バイナリーオプションのコツ

分析方法も解説

分析方法も解説
■得意領域 分析方法も解説
Webサイト改善
SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告

4Cとは何か?4C分析の意味や活用方法、知っておきたい5Cや4P分析との違いも解説

市場の競争が激化する中で、顧客が商品を選択し購入するまでに大きな影響を与える4つの要素を「4C」といいます。「顧客価値(Customer Value)」「顧客のコスト(Cost)」「顧客にとっての利便性(Convenience)」「顧客とのコミュニケーション(Communication)」の4要素から、頭文字のCを取って4Cと表すマーケティング理論です。
4C分析とは、4Cを『顧客側からの目線』で考える分析手法になります。4つの要点を組み合わせて、ターゲットへの最適なアプローチを検討しますが、そもそも4Cとはどのような背景で生まれた概念なのでしょうか。
4C分析の誕生から具体的な考え方まで、以下で詳しく解説します。

●4Cの誕生

●4Cの概要

○顧客価値(Customer Value)
顧客が企業の商品やサービスに抱く価値であり、便利さやわかりやすさ、性能などの品質だけではなく、デザインやブランドイメージなど、顧客にもたらすあらゆる価値を指しています。

4C分析と3C、5C分析との違いは?

3C分析とは「市場や顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3つの要素をまとめて分析し、成功への必須要因である「KSF(Key Success Factor:重要成功要因)」などを把握するマーケティング手法です。市場や顧客ニーズを知り、競合他社のシェアや評価を分析、自社の強みや課題などを洗い出すフレームワークとなります。

5C分析とは「市場や顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」「顧客の顧客(Customer’s Customer)」「顧客の競合(Customer’s Competitor)」という5つの要素からなるフレームワークです。

基本的には3C分析から派生したものといわれ、顧客から見て妥当性があるかを判断する「顧客の顧客(Customer’s Customer)」や、業界全体を広義で捉える「顧客の競合(Customer’s Competitor)」の代わりに、「社会背景(Context)」や「協力者(Collaborator)」をプラスする概念も存在します。4C分析との要素の違いを知っておきましょう。

4C分析の活用方法

○新商品・サービスに活用
4C分析は、新しいアイデアを生み出す上で重要なフレームワークです。
組織内で新商品・新サービスの企画案ができたら4C分析を活用し、それぞれの要素が顧客にもたらす影響を客観的に分析してみましょう。開発者や担当者の主観を入れず、顧客の視点から4Cの要素が魅力的なものになっているかを検証することが重要です。

○既存商品・既存サービスに活用
企業が扱う既存の商品・サービスは、長年取り扱っている商品であればあるほど、時間の経過や社会環境の変化などによって、現在の顧客ニーズとかけ離れてしまうことがあります。最初の企画段階ではカスタマージャーニーを設定し、ターゲット層にフィットしていたとしても、定期的に見直し・改善を行う必要があるでしょう。また、自社のヒット商品などに4Cを照らし合わせて、顧客になぜ選ばれたのかを解析することもおすすめです。
特に、リニューアルで再販売するときや売り上げが下がっている商品・サービスの分析には4Cを活用してみましょう。

○競合他社の分析に活用
市場調査により競合他社を決定し、そのブランド力や戦略を分析することは重要です。自社の商品・サービスに魅力や価値があったとしても、他企業が同等のものを販売していたり、よりよいものを取り扱っていたりする場合は、競争に打ち勝つための施策が必要になるでしょう。
マーケティング戦略を練り上げ、他社との競争を優位なものにするためには、4C分析を他社との比較に活用する方法があります。競合他社は売り上げも含め現在どのような状況にあるのか、ターゲット層からニーズまで、詳しく分析しましょう。

4C分析の注意点とは?

○STP分析を行い、ターゲットを明確化する
4C分析を行う際には、販売戦略の精度を高める「STP分析」が欠かせません。
STP分析とは、「Segmentation(セグメンテーション:市場の細分化)」「Targeting(ターゲティング:市場の決定)」「Positioning(ポジショニング:立ち位置の明確化)」の略称で、ニーズの市場を把握し、自社がどこでどのような価値を提供するかを明確化させるマーケティング手法です。
STP分析ができていない状態では、正確な4C分析は行えません。
市場を細分化して絞り込み、自社商品やサービスを必要とするニーズを熟知してから4C分析を行うようにしましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる