口座開設アプリ

最終回は信用取引の実践編

最終回は信用取引の実践編

最終回は信用取引の実践編

丸山恵美子(編)、西内康人・大屋雄裕・吉政知広・松田貴文・得津晶・牧佐智代・横溝大・高橋祐介・森貞涼介・福島成洋・室岡健志( 担当: 分担執筆 , 範囲: 11 最終回は信用取引の実践編 消費者法制と税法(高橋祐介))

日本評論社 2022年2月 ( ISBN: 9784535526358 )

総ページ数: 242 担当ページ: 172-184 記述言語: 日本語 著書種別: 学術書

佐藤英明, 岡村忠生, 渋谷雅弘, 高橋祐介, 谷口勢津夫, 増井良啓, 最終回は信用取引の実践編 渡辺徹也( 担当: 単著)

弘文堂 2021年3月 ( ISBN: 9784335358500 )

総ページ数: 392 記述言語: 日本語

岡村忠生、渡辺徹也、高橋祐介( 担当: 共著)

有斐閣 2013年4月 ( ISBN: 9784641124899 )

佐藤英明, 岡村忠生, 渋谷雅弘, 高橋祐介, 谷口勢津夫, 増井良啓, 渡辺徹也( 担当: 単著)

弘文堂 2013年3月 ( ISBN: 9784335355479 )

岡村忠生、渡辺徹也、高橋祐介( 最終回は信用取引の実践編 担当: 共著)

有斐閣 2011年4月 ( ISBN: 9784641124424 最終回は信用取引の実践編

講演・口頭発表等

講演・口頭発表等 8

記述言語: 日本語 会議種別: 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

開催地: ベルサール九段3階Room1(東京都千代田区九段北1-8-10) 国名: 日本国

記述言語: 日本語 会議種別: 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

開催地: 大阪コロナホテル別館2階200A号室(大阪市東淀川区西淡路1-3-21) 国名: 日本国

記述言語: 日本語 会議種別: シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

開催地: 韓国・ソウル特別市ミョンドン銀行連合会館14階 国名: 大韓民国

記述言語: 日本語 会議種別: 口頭発表(基調)

開催地: 立教大学 最終回は信用取引の実践編 国名: 日本国

記述言語: 日本語 会議種別: シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

開催地: 最終回は信用取引の実践編 新潟大学五十嵐キャンパス 国名: 日本国

記述言語: 日本語 会議種別: シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

開催地: 立正大学品川キャンパス 国名: 日本国

記述言語: 日本語 会議種別: 口頭発表(一般)

記述言語: 日本語 会議種別: 口頭発表(一般)

Works(作品等)

Works(作品等) 56

不動産取得税の課税対象となる 共有物分割時の持分超過部分の判断方法 (最高裁判所令和2年3月19日第一小法廷判決,平成31年(行ヒ)第99号, 不動産取得税賦課決定処分取消請求事件,民集74巻3号227頁)

判例研究 固定資産評価基準と建築基準法(平成30年法67号による改正前のもの)42条1項3号所定の道路該当性 : (最高裁判所平成30年7月17日判決、平成28年(行ヒ)第406号、固定資産評価審査決定取消請求事件、原判決破棄・差戻し、裁時1704号1頁・金法2107号66頁・判時2391号10頁・判タ1454号35頁・判自439号26頁)

Book Review: International Aspects of Income Taxation by Keigo Fuchi(Tokyo, Yuhikaku, 2016, Pp.x. 417)

発表場所: Japanese Yearbook of International Law Vol. 61

あるAnti-Abuse Rule の物語 ―アメリカ連邦所得税におけるSubchapter K Anti-Abuse Rule―

Investment Management Service Partners and Partnership 最終回は信用取引の実践編 Taxation in the United States

発表場所: Annual 最終回は信用取引の実践編 Report of Center for Law and Policy Studies, Graduate School of Law, Kyoto University

科研費 11

研究課題/研究課題番号: 19H00569 2019年4月 - 2024年3月

千葉 恵美子, 林 秀弥, 大澤 彩, 高橋 祐介, 品田 智史, 松尾 健一, 青木 大也, 津野田 一馬, 川地 宏行, 水島 郁子, 白石 大

研究課題/研究課題番号: 18H00795 2018年4月 - 2023年3月

岡村 忠生, 渡辺 徹也, 酒井 貴子, 高橋 祐介, 小塚 真啓

研究の初年度として、ベイシスのクローニングの検討を、法人課税と消費課税の関係、組織再編税制、非法人事業体課税、ベイシスと損失など他の租税軸性との関係などの側面から進めるとともに、ブロックチェーンについての基礎的知見を共有し、その応用可能性を探ってきた。
組織再編成の分野では、平成13年の制度導入時から最近までの法改正を取り上げて制度のあり方を検討した。その結果、改正を繰り返した現行組織再編税制は、適格要件が複雑化してわかりにくくなってきていること、制度導入時の立法趣旨だけではベイシスのクローニングによる課税繰延を説明することがやや困難になってきていること、会社法からの影響が重要であることなどがわかった。
法人税対象外の組織体の分野では、特にアメリカ連邦所得税におけるパートナーシップの課税関係を調査した。パートナーシップ課税における一般的濫用防止規定の適用が問題となった事案のほとんどは、インサイド・ベイシスとアウトサイド・ベイシスの不一致を利用したタックスシェルターであり、このような不一致が深刻な課税問題を引き起こすことなどを明らかにした。
損失との関係については、米国連結納税制度を主にリサーチした。具体的には、同制度利用による節税額の連結グループ内での割振方法を検討し、その選択により投資簿価調整や留保利益計算に永久の又は時期的な差異が生じることが分かった。また割振の合意を巡る裁判例の検討を通じ、少数株主等の利害が限定的なことを示唆した。
ブロックチェーン技術に関しては、文献調査や企業へのインタビューを通じて、その技術上の特性を調査し、特に否認防止、検証性・可検査性ならびに完全性が取引をはじめとする多種多様な納税者の情報を信頼できる形で蓄積する目的で応用可能なものであることが判明した。なお、ブロックチェーンに関係して、シェアリングエコノミーを巡る課税問題の検討を行っている。
概ね順調に推移している。ただし、2019年2月に、暗号通貨(仮想通貨)に関するICO(Initial Coin Offering)などに対する金融庁の規制が改められることが明らかになったため、遂行を見合わせた研究項目がある。
引き続き、法人組織税制、非法人事業体税制、損失、ブロックチェーン技術の角度から、研究を進める。また、ICO規制等により初年度に見合わせた研究を遂行する。

研究課題/研究課題番号: 18K01245 2018年4月 - 2022年3月

配分額: 3510000円 ( 直接経費: 2700000円 、 間接経費: 810000円 )

本研究は、新たな決済システムが発展しつつも現金が決済手段の約8割を占める日本社会の特殊性を前提に、近時のデジタル・エコノミーやクレジットカードなどの取引決済にみられる事業者への情報集約現象やリアルタイム処理のクラウド会計システムなどに着目して網羅的・目的限定的に情報を取得することにより、徴税漏れ(Tax Gap)を縮小しつつ、当該情報の適切な加工・利用を行う法的システムを構築することを目的とする。
当年度は本研究の2年目であり、1年目で精査したところの租税情報取得に関する現状把握、他法分野における議論状況、国際的な制度概要の把握を踏まえ、制度モデルを構築し、実務家との意見交換、共同研究による実務的な観点からのTax Gap対処法をかなり細部まで詰めて検討することを目的とした。
まず当年度における経済のデジタル化の進展と租税情報取得への影響をフォローした後、ICTにいかなる進展があろうともそれによる情報取得では解決できない問題につき、手続的に対象者を限定することにより、解決可能であることを示した。他方、資産税分野、いわゆる固定資産税評価における情報把握の困難さと解決法についても検討を行った。以上の検討に際しては、定期的に開催される研究会での報告の他、税理士・税務当局者との意見交換(講演会含む)も行い、実務的な視点からの意見を研究成果に盛り込むことにしたほか、特にICTに関しては、他法分野の抱える問題への知見を得るため、多様な法分野が参加するプロジェクトにも積極的に関わっている。
ICTを使った租税情報収集や、それでは解決できない問題の発見と手続的な対処法のほか、資産評価にも目を向けて、かつ実務家との意見交換を行えたことから、おおよそ計画通りに研究が進展していると考えられる。
周知の通り、年度末より新型コロナウイルス蔓延の影響が出つつある。在宅勤務や電子マネー決済の普及といった、本研究が対象としている事象自体にも影響が及ぶほか、外国での実地情報収集はもちろん、国内における情報収集すら現実問題として困難化している(文献取り寄せや複写依頼の謝絶、実務家との実地研究会の開催不能など)。外国法に関してはインターネットを通じた情報収集に切り替えるほか、現実に急速に進展しつつある経済のデジタル化や情報取得の進展(口座へのマイナンバー紐付けなど)に着目し、今回の蔓延騒動をむしろ新たな視点をえるきっかけにしたいと考えている。

研究課題/研究課題番号: 18H00808 2018年4月 - 2022年3月

丸山 絵美子, 大屋 雄裕, 横溝 大, 松田 貴文, 得津 晶, 西内 康人, 牧 佐智代, 高橋 祐介, 吉政 知広

本研究の目的は、消費者法の立法・解釈の現状が抱えていると思われる問題について、今後の立法論・解釈論に寄与するために、基礎理論・総論レベルでの幾つかの整理を行い、消費者信用法制を中心に、法規範の設計・法解釈のあり方を実践してみるというものである。本年度は研究会による討論と、研究代表者・分担者による学術雑誌への研究成果の公表を開始した。役割分担として、問題意識の整理と行動経済学の知見の活用について丸山・西内でまとめたうえ、大屋雄裕(消費者法はどのような利益を守る制度なのかを論じる)、吉政知広(消費者法のルール形成のあり方、Rule vs Standard論や規範形成の主体といった観点から検討)、松田貴文(消費者保護法制の政策化について米国における議論を参考に論じる)、西内康人(消費貸借法制について行動経済学の知見に基づく立法論・解釈論の実践を示す)、牧佐智代(英国のペイデーローン規制を取り上げ、立法にあたっての経済学的視点の重要性を示す)、得津晶(企業行動の態様の解明を試み消費者取引規制への示唆の導出を目指す)、丸山絵美子(消費者信用規整と消費者取引規整を対比し多層的規整構造の現状分析と今後の方向性を検討する)、横溝大(消費者信用に関する国境を越えた規整・その特色を明らかにし、国家法秩序への影響と課題を考察する)、高橋祐介(消費者法制と税制の相互影響の基本メカニズムを検討する)による検討を予定し、連載を開始した。大屋、吉政論文が年度内に公表され、すでに反響を得ている状況にある。
2年目の段階であるが、すでに研究成果の公表を学術雑誌(法律時報)において開始することができた。研究成果物を意見をいただきたい専門家に送付することによって着実な反響も得ている状況である。
コロナウィルスの影響によって国際交流は中止となり、しばらくは専門家が参集して会議開催を行うことも困難な状況に至っている。通信環境を整備のうえ、研究会の開催を継続する予定である。また、学術雑誌への成果公表をきっかけに、法と経済学会でのでのシンポジウム開催のオファーをいただき、準備を進めているが、この点も、学会開催ができるかは予断を許さない状況であるものの、研究は推進していく予定である。

最終回は信用取引の実践編

Seán Kenny was last elected as a Labour TD for Dublin North East in the 2011 General Election to the 31st Dáil, and served as a member of that Dail until February 2016, when he retired from electoral politics.

He also served in Dáil Eireann in the 27th Dáil between 1992 until 最終回は信用取引の実践編 1997. During his years of service 最終回は信用取引の実践編 in Dáil Eireann, he was a member of several Oireachtas Committees - 最終回は信用取引の実践編 Environment, Transport, Culture, Gaeltacht, Justice, Defence & Equality and Public Scrutiny, Oversight and Petitions. He has acted as Chairperson of the Social Affairs Committee during the 27th Dail and Vice-Chair of the Transport and Communications Committee during the 31st Dail.

Between 1992 and 1997, on the nomination of Labour Leader and Tanaiste Dick Spring, he served 最終回は信用取引の実践編 as a member of the Forum for Peace and Reconciliation which eventually lead to the Good Friday Agreement and culminated in Northern Ireland Peace Process.

He was first elected to Dublin City Council for the Labour Party 最終回は信用取引の実践編 最終回は信用取引の実践編 in 1979 and as a City Councillor, continuously represented Dublin’s Northside up to 2011. He served a term as Dublin Lord Mayor in 1991-1992 during 最終回は信用取引の実践編 Dublin’s year as European City of Culture in 1991. As Lord Mayor in 1992 he was awarded an honorary Doctorate in Law by Trinity College 最終回は信用取引の実践編 Dublin as part of the College’s Quarter Centenary Celebrations.

A native of County Galway, he was educated at Garbally College, Ballinasloe.

Labour in Dublin Bay North

Read about other Labour Party public 最終回は信用取引の実践編 representatives who are City and County councillors across Dublin Bay North.

The Labour Party

The Labour Party campaigns for 最終回は信用取引の実践編 ideas and policies that progress our vision for a fairer and better 最終回は信用取引の実践編 Ireland, for a Fair Society that is 最終回は信用取引の実践編 built on a prosperous and sustainable economy, personal liberty and social solidarity.最終回は信用取引の実践編 最終回は信用取引の実践編

アナタの年収どう上げる?「稼げる」人になる方法

――会社に頼らない”自分のキャリア”を磨くには、どうしたらいいのでしょうか?

藤原和博さん
ひとつの分野で1万時間を投じて学べば、たいていプロレベルにまで極めることができるものです。僕はリクルート時代、20代で営業とプレゼンを1万時間以上実戦したから、ベースとなる足場が作れました。次に、27歳から37歳の10年間で、リクルート流マネジメントを同じく1万時間以上実戦して、2つ目の足場を作った。その後、成熟社会を研究するべく、ヨーロッパに駐在し、帰国後フェロ-になるわけですが、このままずっと同じことをやり続けたら、どんどん自分の価値が減っていくと考えたんですね。そこで、47歳でこの2つの足場からドンと踏み出して、公教育の世界に挑んだわけです。

藤原 ノンプロット(非営利)の世界で、営業+プレゼンとリクルート流のマネジメントというこれまで築いた2つの力が通用するかにチャレンジしたわけですね。実は、9割の人は「やめておけ」と言ったんです。だって、リクルートのような会社と学校では100%風土が違うでしょ。けれども、それが成功したことで、3つの足場ができて、三角形になった。三角形の面積の広さは、他人から与えられる信任(クレジット)の総量であり、信頼と共感の関数ともいえます。この面積が広くなったことで、3つをフルに活用すれば年間数千万円のお金に換えることも可能になりました(ただし、すべてを換金しなければ時間の自由度が増します)。でもそれは、2つの足場から離れたところに思い切って飛び出したからなんです。

藤原 まずは、1つめの足場となるものを作ることです。20~30代のうちに1万時間を投じて、その分野で100人に1人の存在になる。次に、その足場の近くに、同じようにもう1つの足場を築いて、左足と右足の立ち位置を作ります。そしてできれば、40代くらいで、この2つの足場から離れたところへと飛び出し、もう1つの軸足作りに挑む。三角形の面積が広いほど希少価値が増して“稼げる人”になることができます。それはつまり、自由度が圧倒的に増すということです。

藤原 1人で勝負しようとしないで、誰かとタッグを組むという考え方もあります。歯科医と歯科技工士だったり、会計と税務のプロだったり。もしくは、何かの専門家だけど、あまりネットのことは詳しくないという人と、優秀なプログラマーだけど稼ぐことはあまり得意じゃない若者が組むという手もある。例えば、パソコンオタクの若者が、ものすごく良質の「ゆず」を作る田舎のおばあちゃんと組むことで、海外にも売れるようなブランドになるということだって起こり得る。ネットの力を活用すれば、掛け合わせ次第でいろんなことができるわけです。

教えてくれたのは……
▼プロフィール
藤原和博(ふじはら かずひろ)
教育改革実践家/杉並区立和田中学校・元校長/元リクルート社フェロー

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

最終回は信用取引の実践編

「インカム」とは耳慣れない単語かもしれません。投資においては、リターンの源泉の1つです。「インカム」とは、債券の利息や株式の配当金など、一定期間ごとに受取ることのできる収益* 1 を指します。また、「インカム」はより安定的に積み上がっていく収益であることが特徴です。
なぜ、「インカム」に着目すべきか、4つの疑問に答えます。

主な資産の利回り(2020年12月末現在)

相対的に高い利回りを有している資産は、ハイ・イールド債券も含めて他の債券と比較すると相対的にリスクが高い水準にあります。ここでもポイントは、“分散投資”です。ハイ・イールド債券と値動きの異なる資産クラスにも合せて投資することで、値動きの変動を抑えて「インカム」を追求することができます。一般的にリスク資産が下落する局面では、ハイ・イールド債券、株式等の資産の価格は下落する傾向にありますが、例えば証券化商品* 2 は底堅い動きとなる傾向があることから、合せて投資することでポートフォリオ全体の価格変動リスクを低下させることが期待されます。
さらに、経済や市場環境は時々によって変わります。それらを考慮して機動的に投資する資産クラスを変更することによって、リスクを抑えて「インカム」を追求することが可能になると考えています。

主な資産と分散投資した場合の年率リスク (為替ヘッジなし、円ベース) (期間:2014年9月末~2020年12月末)

「インカム」に着目した投資においては、以下の点がポイントとなります。
① さまざまな資産クラスに“分散投資”することで「インカム」を追求する
② 経済や市場環境などを鑑みて、機動的に資産配分を変更する
上記のポイントを個人で実現するには、大きな資金が必要なうえ、手間がかかります。しかし、投資信託を活用することでその実現が可能となります。
ここで、J.P.モルガン・アセット・マネジメントが運用する「インカム」に着目した投資信託「JPMベスト・インカム(年1回決算型)/(毎月決算型)(以下、「ベスト・インカム」)」をご紹介させていただきます。「ベスト・インカム」は、株式や債券など10種類以上の資産クラス、約90の国・地域に投資し、世界各国・地域の資産から「インカム」の獲得を目指します。また、投資資産を随時変更する運用戦略を採用することで、市場動向の変化をとらえた運用を行います。
「インカム」に着目した投資を行うための選択肢の1つとしてご検討いただける投資信託であると考えます。

ベスト・インカムのポートフォリオの概要(2020年11月末現在)

*1 最終回は信用取引の実践編 最終回は信用取引の実践編 必ずしも利払い日や決算時に利息や配当金を受け取れるとは限りません。*2 住宅ローンや自動車ローンなどの資産とその資産から発生するキャッシュフローを担保として発行される有価証券。*3 グラフに掲載されている8資産に均等に投資。* 4 投資銘柄数は2020年10月末現在
出所:ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント 投資アセットクラス(資産)、投資国・地域は当社グループの判断に基づき分類しています。比率はファンドの純資産総額を100%として計算しています。四捨五入の関係で合計が100%とならない場合があります。平均利回り:保有銘柄のうち株式やリート等については配当利回りを、債券等については最終利回りを、各アセットクラスの時価評価額に応じて加重平均したものです。為替ヘッジコスト/プレミアムやその他費用、税金を考慮したものではなく、実際の投資家利回りとは異なります。

line

知識ゼロからはじめる クリーニング業向け会計入門書!難しい専門書は不要! 業界事例でわかりやすく解説
知らなきゃ損する!消費税の裏話、「経費で落とす」本当の意味、利益の蓄えは個人で?それとも会社で? 経営は会計にあり。必達!決算書の読める経営者になる!
まずは入り口!会計ってなぁに?/売上や利益よりも「現金」がより大切/知らなきゃ損する!消費税の裏話/「経費で落とす」本当の意/青色申告の損益計算書の問題点/変動費・固定費・限界利益

売れるクリーニング 小笠原範光の新・マーケティング論

売れるクリーニング 小笠原範光の新・マーケティング論

小笠原範光の新・マーケティング論
モノからコトへ。すべからく時代は感動をコンセプトにした体験を売る時代です。車を売るのではなく、その車とともにある生活シーンを提案しイメージさせることが心に響く販売手法であります。「モノはいらない、思い出が欲しい」「子どもと一緒にどこへ行こう」車屋さんのTVCFに流れるコピーが端的に物語っている潮流です。
全ドラ好評連載中の「売れるクリーニング」が書籍となって登場! 売れるお店作り、パートさんの教育にも最適の一冊です。

笑顔になれるクリーニング クリーニング業必読の一冊!!

笑顔になれるクリーニング クリーニング業必読の一冊!!

小笠原範光 著 4年ぶり待望の一冊。人を幸せにするクリーニングの具体策や、心洗われ笑顔になれる感動のエピソードが満載!クリーニングに関わる全ての人の必読書!心が洗われ、笑顔になれる感動のエピソード満載。やれること・やるべきこと・やりかたの具体的な事例が豊富。すぐに使える一冊です。

小人の国のナノブランド ~小規模事業国ニッポンの経営者へ~

小人の国のナノブランド ~小規模事業国ニッポンの経営者へ~

これからの時代のブランドは、「世の中を豊かにするための自己の存在意義の確立」「誰かの幸せを創るために存在すること」が重要な時代となってきました。
それぞれの役割に命を完全燃焼すること。人の目が気になったり、暗いトンネルを抜けられないような心でいるときは、役割を見失っている証拠です。
今回は、多方面の企業・製品ブランド構築実践事例を数多く掲載。ブランド構築に至るまでの経緯やその進化過程、結果、現在の展開など時系列に並べ、読みやすく、わかりやすくまとめました。皆様の企業・製品ブランドの構築に、ぜひどうぞ。

クリーニング業における商品管理の理論と実践 信用力で売上アップ!戦略的商品管理で他店に差をつけろ!

クリーニング業における商品管理の理論と実践 信用力で売上アップ!戦略的商品管理で他店に差をつけろ!

お客様は何故その店を利用しようと思うのでしょうか。何故大切な衣類をその店に預けようとするのでしょうか。この問いかけに、今一度お客様の立場で考えてみて下さい。 技術も大事、サービスも大事、価格も大事、でももっと大切で基本的な事があります。それは、その店が本当に信用に足りる店であるかどうか。この一点に尽きます。その信用を得る為に必要な事、それがこれから説明する商品管理なのです。 外交を長年おこなってきたからこそ、一対一でお客様と長年向き合ってきたからこそ、商品管理の重要性がより切実に分かるのです。

ユニットショップ経営でもっとも大切なこと。

ユニットショップ経営でもっとも大切なこと。

ユニットショップは、戦後の日本の近代クリーニング店からの発展形ではなく、外から、それも海外から持ち込まれた、新しいシステムだったということ。
それも、十分な実績を残しているシステムだったのですから、成功するための処方箋が、もうすでに存在していることに他なりません。
あるべきユニットショップを知ることで、業績を回復できるはずです。サバイバルゲームに勝ち残るには、なにが必要で、なにをどうすればいいか、その戦い方を知っているものが勝ち残ります。そこに勝ち残るための処方箋、サバイバル戦略が必要になるのです。

ルート外交マニュアル・最終完結版

ルート外交マニュアル・最終完結版

外交のススメ
今、外交が注目されています。もちろん外交は昨日今日に始まったものではなく、又、人口が散在している地方都市においては、大切な営業形態です。では何故今、外交なのでしょうか。
外交は、「御用聞き」から進歩したものです。しかし、この「御用聞き」には二つの大きな欠点がありました。「御用聞き」ゆえに持つ構造上の欠点、即ちこちらから訪問する故に存在する二つの欠点です。一つは、同時に二ヶ所以上のお客様の所にお伺いできない事です。もう一つの欠点は、必ず移動時間がかかるという事です。だから、「御用聞き」は非効率な営業形態と言わざるを得ないのです。だからこそ、効率的に営業するテクニックが必要なのです。

目からウロコの外交営業 バリバリ稼げる「外交ノウハウ37の法則」

目からウロコの外交営業 バリバリ稼げる「外交ノウハウ37の法則」

外交営業が難しいといわれる原因は、実は外交営業が持つその特殊性にあったのです。
外交営業は、クリーニングする品をお客様の所へ取りに行き、クリーニング処理を施し、そして再び届けに行く。お客様の所へ二度伺います。一回の取引に、必ず二度、お客様の所に伺わなければなりません。お届け時に次の品物を預かることが多いので、二度伺っているという感覚は少ないのですが、基本的には必ず二度伺わなければ、外交営業は成り立ちません。
他の物品販売業やサービス業であれば、電話やネットで注文を受けることができます。注文をわざわざ取りに行くことがありません。つまり、一度で済みます。しかし、クリーニングの外交営業は、クリーニング処理をする品物を取りに行かなければ、処理をおこなうことができません。取り扱うものが、お客様の品物だからです。
新版2冊「目からウロコの外交営業マニュアル」基本編・実践編が発売されました。

目からウロコの外交営業マニュアル・基本編

目からウロコの外交営業マニュアル・基本編

〈クリーニング外交営業〉 成功に導くマニュアルの基本編。「外交営業は非効率」現状認識から始まる、儲かる外交営業戦略とは?
少子高齢化の時代に、改めて注目されるクリーニング外交営業。ただ、外交マンの努力と工夫に頼っているだけでは、いつまでたっても売上は伸びません。それには、外交営業の基本構造、メリット・デメリットを知り、しっかりとした営業戦略で成長させる計画を描くことが重要です。本書は、これまで常識とされてきた外交営業の考え方を見直し、新しい視点で外交営業を成功に導く戦略の立て方と実践的ノウハウをお伝えします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる