為替ニュース

ストキャスティクスのゴールデンクロス

ストキャスティクスのゴールデンクロス
ファストストキャスティクス

株初心者でも3分でわかる!株価チャート『ストキャスティクス』とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ストキャスティクスのゴールデンクロス ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

バイナリー オプションで使えるストキャスティクスの特徴や活用方法を徹底解説!

インジケーター

  • ストキャスティクスの構成・計算式が理解できる
  • ストキャスティクスの弱点・攻略法が理解できる

ストキャスティクス

他のインジケーターと併用した ストキャスティクスのゴールデンクロス 鉄板エントリーポイント や他ではあまり語られていない バイナリーオプションでの有効な使用方法 について詳細を解説しています。

    ストキャスティクスのゴールデンクロス
  • 1 ストキャスティクスとは
    • 1.1 ストキャスティクスの構成
    • 1.ストキャスティクスのゴールデンクロス 2 ストキャスティクスの計算式
    • 1.3 2種類のストキャスティクスの使い分けについて
    • 2.1 ストキャスティクスの逆行現象を活用する
    • 4.1 他のインジケーターとの併用
    • 4.2 相場の流れを確認する

    ストキャスティクスとは

    RSIと同様に、 0%〜100%の間で示されており、値が小さいほど売られすぎを示しており、値が大きいほど買われすぎの状態を示しています。

    ストキャスティクスの構成

    • ファストストキャスティクス:「%K」と%Kを平均して算出した「%D」という2本のラインで構成
    • スローストキャスティクス:「%D」と%Dを平均して算出した「S%D(スロー%D)」という2本のラインで構成

    ストキャスティクスの計算式

    %K =(直近の終値 – ローソク足X本分の最安値)÷(ローソク足 X 本分の最高値-ローソク足X本分の最安値)

    %D =%Kのローソク足 Y 本分の平均値

    S%D = %Dのローソク足 Z 本分の平均値

    よって、設定項目(パラメーター)は3つで、よく( Xストキャスティクスのゴールデンクロス YZ )と表現されます。
    一般的には(5,3,3)や(9、3、3)を使うことが多いです。

    2種類のストキャスティクスの使い分けについて

    前述の通り、ストキャスティクスには
    「ファストストキャスティクス」と「スローストキャスティクス」の2種類がありますが
    特別記載がなければスローストキャスティクスが使われるのが一般的です。

    ストキャスティクスの使い方

    相場の売られすぎ、または買われすぎかどうかを判断し、 相場の反転を見極める逆張り手法に使われることが一般的です。

    ストキャスティクスの逆行現象を活用する

    しかし、 例外的に価格が上昇してるにもかかわらずストキャスティクスの値が下がっている、価格が下落しているにもかかわらずストキャスティクスの値が上がっているような状態を逆行現象(ダイバージェンス)といいます。

    価格が上昇しているにも関わらず、ストキャスティクスが下落しており、その後価格が下落しているのがわかると思います (反発を予測してLOWエントリー)。

    【現役トレーダー解説】仮想通貨でストキャスティクスを使ってチャートを予測する方法

    【現役トレーダー解説】仮想通貨でストキャスティクスを使ってチャートを予測する方法

    初心者A

    初心者B

    売買の強さが分かる?「ストキャスティクス」の特徴について

    売買の強弱(トレンドの状態)目安の数字
    買われ過ぎ70-80%の付近
    売られ過ぎ20-30%の付近

    計算式によって求めたストキャスティクスは、 「%K」「%D」と いう 2本のラインによって構成されていること も把握しておきましょう。

    「%D」= (直近の終値−K期間における最安値)におけるD期間の合計 ÷ (K期間における最高値−K期間における最安値)におけるD期間の合計 × 100

    プロおに

    リアルタイムでチャート画面を見ながら取引が行えると、分析スピードはもちろん、エントリーする際の精度も高まる。

    (2本の線に着目)ストキャスティクスを活用した仮想通貨相場の分析方法を解説

    • ストキャスティクスの基本的な「買い / 売り」シグナル
    • 順張り・逆張りで使える!「ゴールデンクロス / デッドクロス」の売買サイン
    • (トレンド転換のサイン)ダイバージェンスを見抜く方法

    ストキャスティクスの基本的な「買い / 売り」シグナル

    他方、 「買われすぎ」なシグナルが出ている箇所では「80」を超えるストキャスティクスの数値が出ています 。
    従って、シグナル発生ポイントで売買エントリーが出来れば、その後は利益を狙えると分かりますね。

    【チャート分析】ストキャスティクスとは?定義や見方を解説

    740fde92531d398979397019ae179c10

    ストキャスティクスの定義と計算式

    ストキャスティクスの定義と計算式

    1. %K:(現在の株価の終値 – 過去n日間の最安値) ÷ (同じ過去n日間の最高値 – 過去n日間の最安値)
    2. %D:%Kの3日平均
    3. スロー%D:%Dの3日平均

    【チャート分析】ファストストキャスティクスとスローストキャス

    ファストストキャスティクス

    スローストキャスティクス

    【チャート分析】ストキャスティクスの具体例

    ファストストキャスティクス

    ファストストキャスティクス

    【チャート分析】ストキャスティクスまとめ

    本記事の結論:ストキャスティクスとは

    • ストキャスティクスとは過去の株価の高値と安値に対して現在の株価の位置を表した指標
    • ストキャスティクスの変動範囲は 0%〜100%
    • 50%を基準に買われすぎ、売られすぎを判断
    • ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスが存在
    • ゴールデン、デッドクロスが売買サイン

    株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜 株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!.

    【チャート分析】テクニカル指標一覧 | 市場で生き残るための武器を揃えよう! チャート分析に必要不可欠なテクニカル指標(インジケーター)をまとめてご紹介。ひとつでも多く武器を揃えて市場での勝率をあげましょう!.

    FX今すぐ使えるストキャスティクスで高勝率エントリータイミング取り

    ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

    ここでストキャスティクスの登場です。

    ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

    ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

    ストキャスティクスのゴールデンクロスとデットクロス

    ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

    ここでは トレンドが発生しててても、ストキャスティクスが使える場面 を紹介します。

    再上昇する時もあるし、そこから下落して勢いがなくなることもある。

    これから説明するストキャスティクスの使い方は、 長期足のトレンドの勢いが強いことが大前提 です。

    この 勢いのあるトレンドにローソク足とストキャスティクスを使って絶妙なタイミングでエントリーします

    (ダウントレンドの場合) ストキャスティクスが売られ過ぎ(20以下)にあり、そこに留まっているか、一旦上に出てもまた戻って来た時、相場の下落の勢いが強い と判断します。

    ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

    ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

    ストキャスティクスが買われ過ぎ売られ過ぎの時は??

    ストキャスティクスが売られ過ぎから一旦上昇するが、またすぐ元の水準近くまで下落している。

    こういう現象が起こると、 まだまだ長期足のトレンドの勢いが強い ことを意味します。

    ここで登場するのが 最初に説明したゴールデンクロスとデットクロスのエントリー です。

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    ダイバージェンスはとても簡単で、しかしとても重要なことを教えてくれる のでぜひここでその意味を理解してください。

    ダイバージェンスは 相場の転換ポイントを事前に教えてくれます

    なぜなら ダイバージェンスが発生すると、そこから反転する可能性が一気に高まる からです。

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    これは、 価格は下落しているけど前ほど下落のパワーはないよ、とストキャスティクスが教えてくれてる んですね。

    5分足で上昇に転換するポイントをストキャスティクスがダイバージェンスで教えてくれた 、ということになります。

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    ストキャスティクスのダイバージェンス

    僕がダウ理論を使って日々チャートを見てどんな分析をしているのか、リアルタイムの相場分析をメールで無料配信しています。

    ・勝つチャンスが来そうな注目すべき通貨ペア
    ・トレードするならロングなのか、ショートなのか?

    ・現在の相場のトレンドがどっちに出ているのか?
    ・どのタイミングまで待つべきなのか?
    ・どんな考え方をしているのか?

    『毎日がんばってチャートを見ている・・・』
    『思うようにトレードで勝てない・・・』
    『自分のチャートの見方が正しいのかわからない・・・』
    『トレードは真面目にやらないと勝てないよね・・・』
    『ダウ理論がイマイチ腑に落ちなくていつまでたっても上達を実感できない・・・』

    ・F-pedia管理人の高勝率リアルタイム相場分析配信
    ・99%の人が見落としているトレード手法の難易度について【レポート】
    ・僕が必勝法をみつけるまでに【レポート】
    ・勝トレーダーが絶対身に着けている2つのスキル【レポート】
    ・秘密のメールマガジン
    ・Amazonでベストセラーランキング1位を獲得したダウ理論の本

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる