FXの基礎知識

システムトレードに必要なテクニカル分析

システムトレードに必要なテクニカル分析

つぎの図は米国株式市場での収益のイメージ図です・

ローストチキンの食べ方 切り分け方を料理人が教えます


これで鶏のパーツを全て外すことができました!^^
あとは残っている身をのこさず綺麗にワシワシとむしり取ります。骨についている身がまたウマイんですよ!
スペアリブでも骨付きカルビでもそうですが、骨にこびりついている身の旨さは格別ですもんね^^
あとは塩コショウでシンプルに食べてもいいし、レモンやワサビ醤油、焼き鳥屋のサビ焼きのように刻みワサビのしょうゆ漬けなんかと食べると本当に美味しいです。 システムトレードに必要なテクニカル分析
アメリカではクランベリーとかベリー系のピューレをつけて食べたりします^^

残った骨までフル活用

残った骨をそのまま捨てるなんて勿体無い!旨みがまだまだ骨に残っているので美味しいダシをとっちゃいましょう^^
やり方は簡単。鍋に入れて、骨が浸るまで水を入れて一つまみ塩を入れて弱火で30~40分煮出せば美味しい鶏ガラスープを取ることが出来ます。
最近流行っている地鶏のお店にこの鶏の白湯スープが付いてきますが、あのスープのベースになるものです。
この白湯スープを塩で味を整え、生姜やネギを入れるとまさにお店のパイタンスープができます^^
そのまま飲むのも良し。コレに炊いた米を入れて中華粥にするのも良し。ほぐした身をアツアツのご飯に乗せこのパイタンをかけてお茶漬けみたいにするのも良し。
パイタンに茹でた中華メンを入れてネギをドバッとのせてネギそばにするのもおいしそうですね。

日本テクニカル分析大全 /日本テクニカル・アナ 株・資産運用

以上2回にわたってお送りしましたが、ローストチキンの作り方もローストチキンの食べ方も一見難しそうに見えますが、本当に簡単。そしてビックリするぐらい旨くて苦労に見合うだけの味をしています。
福富士 業務用 収納スチールラック 全段ボルト式 70kg 横幅87 奥行30 高さ75cm 4段 RCN70-07083-4 ポイント消化【送料無料】 ポイント消化 【メーカー直送 期日指定・ギフト包装・注文後のキャンセル・返品不可 ご注文後在庫確認時に欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生

株式投資に“人間の判断”システムトレードに必要なテクニカル分析 は必要ない?
Yahoo!株価予想達人が「システムトレード」を選んだ理由

マネックス証券株式会社 「トレステナイト2017 in Summer〜株価予想達人×億トレーダーに学ぶ投資戦略」 #2/2

2017年8月24日、マネックス証券株式会社が「トレステナイト2017 in Summer〜株価予想達人×億トレーダーに学ぶ投資戦略」を開催しました。パネルディスカッションの後半では、Yahoo!ファイナンス株価予想達人の中原良太氏が、システムトレードを活用した株式投資の手法を紹介。イベントの最後には、著名トレーダーのカグラ氏とともに、会場の参加者に明日から使える実践的なアドバイスを贈りました。

  1. フリーアナウンサー 大橋ひろこ 氏
  2. 株式予報 中原良太 氏
  3. トレーダー カグラ 氏
  4. マネックス証券株式会社 トレードステーション推進室長 山田真一郎 氏

人間の感情を入れない、システムトレードの強み

大橋ひろこ氏(以下、大橋):では、後半は中原さんに、システムトレードについて伺っていきたいと思います。シストレを知らない方も多いと思いますので、どのようなことをやっているのか教えてください。

中原良太氏(以下、中原):システムトレードは、個人の感情や判断を一切入れない取引手法のことを言います。

大橋:注文も自動で行うんですか?

中原:自分で発注して、約定(※売買が成立すること)したか約定してないかを全部確認しています。

カグラ氏(以下、カグラ):僕も自動だと思っていました(笑)。

中原:FX(外国為替証拠金取引)などは自動売買が流行っていますので、自動売買をされている方はたくさんいると思いますけど、株では基本的に自分で発注してやっていく感じですね。

大橋:「個人の感情や判断を一切入れない」ということですが、例えばどのような感情が邪魔になるんですか?

中原:実際にどうやってシステムを作るのかというと、たくさんの株価データを集めてくるんです。

約3,500銘柄のデータ20年分を分析

大橋:株価のデータが重要ということですね?

中原:そうですね。なので今は、全市場の3,500銘柄ぐらいと上場廃止になった銘柄も含めて20年分のデータを集めて、パソコンに計算させて、僕はのうのうとテレビを見ています(笑)。

大橋:テレビを見ている間に、パソコンが銘柄を選んでくれる!?

中原:計算してもらって、「今、買い時の銘柄どれ?」と探してもらっています。

大橋:ウォール街には「5月に売れ」という格言がありますよね。

中原:データ上でも本当にそうなっていて、これは一種の傾向なんです。こういう傾向を細かく調べていって、より正確なタイミングを決めて、「何月に株を買って何月に売る」「何パーセント株価が下がったら買い時」ということを調べていきます。

Yahoo!ファイナンスの株価予想

大橋:中原さんはYahoo!ファイナンスの株価予想で去年2016年、1位を取られています。推奨銘柄を書かれているところに、「値動きが似た株を買った場合、約54パーセントの確率で値上がりし、1取引当たり約0.2パーセントの利益につながりました」というすごく難しいコメントが書いてあるんですけど、これがシステムトレードで出た検証結果ということなんですか?

中原:そうですね。僕は毎日Yahoo!ファイナンスで予想記事を書いているんですけど、10年とか20年のデータを集計して、毎日一番おすすめの6銘柄を出すように設定してあります。条件式については詳しく言えないんですけど……。

大橋:やはり、どのような条件でパソコンにプログラムを検証させるかが肝なんですね。そういう検証のためのアイデアはどこから見つけてくるんですか?

中原:僕は3通りやっていて、まずは本を買います。例えば「このチャートは買いだ!」とか「このチャートは売りだ!」と偉そうに書いてある本がたくさんあるじゃないですか?(笑)。

大橋:……いろいろありますよね(笑)。

中原:そのチャートを本当にそのまま使って「はたして利益が出るのか」ということをまず調べています。

大橋:派手に上がって派手に散るって桜みたい(笑)。

中原:システムトレードは僕が指示したとおりに銘柄を探してくるので、指示が間違っていたらぜんぜん買いたくない銘柄を探してきてしまいます。なので、「どうしたらそういう銘柄を買わずに済むかな?」と日々考えています。

大橋:相場を見ていて、「新しい発見があった、疑問が生じた、では過去はどうだったのか検証してみよう」とスクリーニングしていくということですね。

中原:あと最後は、とりあえず当たりも何もつけずに、がむしゃらに調べてみる。例えば「この株は何月に上がりやすかったのかな?」と全部のデータを調べて、「2月だったのか」とわかったら、「この検証結果は本当に使えるのかな?」と後から考えます。

大橋:その株のクセを検証することもあるんですね。では銘柄をセレクトしてもらうだけではなくて、「この株はどういう戦略がいいか」と検証するプログラムもあると。

中原:そうですね。

相場が下がってきた時に狙いたい銘柄

大橋:今はどういう株がおもしろいでしょうか? 大型株がしばらく動かなくて、中小型株が動いていたりしますよね。

中原:今は相場落ちてきているので、僕はディフェンシブ株の逆張りを狙いにいく時期ですね。ただ、相場が落ちたときの逆張りはものすごく危ないんです。

大橋:一定の企業価値があるということですね。

中原:そうですね。もう下がりようがないという。

カグラ:優待株はあまり見ないんですか?

中原:優待株も見ます。優待株にも傾向があって、優待がある3ヶ月前ぐらいから株価が上がるんです。

カグラ:確かに。

中原:優待株の中でも、できればチャートが右肩上がりのものですね。最近までずっと上がってきた銘柄がさらに続伸することが多いので、3ヶ月前から注目し始めたり。まあ万が一下がってしまったら優待をもらえばいいじゃないですか(笑)。

大橋:そうですね(笑)。

カグラ:決算書や業績を分析する、ファンダメンタル分析はまったく関係ないんですか?

中原:ほぼ関係ないですね。チャートだけでやっています。決算書を分析するときは、決算の内容よりかは、決算が発表されたあと、その結果がチャートにどう織り込まれていくのかを研究することがあります。

大橋:プログラムの中には、普遍性の高いものとか、逆に使えなくなったものもあると思います。システムはけっこう入れ替えるものなんですか?

中原:ぜんぜん入れ替えないものもあります。例えば、リーマンショックの時のように、相場が暴落したときに株を買い付ける戦略があって、勝率がだいたい8割~9割ぐらいです。

大橋:勝率高いですね。

中原:高いんですよ。そういう戦略はリーマンショックを超えるものが来ないかぎりは大丈夫です。

大橋:あれは100年に一度と言われていますからね。

シストレの基本は「買いたくない銘柄をさっさと売る」

大橋:中原さんは、ご自身でもトレードされているんですよね?

中原:最近はYahoo!ファイナンスで毎日記事を書いているので、株価操縦になってしまうかもしれないと思って、止めています。

大橋:推奨銘柄の「何パーセントで上がる」という確率は出ていると思うんですけど、その後の利食いと損切りについては、基本的にどのように考えていったらいいんでしょうか?

中原:システムトレードでいろいろ調べて、複雑に考えてきたんですけど、結局今はシンプルな答えに行き着いていて、「買いたくない銘柄をさっさと売る」というのが基本だと思っています。

大橋:システム的に「何パーセント利益が出たら確定する」ということは考えないんですか?

中原:(利益確定のタイミングを)パーセントで決めることはほとんどありません。その代わりに「チャートがこういう形になったら売る」と明確に決めています。

大橋:確かにそうですね。

中原:なんとなく「10パーセントいったら満足かな?」と決めるものなので、そこのデータをとってもあまり有効ではないんです。

大橋:よく「株の教科書」みたいな本に「何割まで損失が出たら切りなさい」とか書いてありますよね。

中原:相場は僕らの都合に合わせて動いてくれるわけではないので、相場に合わせて取引するほうが現実的かなと思います。

得意な銘柄を見つけて“クセ”を探してみる

大橋:お二人のトレード手法についてうかがってきましたが、会場のみなさまが明日から「ちょっとやってみよう」と思えるようなアイデアをいただけますか?

カグラ:僕の場合は、1日のうちに1つの銘柄がどういう動きをするのかということをすごく考えています。

大橋:やはり値動きが大きいのは、今だったらゲームセクターがいいんですか?

カグラ:今は正直「ゲームセクターがいい」とは言いにくいです。実際の決算が悪かったものがあまり株価を戻していないので。ただ、そういった特徴的な銘柄は常に出てくるので、何かしら見つけるといいかなと思います。

中原:最初は試験期間になることが多いんですか? この銘柄のクセをつかめるまでは経過観察するというか。本腰を入れて取引を始めるまでは、やるとしても小さくとどめるみたいな。

カグラ:僕の場合は順張り型で、まず日足のいい銘柄を見つけるんです。日足が5日線に沿ってきれいに上がるような。あまり急すぎるとダメなんですけど。日足がきれいな動きをする銘柄は、分足を見ていても「このぐらい下がったらこのぐらい上がる」というパターンができやすいんです。

中原:システムトレードを使わないで活かせそうなヒントを考えるとすると、カグラさんは基本的に上がっている株しか買わないですよね。

カグラ:そうですね。

中原:取引手法としては順張りか、上がっているときに少し下がったタイミングで買う「押し目買い」がほとんどだと思います。実はこの取引法はけっこう安全なんです。過去の統計データを取ると、ずっと下がっている株を安く買うと……。

大橋:もっと下がるかもしれないですね。

中原:(逆張り投資のような)そういう買い方をすると、失敗したときに大負けするというデータが出ています。なので、より安全にいきたい人はそういう銘柄ではなくて、基本的に1年とか2年ぐらいの期間で見て、着々と上がっている銘柄から選んだほうが安心してトレードできると思います。

決算発表が株価に与える影響

大橋:ありがとうございます。今日は事前に質問も集めていますので、いくつかご紹介してお答えいただきたいと思います。

大橋:なぜでしょうか?

カグラ:なるほど(笑)。これは僕の永遠のテーマなんですけど……。例えば最近でいうと、サイバーステップというゲーム株が、1月に600円ぐらいの株価だったのが、決算手前で8,000円になったんですね。

大橋:夢のテンバガー銘柄(株価が10倍に膨れ上がる銘柄)ですね。

カグラ:そうですね。それで決算でもいい数字が出たんですけど、来期の業績予想が悪いという理由でストップ安になって、今はもっと安くなっています。

大橋:期待値に対して、株価がどこまでいってしまったのかと。

カグラ:決算内容自体は悪くなかったけれども、上がりすぎてしまった。

大橋:これはやはり投資家の永遠のテーマということで、決算前後にポジションを持ち越すのはリスクが高いかもしれないですね。

カグラ:自信があればいいんですけどね。

大橋:カグラさんは、決算またぎで持つことはあるんですか?

カグラ:僕は稀にありますね。例えば、サイバーステップという銘柄が下がって、ドリコムという銘柄が下がって、ゲームセクターの期待値が一気に下がってかなり叩き売られたときでも、自分が自信のある銘柄だけは持ち越せるので、その時はKLabの株を持ち越していて多少利益が取れました。

大橋:周りの期待値が下がってしまっているから、逆にいいこともあるという考え方ですね。

カグラ:そうですね。

感情のコントロールはどうしてる?

大橋:続いて、私がちょっとおもしろいなと思った質問です。「感情のコントロールを行う方法を教えてください」という質問をいただいています。

中原:コントロールできてますか?

カグラ:僕は正直できてませんね(笑)。

大橋:お酒に逃げたりします?(笑)

カグラ:お酒に逃げることはないんですけど、とりあえず寝て忘れようとしています。

中原:寝られるんですね。

カグラ:怒っても泣いても負けた額は変わらないので、寝るしかないと諦めています。

大橋:中原さんはどうしてますか? でも、シストレだから……。

中原:そうですね。僕は感情に左右されたくないからシステムに頼っています。

大橋:そうですよね。

中原:ただ、裏目裏目に出て5連敗とか10連敗してしまうと、やっぱりモチベーションは下がります。

大橋:そういう時はどうするんですか?

中原:そういうときは、とことん勉強するようにしていますね。負けたのは自分が悪いからだと思うので。

大橋:普通は逃げるんですけど、逆に燃えるタイプ?

中原:そうですね。負けたらけっこう燃えるんですよ。もちろん感情的にはなっているんですけど、そういうときは夜通しずっと勉強しているとか、相場の分析に時間を使っていますね。

大橋:二度と同じ失敗はしたくないと思うタイプですね。

カグラ:投資をやっている人って負けず嫌いな人が多いですよね。周りが稼いでいるときに、自分も頑張らなきゃという思いは常にあります。

Yahoo!ファイナンスの買い予想と売り予想の出し方

大橋:せっかくなので、会場のみなさんからもご質問を受けたいなと思います。何か聞きたいことがある方はいらっしゃいますか?

質問者1:中原さんに質問があるんですけど、Yahoo!ファイナンスで「今日はこんな銘柄がおすすめ」とか「この銘柄と似た銘柄を買ったら54パーセントの確率で値上がりした」という予測を出していますよね。この予測は具体的にどういう手法でやっているんですか?

中原:ものすごくシンプルで、そんなに凝ったことはやっていません。僕は基本的に、曜日によって使い分けています。

質問者1:勉強になりました。ありがとうございました。

システムトレードと株式投資の相性

大橋:ご質問ありがとうございました。ほかに質問したい方はいらっしゃいますか?

質問者2:個別株の情報を集めてシステムトレードをしていらっしゃると聞いたんですけど、FXや先物でも同じようなことができると思います。

中原:そもそもシステムトレードというのは、FXや先物が皮切りだったんですね。そちらが先で株が後なんですよ。株のシステムトレードって、今でもものすごく遅れているんです。

中原:ただ、先物は商品数が少ないので、統計のデータを取るのがすごく大変なんです。株の場合は銘柄数がものすごく多いので、そこまで複雑なことをやらないシンプルな取引手法でもけっこう利幅が取れたりします。

質問者2:ありがとうございます。

大橋:ご質問ありがとうございました。ほかにいらっしゃいますか?

高値更新時の損切り・利確のタイミング

質問者3:ゲーム株などで高値更新になっていると、高値づかみで最終的に切ってしまうことがあります。どこで買ったらいいのか、損切りしたらいいのかという目安があったら教えてください。

カグラ:まずエントリーのときにどういう理由で入ったのかということが1つあります。例えば、高値更新で入って、その日の終値が高値更新の値で終われなかったら切るとか。イグジットがすでに決まっている状態で入るべきかなと思います。

中原:お尻を決めてから入るという感じですね。

中原:僕がマザーズで狙うときは、押し目とかちょっと下がったタイミングを狙うか、順張りで高値更新のタイミングを狙うかなんですけど、入り方によって出方も変わってきます。

著名投資家のトレード環境

大橋:ご質問ありがとうございました。そろそろお時間も近づいてきたんですが、最後に!先ほど休憩の時に、トレード環境について、「モニターを何枚使っていますか?」というご質問がありました。こちらはいかがでしょうか?

カグラ:今、モニターは全部で4枚です。デスクトップで3枚使っていて、ノートパソコンで1枚使っています。

大橋:見ているのは、全体がわかるインデックスとウォッチしている銘柄リストとランキングぐらいなんですね。

カグラ:そうですね。結局、興味があるのは、自分が持っている銘柄が上がるか下がるだけだと思うんですよ。本当はそこしか重要じゃないんだけど、「日経平均が下がりそうだからこれをやろう」とか「上がりそうだからこれをやろう」という付加価値をつけようとして、逆に意味のないことをしてしまうこともあります。

大橋:なるほど。中原さんのトレード環境はいかがですか?

中原:かっこいいことを言いたいんですけど、普通の家なのでノートパソコンにディスプレイをつないで、2つの画面でやっています。分析結果をExcelでまとめて、もう1台で計算してもらうという感じです。ディスプレイが1枚増えると、作業効率が3割上がるという話もあるんですけど。

大橋:今後はもっと増やす予定ですか?

中原:1個でいいかな(笑)。4枚あっても僕は見きれないので。

大橋:システムトレードは、張り付いて情報を見るというやり方ではないですからね。

中原:そうですね。腰を据えて淡々と分析することが多いので、どちらかというと、目が疲れないようにディスプレイの色の具合を調整することが多いですね(笑)。

大橋:ありがとうございます。そろそろお時間が近づいてきました。今日はまったく取引のスタイルが違うお二人にトレード手法を教えていただきました。カグラさん、中原良太さんに大きな拍手をお送りいただければと思います。

外国為替証拠金取引システムトレード実践セミナーDVD

糖尿病では血液中のブドウ糖である血糖が慢性的に高くなることで血管に負担をかけ続け、動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを上昇させます。さらに、高血糖の状態が続くと全身の毛細血管にも重大な障害を起こし、失明や足指の壊死、透析治療が必要になる腎機能障害などの合併症につながってしまう可能性もあります。こうした重大な合併症を起こさないためにも、自覚症状のない初期の段階で的確な治療をはじめることが重要です。
パンパース パンツ ビッグ 150枚

本 マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド ビジネス/経済

尿酸が高いと指摘されました。ビールを控えたら大丈夫ですか?

尿酸は血液中に含まれており、増えてしまうと関節の中で結晶になってしまいます。足の親指などに結晶ができて激しい痛みを起こす「痛風発作」を起こす場合がありますし、腎不全の原因になる可能性もあるため尿酸値コントロールの治療を受けてください。尿酸値が高い場合、他の生活習慣病を合併する割合が高いので動脈硬化の予防も重要になってきます。
尿酸はプリン体という原料から作られますので、プリン体を多く含んだ食品や飲料を控える必要があり、食事の総カロリー量もしっかり見直してコントロールしていきます。軽い散歩などの運動やたっぷりの水分補給も重要です。
【動作確認済み】ホットキャビ タオルウォーマーTAIJI HC-6 ミニキャビ

肝機能障害を指摘されました。どんな原因が考えられますか?

2015年 インターハイ ボタニカル ブルー セット!

貧血は血液中のヘモグロビンが不足している状態です。ヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶ赤血球に含まれており、貧血が起こる原因には、鉄分不足と慢性的な出血などがあります。
女性の場合、生理による慢性的な出血と鉄分不足によって貧血が見られるケースがよくあります。若い女性の場合、ダイエットや偏食なども貧血リスクを上げる原因になっています。
40歳以上の年齢では、胃潰瘍・胃がんや大腸がん、婦人科系の病気などによる慢性的な出血があって貧血が起こっている可能性が高くなります。こうした病気で貧血の症状が出ている場合にはできるだけ早く的確な治療を受ける必要があるため、貧血を指摘された場合には、速やかに受診してください。

尿検査で「異常あり」と指摘されました。どんな検査が必要ですか?

心電図検査で異常ありと指摘されました。心臓に異常があると思うと不安です。

本 マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド ビジネス/経済

ほぼ日手帳 A6用 カバー Porter Square 2020
診断では、腹囲「男性85cm、女性90cm以上」であること、さらに血圧「130/85mmHg以上」、中性脂肪「150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満」、血糖「110mg/dL以上」が2項目以上当てはまると診断されます。
生活習慣病は血管に大きな負担をかけ続ける病気です。そのため、メタボリックシンドロームの状態が続くと全身の血管に負担がかかり続けて動脈硬化が進行します。その結果、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高まります。
それぞれの病気が単独では治療の必要がない軽度の場合でも、メタボリックシンドロームでは複数の生活習慣病が合併して起こっているため早めの治療が必要になるケースがよくあります。当院では、内科だけでなく循環器科の専門医も連携して治療を行っているため、メタボリックシンドロームを指摘されたらお気軽にご相談ください。

腫瘍マーカーを定期的に受けた方がいいでしょうか?

6 ROKU BIG MESH TUNIC メッシュ チュニック システムトレードに必要なテクニカル分析
腫瘍マーカーは、がんによって血液や尿中の蛋白や酵素などが急激に増えているかどうかを調べています。そのためがんが進行して大きくなれば量が増えますが、腫瘍マーカーが関与する臓器はさまざまですから、精度の高い診断のためには必要な検査がどうしても多くなってしまいます。
さらに、がんの早期ではほとんど変化がありませんが、逆にがん以外の原因で数値が上がる場合がよくあり、さまざまな精密検査を受けたあげくに異常が見付からないことも珍しくありません。こうした場合、「もしかしたら見逃した部分にがんがあるのでは」と不安に思われる方も多いのです。
オプションの腫瘍マーカーを追加するのであれば、リスクが高いと思われる部分の精密検査を追加する方が効果的ですし、的確な診断に役立ちます。当院では専門医による苦痛のない内視鏡検査や精度の高い超音波検査なども行っており、お一人おひとりに合わせたオプションのご相談も受けております、お気軽にご相談ください。

紀伊國屋書店

MetaTrader4の売買システム開発過程を段階的に学ぶ 今やFX(為替証拠金取引)トレーダーの常識となった大人気ソフト「メタトレーダー4」。リアルタイムの相場表示はもちろんのこと、多彩なテクニカル指 標、仮想売買、独自指標の作成、売買システムの構築と検証、自動売買、口座管 理まで、およそトレーダーが求めるであろう機能を兼ね備えた理想的なソフトで ある。しかも、これらの機能の利用は無料だ。 システムトレードに必要なテクニカル分析 しかし、その手軽さからか、メタトレーダーを単なる自動売買実行ソフトとし て扱い、ろくに自分で検証もせずに既成の売買システムを購入して、大切な自分 の資金を運用しようとする投資家もいるようだ。 もちろん、既成の売買システムのなかには優れたものもある。しかし、すべて ではない。また、すべての業者が同じ相場を提供するとは限らないFXやCFD(差 金決済取引)では”優れたシステム”でさえ機能しない可能性があるのだ。 自動売買で成果を上げている人たちは、超一流のアスリートと同じように、人 一倍の努力を重ねている。涼しい顔で好成績を上げるその裏側で、自分のスタイ ルを構築するため、たゆまぬ研究と検証、実践を続けているのだ。 実は、その「パートナー」としてうってつけなのが、メタトレーダーなのであ る。ただし、その潜在能力を引き出すためには、メタトレーダーと「会話」をす るためのプログラム言語「MQL4」の習得が求められる。 本書はメタトレーダーブームの火付け役となった『FXメタトレーダー入門』の 続編として、前作では詳しく触れることができなかったメタトレーダーの強力な システムトレードに必要なテクニカル分析 プログラミング機能をできるだけ多く紹介した。 「ただプログラムが分かる」レベルから「自分の思ったとおりのプログラムが 作れる」レベルになるには、外国語の学習同様、最低限の試行錯誤が必要であ る。しかし、本書でその「最低限の試行錯誤」を効率良く経験してもらおうとい うわけだ。 メタトレーダーを自由自在に扱って自分自身の売買アイデアを100%具体化さ せ、理想的なトレードを実現させてほしい。豊嶋久道(とよしま・ひさみち)1965年山口県生まれ。1988年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業。1993年慶應 義塾大学大学院博士課程修了。博士(工学)。大学生のころからC言語プログラ ミングに親しみ、実用系のフリーソフトウェア、シェアウェアを公開。2003年よ りFX取引を始め、システムトレードの道へ。最近ではFXオプション取引も含めた 売買システムの研究を行っている。主な著書に『FXメタトレーダー入門』(パン ローリング)がある。

第1章 メタトレーダーの構成を知る(メタトレーダーを使いこなす前に メタトレーダーとMQL4プログラミング)
第2章 カスタム指標プログラムで独自のテクニカル分析(カスタム指標プログラムの基本 組み込みテクニカル指標関数の使い方 オブジェクトを利用したカスタム指標 テクニカル指標のデータをファイルに出力)
第3章 トレード関数で柔軟な注文を実現(トレード関数を使いこなす システムトレードに必要なテクニカル分析 トレード時のエラーチェック トレード関数のライブラリー化 エキスパートプログラムによる注文)
第4章 エキスパートプログラムでシステムトレード自由自在(売買システムの基本構成 仕掛けのパターン 手仕舞いのパターン そのほかのシステムのパターン システムトレードに必要なテクニカル分析 ストラテジーテスターでの検証)
第5章 MQL4をさらに使いこなしたい人のために(データの型 プリプロセッサ命令 変数の種類 配列の種類 数学関数 オブジェクトの表示 ファイルの入出力 文字列に関する関数 日時に関する関数 マーケット情報 口座情報 関数のライブラリー化)
付録A MQL4関数一覧
付録B 参考図書

(注2) ヘッジファンドとCTAの違い

image.png

image.png

CTAはcommodity trading advisorのことで、1970年代に金融先物が取引されることから顧客資産を先物取引で運用する業者として規制対象になってきました。CTAにお金を預けるときには、取引に必要な証拠金としてあずけます。したがって、投資の仕組みが適切であれば先物取引所が受け入れる適格債・現金という与信リスクで投資ができます。一方のヘッジファンドはそうではありません。彼らに資金を預けるときには彼らの与信リスクを取ることになります。つぎに、運用成績を見てみましょう。

随分と運用成績に差があります。これはどのように解釈したらよいのでしょうか?

  • ヘッジファンドのトレーダーは学歴が高く知的である
  • ヘッジファンドは投資資金全額を受けるので金利収入が手に入る
  • ヘッジファンドはクレジットリスクの高い資産に投資ができる
  • ヘッジファンドは取引所以外で取引される資産に投資ができる

(注3)バックテストのパフォーマンスが高すぎる問題

  • 将来の情報を使っていないかをチェックする。
  • レバレッジが効きすぎていないかをチェックする。
  • 四本値の使い方が正しいかチェックする。
    • 始値を使って執行をして否かをチェックする。始値は何時価格が付いたかわからない。
    • 高値と安値で執行をしていないかをチェックする。高値と安値は一日が終わると決まるので、執行には使えない。
    • 執行の方法が適切であるかどうかをチェックする。
      • 日計りのトレードでは指値、成り行き、ストップを指定する必要がある。
      • 指値をどの条件で執行させているかをチェックする。
      • 成り行きのスリッページが適切かどうかをチェックする。
      • ストップの執行条件とスリッページをチェックする。 参考:Python3ではじめるシステムトレード:グロスマン・ミラーモデル(翻訳)システムトレードに必要なテクニカル分析 Python3ではじめるシステムトレード:情報トレーダについて(翻訳)
      • ペーパートレーディングは信頼のおけるシストレの検証の方法を思われていますが、業者の提供する環境にはテストが必要です。特に海外の業者の環境ではそのようなものが多いので注意が必要です。

      (注4) 安心できるシステムトレードって?

      システムトレードに関する普遍的な原則と注意点について

      しかし、そこには限界と可能性がある

      + 原則 1:データの数はできるだけ多いほうが良い

      + 原則 2: 価格の変動が大きければ対数を取れ

      + 原則 3: ランダムウォークにしたがわない価格をさがせ

      + 原則 4: 得られたデータは使い尽くせ

      + 原則 5: 価格の状態空間は無限だと思え

      + 原則 6: 乱数の性質を有効利用しよう

      + 原則 7: 統計的性質に精通する前に哲学者であれ

      CTA:commodity システムトレードに必要なテクニカル分析 trading advisor - ヘッジファンドのカテゴリーのひとつ

      CTA(Commodity trading advisor )とは、金融先物、オプション、スワップを対象とした取引に関する投資のアドバイスやサービスを個人、またはファンドに提供する個人または組織に対する金融行政上の用語。

      managed futures accountsにおいて取引を行う。

      CTAs は米国連邦政府による規制対象であり Commodity Futures Trading Commission (システムトレードに必要なテクニカル分析 CFTC) への登録と National Futures Association (NFA)のメンバーになることが義務付けられている。

      • 最も透明性の高い運用形態の1つ
      • 顧客の口座で直接取引を行う
      • 運用のレバレッジの状態を顧客は何時でも把握可能
      • ポジションの取り方等、運用の方法が公表されているものと同じであるかどうかを自らチェックできる
      • 取引費用、売買スプレッド等を顧客が直接チェック可能
      • 公表されている運用利回りと自らの口座の運用利回りを比較可能
      • 上場先物・オプション市場に投資をするために流動性が高い
      • 問題点・利点
      • 預ける証拠金(現金、適格債)は小さい

      CTAの歴史

      米国における先物トレディングの歴史は1850年代にまでさかのぼる。
      • 1920年代に最初の連邦政府の規制が施される。
      • 1922年 Grain Futures Act
      • 1936年 システムトレードに必要なテクニカル分析 Commodity Exchange Act
      • 1974年 Commodity Futures Trading Commission (CFTC)が設立され、規制対象としてCTAがはじめて認識された。

      初期の段階ではCTAは商品市場でのみ規制の対象となった。その後、金融商品を含むデリバティブの普及で取引の対象は飛躍的に広まった。2010年7月には, Commodity Exchange Act のもとでのCTAの定義は、Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act によりスワップ取引を含むように拡張された。

      CTAの活動の概要

      • 投資対象:農産物、林産物、金属、エネルギーの先物、オプション、株価指数、債券、通貨という金融デリバティブ
      • マーケット戦略:トレンドフォロー、マーケットニュートラル、金融、農産物、通貨という市場クラスのセグメント戦略
      • 投資スタイル:テクニカル、ファンダメンタル、計量戦略

      • テクニカルトレーダー:テクニカル分析によりチャートパターン、価格トレンドに追随して投資を行う。トレードの執行を自動化している場合もある。マーケットの上下動が利益の源泉。
      • ファンダメンタルトレーダー:需要と供給を分析して価格を予測。天候、作物の収量、オイル掘削の量などのパターンを分析。
      • 計量トレーダー:統計学、計量分析を用いて価格のパターンを予測。
      に分類される。

      CTAにかんする情報を得るには

      image.png

      IASGのCTAの取引戦略の分類

      • トレンドフォロー
      • 移動平均など
      • モメンタム
      • 価格変化率など
      • カウンタートレンド
      • テクニカル指標
      • ファンダメンタル(受給の関係をモデル化(電話等による情報収集)システムトレードに必要なテクニカル分析

      image.png

      image.png

      最も興味のある生き残りの率は

      image.png

      ヘッジファンドはCTAよりも運用のパフォーマンスが高い

      image.png

      • ヘッジファンドのファンドマネジャーは学歴が高い?
      • ヘッジファンドは実物資産に投資ができる?
      • 金利収入が得られる?
      • 取引所取引以外でも取引ができる?

      投資の基本:価格は予測するものではなく、作るもの

      image.png

      CTAデータのダウンロード

      IASGのホームページにユーザー登録するとリターンデータをダウンロードできる。MANAGED FUTURESのタグからChesapeak Capitalを選び、Diversifidプログラムを選ぶ。Chesapeakはタートルズとして有名な人が運営するファンド。

      image.png

      image.png


      Export Dataをクリックするとダウンロードファイルフォルダーにcsvファイルがダウンロードされる。

      image.png

      XTX システムトレードに必要なテクニカル分析 markets

      2018/8/27 に日経新聞で「新興ロシア系XTX、高速取引を席巻:東証でも数千億円規模の観測」として取り上げられたXTX Marketsを調べてみました。

      XTX システムトレードに必要なテクニカル分析 Markets

      • 設立メンバーはGSAキャピタルのスピンオフである。
      • 2016年、XTX Marketsは、外国為替市場の取引量で9位の流動性供給者であり、市場シェアは3.87%であった。
      • 銀行以外の企業がユーロマネーのランキングのトップ10に入ったのは初めてである。
      • 2018年には、世界の外国為替市場で数量ベースで第3位の流動性供給者であり、市場シェアは7.36%であった。
      • 欧州株式市場での市場シェアは11.5%となった。
      • その他の活動としては、アクイス取引所への出資、
      • シンガポール通貨庁と共同での外国為替「プライシングエンジン」の設立、
      • パリの「EUハブ」の開設などがある。

      GSAキャピタル

      2005 年、ロンドンに拠点を置く GSA キャピタル・パートナーズはヒスコックにより設立された。ヒスコックは、ドイツ銀行のグローバル統計的裁定部門を切り離してGSAキャピタルパートナーズを立ち上げた。2つのファンドで 5 億ドルの運用を開始した。設立時にはドイツ銀行から15人の専門家が同時に退職し、GSAに入社した。2018年、GSA Capital Partnersは90億ポンドの資産を管理している。ちなみにヒスコックはオックスフォード大学で数学を先行した。

      高頻度取引の実態

      image.png


      つぎの図は米国株式市場での収益のイメージ図です・

      image.png

      image.png

      Capital Fund Management(CFM)

      Jean-Philippe BouchaudはÉcole Polytechniqueの物理学教授であり、フランス科学アカデミーの会員でもある。

      著書:金融リスクの理論―経済物理からのアプローチ 2003/7/1 J.‐P.ブショー (著), M.ポッター (著), 森谷 システムトレードに必要なテクニカル分析 博之 (翻訳), 熊谷 善彰 (翻訳), 森平 爽一郎(監訳)

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる