テクニカル分析

レバレッジのリスクを解説

レバレッジのリスクを解説
秀次郎

「レバレッジをかける」とは?その意味と効果・リスクをわかりやすく解説。

「レバレッジをかける」とは?その意味と効果・リスクをわかりやすく解説。

家三郎

今回のコンテンツでは「 レバレッジをかける 」とはどういうことなのか?

「レバレッジをかける」の意味とその効果とは?

レバレッジ 」とは英語で「leverage」という綴りとなっています。

家三郎

梃子(てこ)」の作用を表していることがわかります。

「テコ」いう言葉から分かる通り、実態以上の力を出すということを示します。

家三郎

500万円で同じ10%の年率で投資をすれば50万円の利益が返ってきます。

「レバレッジをかける」の意味とその効果とは?

5%の金利で借りていれば、25万円を貸主に、25万円を自分に分配することになります。

家三郎

株式投資におけるレバレッジ

株式の信用取引は証券会社に「証拠金」を入金します。

家三郎

レバレッジ取引」でメジャーなのは株式投資の信用取引も然りです。

「危険」「やめとけ」と言われるレバレッジの効く「信用取引」を解説!制度・一般取引の違いと取引におすすめ証券会社も紹介。

しかし実は「FX」におけるレバレッジが投資においては、その金額規模から最も注目されている取引なのです。

投資信託におけるレバレッジ

投資信託にも「レバレッジ型」の投資信託というものが存在しています。

例えば日経平均「ダブル ブル 」「ダブル ベア 」といった投資信託で、近年人気ランキング上位になっています。

信太郎

レバレッジ(ブル・ベア型)投資信託の仕組みとメリット・デメリットを紐解く!基準価格が一定でも大損する可能性あり?

FXにおけるレバレッジ

家三郎

例えば、FXで100万円の自己資金で、「1USD=100円」の時に1万ドルを購入したとします。

1USD=100円」が「1USD=110円」になると利益はいくらでしょうか。

家三郎

そして、「1USD=100円」の時に10万ドルを購入します。

1USD=100円」が「1USD=110円」になると利益はいくらでしょうか。

家三郎

FXにおけるレバレッジ

家三郎

家三郎

家三郎

金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、 現行の25倍から10倍に引き下げることを検討する。 外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす。

(引用:日経新聞「FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ 」)

家三郎

秀次郎

家三郎

レバレッジのリスクを解説

  • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引における注意事項

  • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
  • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
    そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
  • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
    また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) レバレッジのリスクを解説 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI レバレッジのリスクを解説 VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

レバレッジのリスクを解説

記事のカテゴリー

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

ROEとレバレッジの関係

  • 第1回 無借金経営のメリットとデメリット
  • 第2回 ROEとレバレッジの関係
  • 第3回 「現在価値」が分かればファイナンスの基本が分かる
  • 第4回 財務会計と管理会計の違いって何?

1 ROEを高めるための方策

ROE(Return On Equity:自己資本利益率)が重要な指標であることは、皆の知るところです。ROEとは、企業が株主から信託された自己資本を使用し、どれだけ効率よく利益を稼いだかを示す指標であり、「当期純利益÷自己資本」で求めます。

ROEの計算方法とROEを上げるための方法を示した画像です

2 レバレッジを効かせる

A社、B社、C社のROEなどを比較した画像です

A社、B社、C社のROEなどを比較した画像です

メールマガジンの登録ページです

3 レバレッジとの相性

主な業界別の負債比率を比較した画像です

4 負債との付き合い方

  • 第1回 無借金経営のメリットとデメリット
  • 第2回 ROEとレバレッジの関係
  • 第3回 「現在価値」が分かればファイナンスの基本が分かる
  • 第4回 財務会計と管理会計の違いって何?

執筆:グローウィン・パートナーズ株式会社
「プロの経営参謀」としてクライアントを成長(Growth)と成功(win)に導くために、(1)上場企業のクライアントを中心に、設立以来400件以上のM&Aサポート実績を誇るフィナンシャル・アドバイザリー事業、(2)「会計ナレッジ」「経理プロセスノウハウ」「経営分析力」に「ITソリューション」を掛け合わせた業務プロセスコンサルティングを提供するAccounting Tech® レバレッジのリスクを解説 Solution事業、(3)ベンチャーキャピタル事業の3つの事業を展開している。
大手コンサルファーム出身者、上場企業の財務経理経験者、大手監査法人出身の公認会計士を中心としたプロフェッショナル集団であり、多くの実績とノウハウに基づきクライアントの経営課題に挑んでいる。

レバレッジをかけてビットコインを取引する!レバレッジを利用するメリットとリスクを解説!

日本国内のレバレッジは2倍と制限されています。

日本国内のレバレッジは2倍と制限されています。

レバレッジを使うリスク

  • 1万円分のビットコインをレバレッジ100倍で運用した際、価格が100万円から90万円に下落すると「10万円」の損失になります。
  • 自己資金は1万円分しかないので、損失分を追加で入金しなければなりません。この制度を「追証」と呼びます。

レバレッジを使うメリット

レバレッジをかけることで、少額の資金でも効率のいい資産運用ができます。

レバレッジをかけることで、少額の資金でも効率のいい資産運用ができます。

ビットコイン先物取引でレバレッジをかけることの分析

ビットコイン先物取引ではレバレッジをかけるべきでしょうか。

ビットコイン先物取引ではレバレッジをかけるべきでしょうか。

BTCCのレバレッジ

BTCCでは契約によって、レバレッジ1~150倍を提供しています。ご自身の投資プランに合わせ合うレバレッジを選びましょう。またBTCCアプリでは無料でお使いになるデモトレードモードもあり、レバレッジが変更したことでどういう違いがあるか、ぜひお試しください~

BTCCオフィシャルアプリはこちらからダウンロード!

友だち追加

BTCC公式LINE

不動産投資はやめとけと言われる8つの理由!リスク対策を徹底解説

不動産投資はやめとけと言われる8つの理由!リスク対策を徹底解説

A.不動産は現物資産なので、地震や台風、大雨による浸水、そして事故に巻き込まれるリスクがあります。対策としてあげられるのは、火災保険や地震保険に加入することです。
火災保険は「住まいの総合保険」と呼ばれる保険であり、様々な天災や事故を補償の対象としています。
また、地震保険に加入すると、地震によって受けたダメージを補償することもできます。
補償額や補償範囲によって保険料は変わりますので、行政のハザードマップなどで、災害リスクがどのくらいあるエリアなのかを調べ、保険料との費用対効果を考えた上で検討するようにしましょう。

Q. 金利上昇リスク対策について教えてください。

A.ローンを組んで投資用物件を購入する場合、金利が上昇すれば支払い額が増え、それに伴い収支も悪化するリスクがあります。
金利上昇リスク対策としては、借入期間を短くするとよいでしょう。
金利が上昇しても短期間で返済すればリスクは小さくなるので、借入期間を短くすることで対策できます。
ただし、借入期間を短くすれば月々の返済額は増えるので、収支バランスを考えながら設定しましょう。

Q. 資金流動化リスクについて教えてください。

A.資産流動化リスクとは、簡単にいうと「売却しにくい」ということです。
不動産を売却する際の手続きには半年ほどかかることも少なくないので、「売却のしやすさ」も加味して物件を選ぶという点を認識しておきましょう。
たとえば「駅から近い物件」などは、比較的売却しやすいといえるでしょう。
このような、「変えられない要素」である立地は重要です。室内の設備・仕様などはリノベーションなどで変更できますが、立地に関しては変更しようがないからです。
そのため、好立地の物件を取得することこそが、資金流動化リスクに対する有効な策になるのです。

Q. 不動産価格下落リスク対策について教えてください。

A.不動産投資の主な目的は家賃収入ですが、将来的に売却することもあるかもしれません。
売却する際に不動産価格がなるべく下落しないよう、家賃収入を継続して得ることができ、売却時も値崩れしにくいような、「立地が良い物件」を選びましょう。
首都圏で具体例を挙げると、「東京23区・横浜・川崎エリア」などの賃貸需要が多い地域にある好立地の物件を選ぶと良いでしょう。

Q. デフレリスク対策について教えてください。

A.デフレとは、お金の価値が上がり、モノの値段が下がることです。
モノの値段が下がるということは、不動産価格や家賃も連動して下落してしまう可能性があります。
そうなると、不動産売却時に売却金額でローンを完済できない可能性が高まり、その場合は手持ち資金を捻出する必要があります。 レバレッジのリスクを解説
そのような事態になることも見越して、毎月の返済に対して現金に余裕を持たせておきましょう。
また、デフレ時も不動産価格が下落しにくい賃貸需要が多い地域にある好立地の物件を選ぶようにしましょう。

Q. 建物の老朽化リスクについて教えてください。

A.不動産は現物資産なので建物は経年劣化していき、基本的には築年数と共に売却額や家賃は下がっていきます。
そうなると不動産から得られる家賃収入が下がってしまうので、対策として定期的なメンテナンスや修繕、リノベーションなどを行いましょう。
大切なのは、それらの修繕費用やメンテナンス費用もきちんと資金計画に組み込んでおき、いざというときに必要な対策が行えるようにしておくことです。

・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・老後2,000万円問題など、将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、自分にとって最適な投資が分からない
・iDeCo・NISAだけで本当に良いか不安である
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる