まで投資できる。
【※関連記事はこちら!】
⇒NISAの"非課税期間"終了後の選択肢は「3つ」ある!「ロールオーバー」「特定口座へ移管」「売却」からNISA口座に残る株や投資信託をどうするかを決めよう

NISAと「つみたてNISA」を同じ年に併用することはできない!
「つみたてNISA」への変更手続きは、金融機関を変えないなら簡単

ところで、来年もこのままNISAで投資するか、「つみたてNISA」に切り替えるかで迷っている人もいるだろう。 同じ年にNISAと「つみたてNISA」を併用することはできないので、「つみたてNISA」に切り替えるなら新年のスタートに合わせたい 。例えば、2020年1月に1万円だけでもNISAで投資してしまったら、2020年は、「つみたてNISA」に変更できなくなる。

NISAとつみたてNISA、選ぶならどっち?


拡大画像表示

なお、NISAから「つみたてNISA」に変更する場合、金融機関が同じなら手続きは簡単。「つみたてNISA」への変更届出書を提出すればよい。金融機関を変える場合は少し複雑だ。これまで使っていた金融機関から「勘定廃止通知書」を取寄せたうえで、新しく「つみたてNISA」を始める金融機関に、「つみたてNISA」の口座開設届出書と「勘定廃止通知書」をいっしょに提出する。ただし、 2019年に続き2020年もNISAのままの人でも、金融機関を変えると、2015年に投資した金融商品をロールオーバーはできないので注意
【※関連記事はこちら!】
⇒つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?

NISAとつみたてNISAの特徴や違い


拡大画像表示

大特集は「ずーっともらえる【株主優待】130」!
ダイヤモンド・ザイ12月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ12月号

今回はダイヤモンド・ザイ12月号の「ZAi NEWS ロールオーバーとは ロールオーバーとは CHANNEL!」から、手続きの期限が迫る、NISAのロールオーバーに関する記事を抜粋した。「ZAi NEWS CHANNEL!」では、ほかにも最新トピックを掲載しているので、誌面も併せてチェックしてほしい。

そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ12月号は、日本株の人気銘柄やJリートなどの売り時&買い時を分析した企画「気になる銘柄&商品 今から買って大丈夫?」や、新連載の「AKB48武藤十夢のわくわくFX生活」。さらに、「実績と適正度のダブルでチェック! 長期で安心の分配型投信11」「人気の毎月分配型100本の『分配金』速報データ」「定年退職までのロードマップ【番外編】シニア限定の割引サービス40連発!」「かんぽって何が問題? 郵政ブランドはなぜ地に落ちたのか」など、今月もお得な情報が盛りだくさん!

つみたてNISAおすすめ証券会社はこちら!

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?はこちらこちら!

「つみたてNISA(積立NISA)」取り扱い証券会社が実施している、お得なキャンペーン情報こちら!

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】「取扱商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関はこちら!

iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!

つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介!急落率や取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!

「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!

つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を騰落率ランキングですべて紹介!信託報酬の安さや取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう!詳しくはこちら!

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!

【2022年5月9日更新】
◆つみたてNISA口座のおすすめネット証券はココ!

SBI証券の公式サイトはこちら

楽天証券の公式サイトはこちら

松井証券の公式サイトはこちら

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の公式サイトはこちら

マネックス証券の公式サイトはこちら

SMBC日興証券の公式サイトはこちら

大和証券の詳細はこちら

野村證券の公式サイトはこちら

NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!

SBI証券の公式サイトはこちら

マネックス証券の公式サイトはこちら

楽天証券の公式サイトはこちら

松井証券の公式サイトはこちら

GMOクリック証券の公式サイトはこちら

auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の公式サイトはこちら

野村證券の公式サイトはこちら

SMBC日興証券の公式サイトはこちら

岡三オンライン証券の公式サイトはこちら

ライブスター証券の公式サイトはこちら

【ザイ・オンライン×松井証券】タイアップ企画!
新規口座開設+取引で、株の売買手数料を
最大1万円キャッシュバック!⇒ 関連記事はこちら

新規口座開設+条件クリアした人全員に
2000円 プレゼント !⇒ 関連記事はこちら

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2022年]の関連記事

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目!(2019.09.01)

「住宅ローン」は、定年退職時に一括返済すべきか? 老後破綻を防ぐ「住宅ローンの返済術」をFPが伝授! [59歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ(7)](2019.08.08)

人気の投信「厳選投資」は、なぜTOPIXを上回る運用 成績を残せるのか? 運用方針を運用担当者に直撃する ほか、投資のプロによる「厳選投資」の評価を公開!(2019.07.30)

「ひふみ投信」の投資方針や運用成績に関する疑問を 最高投資責任者の藤野英人さんに直撃! 海外株比率を 増やした理由や昨年の成績がTOPIXに負けた原因は?(2019.07.28)

株主優待株の中で、長期保有向きの「10年優待株」を 公開! 優待を10年以上継続、長期の営業黒字を達成 などの条件を満たすブルドックソースなど2銘柄に注目(2019.07.27)

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2022年] バックナンバー

「つみたてNISA」で人気の投資信託ランキング! 【2022年6月】SBI証券「つみたてNISA」口座での 積立金額&積立件数が多い投資信託ランキング公開!(2022.06.03)

つみたてNISAを始めたら、株価が乱高下してもやめて はいけない! 利益確定も損切りも避けるべき理由と、 リスク許容度に合った投資信託を選ぶ重要性を再確認(2022.05.21)

お金を貯めたい新社会人に「お金が貯まる仕組み」の 作り方を伝授!「収入増・支出減・投資」という“お金を貯 める3つの方法”と「つみたてNISA」の活用方法を解説(2022.04.23)

「つみたてNISA」の保有銘柄を売却するときの“3つの 注意点”とは? 売却も「一括より分散が有利」な理由、 「損益通算や繰越控除ができないデメリット」を解説!(2022.04.01)

「ジュニアNISA」は“2023年で終了”決定後に口座開設 が急増! 年80万円まで投資でき、利益は非課税ながら “2024年以降は引き出し自由”になって利便性アップ!(2022.ロールオーバーとは 02.26)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ロールオーバーとは
  • 3日のNY市場は反落
  • (まとめ)日経平均は米国株高を受けて反発 今晩発表の米雇用統計に注目 - 市況概…
  • 米インフレ懸念の後退からハイテク関連株中心に買いが先行する展開に
  • アルチザ、FIG、ピープルなど

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる