FXのご案内

FX デモ取引

FX デモ取引
SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

【2022年版】FXデモトレードおすすめ口座比較!PC・スマホアプリでFX取引を体験

FX業者のおすすめデモ口座比較

DMM FXのデモトレードの最大のメリットは「実際の為替レートと同じレートが配信されている」という点です。多くのFX業者が配信している為替レートはデモトレード専用のレートです。
もちろん、現実の為替レートと一見同じように動いていますが正確に同じ動きをしているわけではありません。この点、DMM FXのデモトレードで配信されているレートは実際に配信されているレートなので本番と同じ感覚でトレードができます。

PC版ツールは初心者向けの「DMMFX DEMO/STANDARD」と上級者向けの「DMMFX DEMO/PLUS」の2つです。初心者向けのスタンダード版はブラウザ版なのでサクサクと軽快な動作が特徴、iPadでも操作できるので外出先でも本格的なトレードが可能です。
上級者向けのPLUSは20種類以上のインジケーターを標準搭載。こちらもブラウザ対応でインストール不要です。レイアウト設定も豊富なので自分好みのトレード環境を構築できます。
また、最大4つの通貨ペア間の比較チャートが見れるのも非常に便利です。価格比較だけでなく変動率も比較でき、相関分析やデータ差分分析といった指標を適用することも可能。熟練トレーダーも満足できる取引ツールです。

スマホアプリ「DMMFX バーチャル」デモ取引

DMM FXのバーチャルアプリ

外為オンライン デモ口座

外為オンライン デモ口座

外為オンラインのデモツールではシステムがトレンドを見極めて自動で注文を出してくれる「iサイクル注文」の体験が可能です。
外為オンラインでは最初からiサイクル注文が行われる仕組みになっているので、「自動売買がどういうものか知りたい」という初心者の人にはピッタリ。
ポジション状況にはiサイクル注文が自動で出した注文が一覧で表示されるので、「実際に動かしたらこんな感じ」という体験ができます。

よくあるご質問 サービスについて

googleplay appstore

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる