FXの取引方法

証券取引所とは

証券取引所とは

左から株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディング 課長 岡崎 啓氏、

世界の取引所情報

6/6(月) 休場=韓国、マレーシア、NZ、スイス 6/7(火) 4月家計調査(8:30)
4月毎月勤労統計(8:30) 証券取引所とは
4月景気動向指数(14:00)
4月米貿易収支(21:30) 6/8(水) 4月米消費者信用残高(4:00)
4月経常収支(8:50)
5月企業倒産件数(13:30)
5月景気ウオッチャー調査(14:00)
1〜3月期ユーロ圏GDP確報(18:00)
4月米卸売在庫・売上高(23:00) 6/9(木) 対外対内証券売買契約(8:50)
5月マネーストック(8:50)
4月特定サービス産業動態統計(13:30)
5月工作機械受注(15:00)
投資主体別売買動向 証券取引所とは
米新規失業保険申請件数(21:30)
5月ブラジルCPI
ECB理事会 6/10(金) 5月企業物価指数(8:50)
株価指数先物・オプション6月物特別清算指数(SQ)算出
5月中国CPI(10:30)
5月米CPI(21:30)
4月インド鉱工業生産指数 6/11(土) 特にありません 6/12(日) 特にありません

世界の主な株式市場の取引時間

オーストラリア オーストラリア証券取引所
ASX 200 夏 8:00〜14:00、冬 9:00〜15:00 日本 東京証券取引所
日経平均株価 通年 9:00〜11:30、12:30〜15:00 韓国 韓国証券取引所
KOSPI 通年 9:00〜15:00 中国 上海証券取引所
上海総合指数 通年 10:30〜12:30、14:00〜16:00 インド ボンベイ証券取引所
BSE Sensex 通年 12:45〜19:00 イギリス ロンドン証券取引所
FTSE 100 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ドイツ フランクフルト証券取引所
DAX 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 フランス ユーロネクスト
CAC 40 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ブラジル ibovespa
IBovespa 夏 21:00〜5:00、冬 22:00〜6:00 USA ニューヨーク証券取引所
ダウ平均(DJIA) 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00 USA NASDAQ
NASDAQ総合指数 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00

こじるり「東京証券取引所」で株式投資の歴史を学ぶ


「せっかく『東証マネ部!』で連載を始めたんだから、東京証券取引所に行ってみたい!」ということで、今回は小島瑠璃子さんと一緒に東証Arrows(アローズ)見学へ。

実は、小島さんの祖父は元証券マンで、東京証券取引所で場立ち(株式の売買注文を伝達する証券会社の取引担当者)をしていた時期があるそう。そんな縁を感じながら、東京証券取引所 金融リテラシーサポート部の長谷川高顕部長に案内してもらった。

三越・トヨタ自動車を表す「手サイン」って?

東証Arrowsを象徴する円形のマーケットセンターを見るなり、「よくニュースで見る場所だ!」と、テンションが上がる小島さん。展示されている上場の鐘の前では、「私も上場の鐘を打ちたい! 株式会社小島瑠璃子を立ち上げようかな(笑)」と、大胆なアイデアも飛び出した。

昭和33年(1958年)頃に撮影されたモノクロ写真のパネルの前では、当時の株券売買立会場のシステムに関する話で盛り上がった。

長谷川「現在の東証Arrowsは、すでに株券の売買はすべてシステムに移行していて、マーケットセンターの中で株価監視の業務の一部を行うだけですが、当時は2000人くらいの場立ちの方がこの場所に集まり、手サインを使って、どの銘柄を、何円で、何株、買う・売るという注文の情報を伝えて売買を行っていたんです」

長谷川「売買が成立すると、『どの銘柄にいくらの値がついた』という情報が手サインで伝達され、黒板に書きこまれていくんです。現在と比べたら取引の速度はゆっくりだったと思いますが、特定の銘柄に大量の注文が集中すると、場立ちも黒板に書く人も慌ただしくなり、特別な技能が必要だったでしょうね。昭和60年(1985年)には株価の電光掲示板ができて、取引のシステム化が進み始めました」

小島「それまで黒板だったということは、私の祖父も手サインをしていたということですよね」

長谷川「ほかにも、顔の前でカタカナの“ト”を書いた後に、ハンドルを握る仕草をすると『トヨタ自動車』。このような形で、銘柄のサインが決まっていたんです」

小島「その頃に上場していた会社って、どのくらいあったんですか?」

東証の“パワースポット”にも潜入


東証Arrowsを一周するように設けられた見学回廊には、東京証券取引所の歴史を振り返る写真が多数展示されている。

小島「いろんなところに歴史が刻まれているんですね。これまでの歴史を伺うと、閉場はぐっとくるものがあります。たくさんの人が集まってやり取りすることがなくなると思うと、なんだか寂しいですね」

長谷川「東証Arrowsの先にある東玄関は、この建物の顔ともいえる場所ですが、実は真東ではなく、ちょっと南に寄っています。南東は風水で『辰巳の方角』と呼ばれ、ここに玄関を設けるといい運が入ってくるといわれているんです」

小島「なるほど。実家を建てたときに、参考にさせてもらえば良かったです(笑)」

日本のマーケットに外国人投資家が参入する理由

――東証Arrowsを見学してきましたが、初めての東証はいかがでしたか?

小島「来させていただくことが決まってから、祖母に電話をしたんですよ。祖父の仕事について聞くために。そこで『場立ちをしていたんだよ』って聞いて、今日実際に場立ちの方々の写真を見て、東証さんの歴史を知って、私自身のルーツも知れた気がしました。普通に来ても楽しかったと思うんですが、祖父との縁があって、より興味が湧いたし、意味のある時間になったなと感じています」

長谷川「思いがけないご縁ですよね。小島さん自身も住宅を購入されたり、投資を始められたりして、経済を勉強されているところということで、そのタイミングで来ていただけたのも良かったのかなと思います」

東証の歴史を振り返ることで、株式投資の奥深さを知り、より強く興味を持った小島さん。次回は、長谷川部長に、株式市場において東証が担っている役割について伺います。

(取材・文:有竹亮介/verb 撮影:鈴木真弓)

【導入事例】株式会社東京証券取引所

JPX_logo_900x450

しかし、安定運用だけでビジネスが成長するわ けではありません。魅力的な金融商品と、それを 取り扱うプラットフォームを構築し、新しいビジ ネスとして事業化したいという思いがありました。 「そこで注目したのが、世界的に活況を呈して いる『ETF(上場投資信託)』です。少額分散投 資型の商品で、株式アナリストのような専門家 でなくとも扱いやすく、銀行などの金融機関を 中心に新しい投資先として注目されています。

取引の利便性が向上すれば今後も市場拡大が 期待できます。当社では2018年ごろからマー ケットメイク制度を導入し、サービスを提供し てきました」と、東京証券取引所 株式部 統括 課長の南出浩希氏は述べています。しかし当時、ETF 市場向けのシステムはなく、 ほとんどの取引は電話で行われていました。口 頭ではスムーズに取引することができず、価格情報を収集するのにも時間がかかり、適正な価 格で売買することすら困難でした。グローバル 証券取引所とは なマーケットメイカーへのアクセスも不可能です。そこで、これらの処理を電子化し、幅広いプ レイヤーが安価に効 率よく取引できる RFQ(Request for
Quotation)プラットフォー ム「CONNEQTOR」の企画が立ち上がりました。

ウォーターフォールでは不可能 スピーディに開発できる新手法の獲得へ

ETFに注目している銀行などの金融機関、すなわち機関投資家は東京証券取引所にとっても新しい顧客です。一方の金融機関にとって、既存の専門家向け ETF ツールは使いにくく、また利用料が割高になりがちでした。そこでCONNEQTOR は、無料で利用でき、取引頻度が低くても電子化のメリットがあるクラウドプラットフォームを目指しました。問題は開発方法です。「従来のウォーターフォール型の手法で見積もったところ、膨大な資金が必要で、数年の期間がかかることがわかりました。ETF はスピードの要求される “攻めのビジネス” です。私たちは、ニーズや市場の変化に対応できるようアジャイル的な開発体制を整えて、すばやくスモールスタートし、稼働後も機能を拡張していけるようにすべきだと考えました」と、IT 開発部 統括課長 トレーディングシステム担当の松田敬治氏は振り返ります。

東京証券取引所では、定期的に国内外の先端技術を学ぶ取り組みを行っており、数年前から「Pivotal Labs(現 VMware Tanzu Labs)」の情報も収集していました。改めて相談すると、アジャイルの最新手法を1から学ぶことができ、今回のプロジェクトにおけるMVP(実用最小限の製品)は4ヶ月程度で構築が可能であり、早期のサービスインを実現できる可能性が高いということが分かりました。」松田氏らは、早くスタートすることは大きな価値であると経営陣へ提案しました。経営陣もその提案に同意し、Tanzu Labs のサポートにより、リーンアジャイル開発手法で CONNEQTOR の開発をスタートしました。


左から株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディング 課長 岡崎 啓氏、

株式部 統括課長 南出 浩希氏、IT開発部 統括課長 松田 敬治氏、IT開発部 課長 近藤 誠之氏

開発現場への権限委譲が重要 支援型リーダーに徹するPMO

東京証券取引所では、株式部 (ビジネス部門 )・IT 開発部 (IT 部門 ) の双方から専任のスタッフを選出し、他の業務から解放されて Tanzu Labsでの製品開発に100%集中できる体制を整えました。既存の開発パートナーにも、プロダクトエンジニアとして Tanzu Labs へ参加してもらいました。南出氏らもTanzu Labs の手法にならい、プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)として活動し、現場のチームにすべてを委任する「サーバントリーダー(支援型リーダー)」であることを徹底しました。

プロダクトマネージャーとして開発チームに参加した株式部 株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディング 課長の岡崎啓氏は、「リーンアジャイルいう画期的な手法であっても、1年という短期間でシステムを創り上げなければならず、時間的な余裕はほとんどありません。Tanzu Labsでの開発中、チームにとっては上層部へレポートする時間すら惜しかったので、PMO がいっさいを担ってくれました。PMO も私たちにすべてを任せてくれたので、これまでにないほどスピーディに開発を進めることができました」と、Tanzu Labs のまったく新しい手法・体制を高く評価しています。

IT 開発部 課長 トレーディングシステム担当の近藤誠之氏は、従来のウォーターフォール型の開発手法との違いに驚きます。従来型の場合、たいていは「何個の機能を作る予定で、これまで何個できたか」というような進捗確認を重視しますが、Tanzu Labs の手法ではそのような進捗確認はいっさいしません。

「スピードが命の今回のプロジェクトでは、ITの領域だけを支援してくれるコンサルティングではなく、ビジネス開発の領域にまで踏み込んでくれ、” システムを含めたビジネスを作り切る”という姿勢を持ったTanzu Labs のメンバーには感謝しています。」(岡崎氏)

人材育成にも強い効果 新ビジネスを実プロダクトへ昇華させる Tanzu

東京証券取引所の CONNEQTOR は、Tanzu Labsでの活動によって、1年で最初のサービスをスタートさせることに成功しました。とは言え、まだ入り口にすぎないとのことで、現在も毎月のように機能拡張を続けています。顧客のニーズを積極的に吸収し、開発ロードマップすら頻繁にアップデートされています。

「Tanzu Labs に参加したスタッフは、よい文化・スキルを持ち帰ってくれたと感じています。日々の業務の段取りがテキパキとしており、新しいサービス企画の提案なども上手になっています。リーン・スタートアップの手法を学べたことはもちろんですが、人材育成にも強い効果を感じます。エンジニアとして参加してくれた開発パートナーとの関係性も変わり、同等の立場で会話できるようになったと思います」(松田氏)

近年の東京証券取引所はデジタル推進活動にも力を入れており、その取り組みにもリーンスタートアップなど Tanzu Labsで学んだノウハウがフィードバックされています。

「ETF は重要な市場であり、金融機関など資産運用に特化した組織が満足できる理想的なサービスをめざして、進化を継続していきたいと考えています。Tanzu Labs からは、重要な思想として『自ら走ること』を学びました。単純な ITサービスではなく、まったく新しいビジネスを実プロダクトへ昇華させ高め続けることのできる、非常に効果の高いサービスです」(南出氏)
これからも東京証券取引所は、安定的な市場運営を提供しつつ、ニーズや環境の変化に合わせた攻めのビジネスにも注力する計画です。Tanzu Labs によって獲得した変化に強い組織
と人材が、新しいサービスを生み出し、ビジネスを成功に導くことでしょう。

カスタマープロフィール

1949年に東京証券取引所として設立。ニューヨークやロンドンと並ぶ世界三大市場として、世界経済の一角を担う。2013年、東京証券取引所グループと大阪証券取引所を統合して発足した日本取引所グループの一員となる。2020年に日本で唯一の総合取引所となった同グループの中で、株式・ETF・
CB など現物取引の市場運営を担う。

IPO準備企業のための専門サイト

インタビュー&コラム
INTERVIEW

地方証券取引所への上場~メリット・デメリットと市場選択の基準~

クラウド会計なら勘定奉行のOBC 証券取引所とは 証券取引所とは

あなたにオススメ

最新記事一覧

サポーターズ
SUPPORTERS

IPOPROとは、管理部門特化型エージェントNo1(※)のMS-JapanとIPO支援リーディングファームのAGSコンサルティングが協力して運営する、次世代のIPO準備企業が集う専門サイトです。IPOを目指す全ての企業が、IPO準備に役立つ情報の収集、各種コンテンツを無料でご利用いただけます。 また、IPOに関わる周辺プレーヤー各社がサポーターズとして幅広く参加しているため、各社へコンタクトするきっかけの場としてもぜひご活用ください。
※「人材紹介企業のブランドに関する調査」実査委託機関:楽天リサーチ(2017年3月)

4月から市場区分が変わる東京証券取引所。取引所のルールにはどのようなものがある?

4月から市場区分が変わる東京証券取引所。取引所のルールにはどのようなものがある?

図表1

それぞれの市場の区分のコンセプトの違いは、以下のとおりです(カッコ内は今年4月4日に上場する会社数)。

売買のルールは

1.立会時間

9:00~11:30(前場)
12:証券取引所とは 30~15:00(後場)
注文時間は8:00~11:30、12:05~15:00

2.売買単位

3.注文方法

基本的に、
■指値注文(売買値を指定する注文方法)
■成行注文(売買値を指定しない注文方法)

の2種類ですが、この他に一定の条件を付した注文が4種類あります。

5.呼値の単位

図表2

呼値とは価格の刻みの単位で、売買の注文をする際の値段の刻みを「呼値の単位」といいます。呼値の単位は、売買の対象となる銘柄およびその値段の水準に応じて、下記の表のとおりです(50万円超は省略)。呼値の単位は一度決定すると固定ではなく、各上場会社の状況により変わっていきます。

6.制限値幅

図表3

1日の売買における値動きの幅を価格水準に応じて一定に制限しており、この値幅を制限値幅といいます。制限値幅は、前日の終値または最終気配値段など(これを「基準値段」と呼びます)を基準として、下記の表のとおりです(1万円以上は省略)。ただし、臨時に制限値幅を変更することがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる