オプション戦略のご紹介

スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
わずか7日間の通知でクライアントを追い出し、資金をブロックする
7月19日、25日(6日間のみ)までの時間を与えるアカウント閉鎖通知を受け取りました。
それ以降、アカウントへのアクセスをブロックする2つのインスタンスがあり、最初のブロックは3/4通の電子メールの後に逆転し、現在は2番目のブロックがまだ残っています。https://direct.fxpro.com.cy/en/での直接ログインへのアクセスもブロックされます。何年もの間、彼らとの取引口座には10,000米ドル以上ありました。これは非常に非倫理的です。私たちは私たちのビジネスを望まないブローカーと働きたくありません。それでも、資金を引き出すことは許されなければなりません。彼らは何をしていますか?本当に?

IV. 監督上の評価項目と諸手続(第一種金融商品取引業)

金融商品市場の仲介者として、重要な役割を果たしている証券会社等においては、危機発生時において、迅速な復旧対策を講じ、必要最低限の業務の継続を確保する等適切な対応を行うことが、国民生活・経済にとっても極めて重要であることから、平時より業務継続体制(Business Continuity Management;BCM)を構築し、危機管理(Crisis Management;CM)マニュアルの策定等を行っておくことが必要である。こうした観点から、証券会社等の監督に当たっては、その業容に応じ、例えば以下の点に留意して、その適切性について検証することとする。

(2) 主な着眼点

(3) 海外拠点を活用した業務継続計画に関する留意点

IV-3-1-7 災害における金融に関する措置

(1) 災害地に対する金融上の措置

(2) 南海トラフ地震の事前避難対象地域内外における金融上の諸措置

b. 発災後の証券会社等の応急措置については 、IV-3-1-7に基づき、適時、的確な措置を講ずることを要請する。

(3) 行政報告

IV-3-2 証券会社等の市場仲介機能等の適切な発揮

IV-3-2-1 市場仲介者としてのオペレーションの信頼性向上

(1) 注文管理体制に係る留意事項

(2) 信用取引に係る代用有価証券の掛目変更に係る留意事項

(3) 証券会社等の電子情報処理組織の管理に係る留意事項

IV-3-2-2 発行体に対するチェック機能の発揮

(1) 引受け等の審査に係る留意事項

(2) スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 親子法人等が発行する株券等の引受けに関する留意事項

(3) 私募CB等の引受け・買受けに係る留意事項

(4) 反社会的勢力関係発行体に係る留意事項 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

IV-3-2-3 投資者に対するチェック機能の発揮

(1) 顧客の不公正取引防止のための売買管理体制に係る留意事項

(2) プレ・ヒアリングに係る留意事項 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

(3) 反社会的勢力関係投資家に係る留意事項

(4) 高速取引行為者に係る留意事項

IV-3-2-4 市場プレイヤーとしての自己規律の維持

  • 株式の誤発注に乗じて、誤発注であることを認識しながら行う株式の買付け
  • 証券会社等(又はその同一グループ内の他の会社)が投資している未公開企業の上場時に、主幹事として行う引受業務及びその後の当該株式の売却
  • 証券会社等(又はその同一グループ内の他の会社)がプリンシパル投資で取得した資産を原資産とする証券化商品を組成し、十分な説明なく他の投資家に販売する行為(リスク転嫁)
  • SPC等を利用した会計操作目的、脱税目的が疑われる証券化スキームの提案・検討

IV-3-2-5 監督手法・対応

IV-3-3 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 店頭デリバティブ取引業に係る業務の適切性

IV-3-3-1 法令等遵守態勢

(1) 通貨関連店頭デリバティブ取引等業者の区分管理に係る留意事項

(2) 有価証券関連店頭デリバティブ取引業者の分別管理に係る留意事項 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

(3) 暗号資産関連店頭デリバティブ取引等業者の区分管理に係る留意事項

(4) 監督手法・対応

IV-3-3-2 勧誘・説明態勢

(1) 広告等に係る留意事項

(2) 説明書類に係る留意事項

(3) 店頭デリバティブ取引の勧誘方法等に関する注意喚起文書の配布に係る留意事項

(4) 店頭金融先物取引業者の説明責任に係る留意事項

(5) 有価証券関連店頭デリバティブ取引業者の説明責任に係る留意事項

(6) 通貨オプション取引・金利スワップ取引等を行う店頭デリバティブ取引業者の説明責任に係る留意事項

(7) 暗号資産関連店頭デリバティブ取引業者の説明責任に係る留意事項

(8) 契約締結前の書面交付に係る留意事項

(9) 委託証拠金その他の保証金の受領に係る書面交付に係る留意事項

(10) 不招請勧誘の禁止規定に係る留意事項

(11) 店頭デリバティブ取引に類する複雑な仕組債・投資信託の勧誘に係る留意事項(合理的根拠適合性・勧誘開始基準)

(12) 監督手法・対応

IV-3-3-3 取引一任契約等

(1) 関係外国金融先物取引業者との取引一任契約に係る留意事項

(2) スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 店頭デリバティブ取引業者の特定同意の範囲について

(3) 監督手法・対応

IV-3-3-4 業務執行態勢

(1) 通貨関連店頭デリバティブ取引等におけるスリッページの取扱いに係る留意事項

(2) 特定店頭オプション取引に係る留意事項

(3) 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に係る留意事項

(4) 電子取引基盤運営業務に係る留意事項

(5) 特定通貨関連店頭デリバティブ取引における取引データの保存・報告に係る留意事項

(6) 監督手法・対応

IV-3-3-5 通貨関連店頭デリバティブ取引に係るリスク管理態勢

(1) 顧客及びカバー取引相手方との取引に係る留意事項 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

システムによるカバー取引に係るシステムリスクについては、基本的には III -2-8における態勢整備の留意点をもって対応することとするが、カバー取引を行う際にカバー取引相手方との間でシステム障害により、取引が行えない場合があることを勘案し、その間の相場の急激な変動等に備えたリスク管理態勢を整備しているか。

(2) 相場が急激に変動した場合の取引に係る留意事項

(3) スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 自己勘定取引に係る留意事項

(4) 個人向けのロスカット取引に係る留意事項

(5) 低スプレッド取引に係る留意事項

(6) 法人向けの特定通貨関連店頭デリバティブ取引(金商業等府令第117条第1項第39号に規定する特定通貨関連店頭デリバティブ取引をいう。)の為替リスク想定比率に係る留意事項

(7) ストレステスト実施に係る留意事項

(スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 8) 監督手法・対応

IV-3-3-6 有価証券関連店頭デリバティブ取引に係るリスク管理態勢

IV-3-3-7 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に係るリスク管理態勢

(1) 顧客及びカバー取引相手方との取引に係る留意事項

(2) 法人向けの特定暗号資産関連店頭デリバティブ取引(金商業等府令第117条第1項第49号に規定する特定暗号資産関連店頭デリバティブ取引をいう。)の暗号資産リスク想定比率に係る留意事項

IV-3-4 商品関連市場デリバティブ取引業に係る業務の適切性

IV-3-4-1 法令等遵守態勢

IV-3-4-2 勧誘・説明態勢

(1) 広告等に係る留意事項

(2) 勧誘受諾意思の確認に係る留意事項

(3) スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 説明書類に係る留意事項

(4) 商品関連市場デリバティブ取引の勧誘方法等に関する注意喚起文書の配布に係る留意事項

(5) 商品関連市場デリバティブ取引業者の説明責任に係る留意事項

(6) 契約締結前の書面交付に係る留意事項

(7) 委託証拠金その他の保証金の受領に係る書面交付に係る留意事項

(8) 監督手法・対応

IV-3-5 電子募集取扱業務を行う金融商品取引業者に係る業務の適切性

IV-3-5-1 電子募集取扱業務を行う金融商品取引業者に対する基本的考え方

IV-3-5-2 電子募集取扱業務の適切性

IV-3-5-2-1 法令等遵守態勢

IV-3-5-2-2 投資者保護のための情報提供

(1) 商号等の表示

(2) 投資者の判断に重要な影響を与える事項の表示

IV-3-5-3 電子申込型電子募集取扱業務等の適切性

IV-3-5-3-1 業務管理体制

(1) 発行者の事業計画等に係る適切な審査

(2) スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 目標募集額の設定及び応募額の取扱いに関する留意点

(3) 申込みの撤回等に関する留意点

(4) 事業の状況についての情報提供の確保

IV-3-5-4 第一種少額電子募集取扱業務の適切性

IV-3-5-4-1 勧誘・説明態勢

(1) 着眼点

(2) 監督手法・対応

IV-3-5-4-2 有価証券の発行価額の総額等に関する留意点

(1) 基本的留意事項

(2) 第一種少額電子募集取扱業務に該当しなくなった場合の留意点

(3) 監督手法・対応

IV-3-6 電子記録移転有価証券表示権利等を取り扱う金融商品取引業者に係る業務の適切性

IV-3-6-1 法令等遵守態勢

IV-3-6-2 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 勧誘・説明態勢

(1) 適合性原則

(2) 広告等に係る留意事項

(3) 電子記録移転有価証券表示権利等の説明に係る留意事項

IV-3-6-3 業務管理体制に係る留意事項

IV-3-6-4 取引時確認等の措置

(1) 電子記録移転有価証券表示権利等の特性等を踏まえたリスクの特定・評価・低減

(2) マネー・ローンダリング及びテロ資金供与への対応

(3) 金融商品取引業者間での取引に係る留意事項

(4) 業務の提携先等に係る留意事項

IV-3-6-5 システムリスク管理態勢

(1) システムリスク管理態勢、システムリスク評価 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説

システム部門は、洗い出したリスクへの対策後の残存リスクを評価し、取締役会に報告をしているか。
なお、システムリスクには、以下のようなものを含めているか。
・ 外部サービスを利用することによって生じるリスク
・ APIの公開・提供・接続等を実施することによって生じるリスク 等

(2) サイバーセキュリティ管理

(3) システム企画・開発・運用管理

システム開発工程に従い、設計/開発に関わるドキュメントやプログラムの作成について規程を策定しているか。なお、システム設計/開発段階では、以下のようなセキュリティに係わる事項を含めること。
スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 具体的なセキュリティ要件を明確化すること
・ セキュアコーディングの実施など脆弱なポイントが生じないように対策を行うこと 等

以下のような内容を含む品質管理についての規程および手順書が策定されているか。
・ レビューを実施し、記録を残すこと
・ 各工程の完了基準を策定し、評価をすること
・ 性能設計を十分なものとし、システムキャパシティ、パフォーマンスの上限値を管理すること
・ システム開発時に限界値把握をすること 等

以下のような点を考慮し、システム運用管理規程および手順書が策定されているか。
・ スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 監視設定において検知時の問題を効率的に切り分ける仕組み
・ 監視にかかわるエスカレーションルールの統一化
・ 作業プロセスに、記録・承認・点検の組み込み
・ システムの運用管理に係る業務の実施状況を文書にて記録し保管 等

システム構成の管理の目的及び方針、適用範囲を定めているか。
また、以下のような点について、構成の把握を行い、管理の有効性を確認しているか。
・ 物理資源(ハードウェア、ネットワーク、サーバー、PC 等)
・ 論理資源(ライセンス、ソフトウェア、接続構成 等)
・ クラウドサービス、第三者への委託業務 等

(4) 外部委託管理

クラウドサービスなど外部サービスを利用する場合には、利用するサービスに応じたリスクを検討し、対策を講じているか。
例えば、以下のような点を実施しているか。
・ 重要なデータを処理・保存する拠点の把握
・ 監査権限・モニタリング権限等の契約書への反映
・ 保証報告書の入手・評価 等

(5) コンティンジェンシープラン

コンティンジェンシープランの策定に当たっては、以下のようなリスクを想定した十分なリスクシナリオとなっている。
・ サイバー攻撃 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
・ 災害、パンデミック
・ システム障害
・ 情報漏えい事案 等

FXでスプレッドが変動する理由は?約定力が高いFX会社3社の比較も

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは、FX専業初の東証プライム上場企業です。

4-2.みんなのFX

みんなのFX

トレイダーズ証券が提供するみんなのFXは、トレイダーズ証券が運営をしており、約定率とスプレッドの狭さで人気があります。スプレッドは米ドル円で0.2銭で取引をすることができます。

4-3.DMMFX

DMM.com証券「DMM FX」

DMM FXはDMM.com証券が提供しています。許容スリッページの設定が可能であり、スプレッドは米ドル円が0.2銭です。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • bitbank(ビットバンク)に新規上場した仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは? - 2022年6月3日
  • アスリートソーシャルプラットフォーム「HEIR」(エア)とは? - 2022年6月3日
  • 2022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】 - スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 2022年6月3日
  • 2022.6.2 マーケットレポート【ドル円は130円を突破】 - 2022年6月2日
  • 「Move to Earn(動く+稼ぐ)」で注目を集めるSTEPNの始め方 - 2022年6月1日

おすすめのFX会社・FXサービスは?

FXネオ

72万口座超の大手FXサービス(2021年7月時点)。業界最狭水準のスプレッドに加え、デモ取引も利用可能!

DMM FX

dmmfx

アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FX投資の人気コラム

FXの最新ニュース

  • 2022/4/25SBIネオモバイル証券「ネオモバ3周年大感謝祭番外編」キャンペーン実施。新成人対象に
  • 2022/4/24SBIネオモバイル証券が国内株式の利用料最大99.8%還元キャンペーン、5/2開始
  • 2022/4/2Z世代の8割超が「18歳になったら投資をはじめたい」LINE証券が投資意識調査
  • 2022/1/18インヴァスト証券、FX取引量に応じて寄付できる「社会貢献ポイント」で21年度に322万円寄付
  • 2021/12/11米CPI公表やオミクロン株による株価の影響は?2021年12月6日~10日の株式・金利マーケットレポート

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FX新規口座開設とお取引で最大30,000円をキャッシュバック


対象
2018年11月に当社FX口座を開設されたお客様
(取引期間は2018年11月01日(木)~2018年12月31日(月)営業終了まで)

申込方法
2018年11月にFX口座を開設された方はエントリー不要でご参加いただけます

特典付与時期
2019年1月上旬頃を予定

キャンペーン内容
対象期間中の条件達成で『もれなく』最大30,000円をキャッシュバック!

・新規 50万通貨以上~新規100万通貨未満のお取引
→1,000円
・新規 100万通貨以上~新規200万通貨未満のお取引 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
→2,000円
・新規 200万通貨以上~新規300万通貨未満のお取引
→3,000円
・新規 300万通貨以上~新規500万通貨未満のお取引
→5,000円
・新規 500万通貨以上~新規1000万通貨未満のお取引
→7,000円 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
・新規 1,000万通貨以上~新規2000万通貨未満のお取引
→10,000円
・新規 2000万通貨以上~新規3000万通貨未満のお取引
→20,000円
・新規 3000万通貨以上のお取引
→30,000円

マネーパートナーズとは

今後とも、マネーパートナーズをどうぞご贔屓ください。

※1 当社100%親会社のマネーパートナーズグループとして
※2 株式会社矢野経済研究所2018年7月実施「外貨両替コスト比較調査」
対象:米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン数量1,000通貨以上の調査結果
※3 2017年12月株式会社矢野経済研究所「FXサービスパフォーマンステスト」において

株式会社マネーパートナーズ
【URL】
https://www.moneypartners.co.jp/
【会社名】
株式会社マネーパートナーズ
・金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第2028号
・加入協会
日本証券業協会 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引協会
・資金移動業の登録番号
関東財務局長第00022号
・加入協会
一般社団法人日本資金決済業協会 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説
【所在地】
東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
【設立】
2008年5月9日
【代表者 】
代表取締役社長 奥山泰全
【事業内容】
金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、
有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、
取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業、商品先物取引業
【資本金】
31億円(2018年3月31日現在)

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

海外FXの評判・口コミが悪い業者 おすすめできない理由をレビュー

海外FX

海外FXの評判

海外FX 評判の悪い業者一覧(詐欺・出金拒否など)

    (FPA 2.682点) (FPA 1.768点) (FPA 詐欺業者扱い) (FPA 1.851点) (FPA 2.219点) (FPA 評価なし) (FPA 詐欺業者扱い) (FPA 詐欺業者扱い) (FPA 2.2点)

海外FXの悪い評判 FxPro

わずか7日間の通知でクライアントを追い出し、資金をブロックする
7月19日、25日(6日間のみ)までの時間を与えるアカウント閉鎖通知を受け取りました。
それ以降、アカウントへのアクセスをブロックする2つのインスタンスがあり、最初のブロックは3/4通の電子メールの後に逆転し、現在は2番目のブロックがまだ残っています。https://direct.fxpro.com.スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 cy/en/での直接ログインへのアクセスもブロックされます。何年もの間、彼らとの取引口座には10,000米ドル以上ありました。これは非常に非倫理的です。私たちは私たちのビジネスを望まないブローカーと働きたくありません。それでも、資金を引き出すことは許されなければなりません。彼らは何をしていますか?本当に?

7日間の通知でスリランカのクライアントを追い出した
7月19日に、Fxproから、スリランカからのクライアントを受け入れなくなり、7日以内にポジションを閉鎖して資金を撤回するか、またはウィーウィルになりますというメールを受け取りました。現在、私は6000米ドルのマイナス残高であり、回復しない場合、彼らは私のポジションをクローズします。特にForexでは、7日間の通知で顧客を追い出すことは、ビジネスが非倫理的であり、人々がオープンポジションを持っていることを知っています。25日が私の締め切りであり、最新情報をお届けします。

デポジット問題(申し立て)
6月21日の夜にクレジットカードで125 USDを、FxProに6月22日の朝にスリルで100ドルを入金しましたが、FxProアカウントにまだお金がありません。
入金取引が資金履歴に表示されません。 。それにもかかわらず、Fx proは私のデビットカードとskrillからお金を取りました。
これに慣れていないのは、預金が取引口座に表示されるのに2分もかからないことです。

情報共有
FxPro
ctrader
1度の注文で1000枚から1-2Pips滑る。
10000枚から3-7Pips滑る。
100ポジション越えた辺りから、インジケータによるが、ソフトが重くなる。
300ポジションのときはほぼフリーズ状態。#fx #FXPO #動作

— §swallow§ (@luckbird67) February 9, 2017

私の使ってるFXPROって業者、パスポートがないと口座開設できません。あと、去年からbitwallet対応になったのですが円建てだと出金出来ません。
日本語サポートも終了です。
そのおかげでまだ去年の利益、出金出来てないと言う😱

— 隼人 (@hayatocococo) February 10, 2019

FXの始め方 [基礎知識から稼げる仕組みまでを徹底解説]

FX

結論、簡単な世界ではないので、FXを始める上で、為替や基礎知識、仕組みを理解する必要があります。

  • FXで稼ぐまでのステップ
    • STEP.1-FXの仕組みと基礎知識を学ぶ
    • STEP.2-証券会社でFXの取引口座を開く
    • STEP.3-チャート(相場)とテクニカルについて学ぶ
    • STEP.4-実際にトレードを経験する
    • STEP.5-トレードで損失を経験する
    • STEP.6-トレードで稼ぐことができるようになる

    とにかく行動あるのみです。

    はじめは「こういうことが必要なんだ」くらいの認識で問題ないです。

    松井証券MATSUI FX
    →100円から取引ができ、レバレッジの倍率を口座ごとに設定でき、 初心者におすすめ。
    DMM FX
    →1Lot=1万通貨から取引可能。 FXに資金を20万円以上使える人におすすめ 。高金利通貨のメキシコペソ/円はスプレッド業界最狭水準の0.2pips。

    FXの仕組み

    FXは、「Foreign Exchange」の略称で、 スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 外国為替証拠金取引 と呼ばれています。

    FXの仕組み

    これがまさに為替の影響です。

    為替の動きは、様々な影響を受けます。
    特に経済状況や通貨ペアそれぞれの情勢に大きく影響を受けて、相対的に推移していく特徴があります。

    FXでは、買いのエントリーと売りのエントリーのどちらでも、相場の状況に応じた取引が可能です。

    全くFXについて知らない人からすれば、「え、それだけしか稼げないの?」と思うかも知れませんが、仕組みの説明をシンプルにすると。仕組みとしては、日々為替は動いています。

    FXは、資金効率のいいトレードということは、僕もこの世界を知る前に何となく知っていました。

    ここから、稼ぐことができる仕組みについて深掘りしていきたいと思います。

    レバレッジ取引

    FXでは、 少額で取引ができ、かつ大きな利益を狙えるトレード の一つです。

    これを可能にしているものが、 レバレッジ取引 と呼ばれる仕組みです。

    一言で言うと、自分の資金を最大25倍の資金で取引できるものです。
    (※個人の場合は最大で25倍、法人の場合は最大10倍)

    資金1万円(25万円)で、
    100ドル=10,000円の時、1円の利益→100円×25倍=2,500の利益になります。

    1万円で例えると、利益もまだ物足りないと思いますが、利益をさらに取りにいくためには、より自己資金を何倍にもしていく必要があります。

    結局は、 投資の世界は自己資金の額が最終的には必要になってくる ことは、FXも変わりません。

    魅力である反面、ハイリスクハイリターンの側面がありますので、レバレッジ取引を最大25倍で大金を使ってしまうと、資金を失う可能性も高いです。

    スプレッドと手数料

    FX取引をするためには、証券口座に登録する必要があります。

    証券会社の純粋な利益は、通貨によってそれぞれ設定されている スプレッドと呼ばれる売値と買値の差 が注文のたびにかかるので、注文の際に手数料がかかることになります。

    実際の注文画面でのスプレッド表記(ドル/円レート)

    FXでは、 売値はBID、買値はASK と表記されますので、合わせて覚えておきましょう。

    pips(ピップス)とは?

    FXでは 、pips(ピップス)と呼ばれる単位で価格差を表示 します。

    1pips=1銭で統一されていて、通貨ペアの値幅を示す最小単位で使用されています。

    FXの1pipsはいくら?

    慣れてくるとpipsの単位はとても便利ですが、その一つに損益の計算が簡単にできる点にあります。

    計算式としては、下記のようにとても簡単です。
    1,000(通貨)×1(Lot)=1,000円

    日頃からpipsを意識して、安定してプラスのpips獲得数を維持できるようになれば、取引数量(Lot数)を増やしていければ、安定した利益を作り続けることができます。

    通貨ペアごとに同じ考え方で取引できることが、pipsの単位の最大のメリットです。

    ロット数

    トレードをする上で、必ず覚えておくべき知識の一つにロット数があります。

    レバレッジをコントロールするということは、ロット数をコントロールすることになります。

    ロット数に必要な証拠金の計算方法

    1ロットあたりの1pipsでどのくらいの利益?

    ロット数に応じた損益は下記の通りになります。

    そのためには、日頃から自分のトレードの記録は、残しておいて振り返りができるようにしておくことも重要なことです。

    注文方法

    FXの注文方法は大きく分けて、6つあります。

    証券会社により、さまざまですが、 スリッページ にも気をつけましょう。

    もちろんご自身のネット環境による所もありますので、 スキャルピングトレード をメインで行うトレーダーにとっては、気をつけないといけない点です。

    成行注文

    現在のレートですぐに取引を約定させたい時に行う注文方法です。

    ワンクリックでトレードの注文を行うことができる一番フレキシブルに対応できる注文方法です。
    注文のたびに設定もする必要もないので、一番やりやすい方法です。

    指値注文

    自分の売買したい価格をあらかじめ設定しておいて、相場が価格に到達した時に注文が約定される注文方法です。

    逆指値注文

    指値注文は、注文を約定させるものですが、それとは逆に想定していない相場の動きになった場合の最大の損失を抑えるために、指定した価格に相場が推移した場合に注文が約定される注文方法です。
    (いわゆる損切りラインと呼ばれているものは、こちらの注文方法方です)

    指値注文は、人によりけりかも知れませんが、逆指値注文は初心者の方ほど、注文の際には設定しておいた方がリスクを最小限にできるので、ぜひ覚えておいた方がいいものです。

    おすすめは成行注文+逆指値注文のセットでトレードに慣れた方が裁量トレード向きな注文方法かも知れません。

    IFD注文

    IFD注文は、新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法です。

    OCO注文

    OCO注文は、「One Cancel the Other」の略です。

    IFO注文

    IFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせる注文方法です。

    24時間相場が動いている

    為替相場の特徴の一つですが、土日を除く平日は常に相場が動いています。

    大きく分けて4つの市場がある

    スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説 インターバンク と呼ばれる市場で取引されている情報をベースに、証券会社がそれぞれ提供している対顧客市場で個人のトレーダーは取引しています。

    日本時間の朝から、オセアニア市場 > アジア市場 > ロンドン市場 > ニューヨーク市場のサイクルで回っています。

    為替市場の1日のサイクル

    通貨によりますが、 ロンドン市場とニューヨーク市場が参入者が最も多く、取引量も多くなる傾向 にあります。

    また、各国の祝日も取引量が少なくなるので、相場が不安定に動くことも多いので、注意が必要です。

    おすすめしない時間帯

    日本時間の朝6-7時前後は、取引量も少なくなり、値動きもほとんどありません。

    スプレッドがこの時間は開きやすい傾向もある ので、あまりその時間で取引するメリットはありません。

    経済指標発表の前後

    通貨ペアにより、注目される指標は異なりますが、各国の経済を指標を発表する日などは、特に予測につかない値動きをすることが多く、初心者の方には、特に注意する必要があります。

    FXのメリット

    長期保有でスワップポイントを毎日得られる

    FXは、キャピタルゲインと呼ばれる差益で得られる利益がメインになります。
    もう一つ 「スワップポイント」と呼ばれる2つの通貨の金利差から得られる利益 があります。

    スワップポイントは、ニューヨークの市場のクローズし、日本時間の朝7時まで保有していれば付与されます。(サマータイムの期間は、1時間早い朝6時に付与されます)

    スイングトレードをメインにトレードしたいと思っている人は、この金利差を理解しておく必要があります。(場合によっては、金利を支払わないといけない場合もあります)

    外貨預金のメリット・デメリットを理解できる

    いわゆる外貨預金では、レバレッジをかけることはできませんが、低レバレッジのスイングトレードであれば、同じ効果を効率的に得ることも可能です。

    2022年1月時点

    FXのデメリット

    ロスカット(強制決済)

    そういった損失の拡大を防止するためにロスカットという仕組みがあります。

    ロスカットは、証拠金上回る損失が出てしまうことを防ぐ仕組みで、 証拠金維持率 が100%を下回った際に自動決済されます。

    追加証拠金→追加で支払わなければならないお金が発生する

    国内FXを扱う証券会社は共通で、この追加証拠金(略して追証とも呼ばれる)という仕組みになっています。

    要約すると、証拠金維持率50%~100%以下に損失を生んでしまった場合、 その補填分の金額を支払わなければならないこと です。

    期日までに対応しなければ、保有中のポジションが強制決済されてしまいます。
    (それまでに証拠金維持率が100%以上になれば、問題ありません)

    ハイレバレッジ取引は追証、ロスカットのもと

    常にロット数を意識しながら、証拠金に対して適正なレバレッジ取引を身につける必要があります。

    FXとは?まとめ

    FXは、どこまで行っても自分との戦いだと思います。

    誰も助けてくれませんし、何より将来の自分のため、資産を築くために始める人がほとんどではないでしょうか?

    松井証券MATSUI FX
    →100円から取引ができ、レバレッジの倍率を口座ごとに設定でき、 初心者におすすめ。
    DMM FX
    →1Lot=1万通貨から取引可能。 FXに資金を20万円以上使える人におすすめ 。高金利通貨のメキシコペソ/円はスプレッド業界最狭水準の0.2pips。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる