投資徹底攻略

バイナリーオプション規制

バイナリーオプション規制

バイナリーの取引では、取引時間が定められていますが、その大半が短期取引で行われています。

バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は?

今春にも規制が行われる予定のバイナリーオプション。二択型取引が禁止となり、一日の取引数も規制されるため、現在のような爆発的に資産を増やすことが難しくなる。その前に資産を増やしておくべく、業界とのネットワークは随一の投資ライターにも伺った! ◆「二択型」の消滅は既定路線!新たなオプション開発への動き 「バイナリーオプションの主流はGMOクリック証券のような『上がるか・下がるか』だけを予想する『二択型』ですが、そうした二択型オプションは禁止の方向になる」と語るのは、BO事情に詳しい投資ライターの高城泰氏だ。 「昨年12月、二択型の禁止など規制案が発表されましたが、これらはほぼGMOクリック証券を狙い撃ちにした内容。焦点である二択型の禁止は、3月末なのか6月末なのか時期の問題くらいで、ほぼ不可避の状況です。BOを手がける各社は二択型の禁止を前提に次を考えています」 今回の規制は法改正ではなく、業界団体による「自主規制」。しかし、各社とも従う方針だ。そのため、現在のBOのほとんどは二択型なので、商品設計を大幅に変更するか、あるいは廃止するといった選択になる。 「規制理由として、表向きは『過度な投機性の抑制』を求める金融庁の意向とされています。BOはハイリスク・ハイリターンすぎるということですが、実際にはそれだけでもなさそう。老舗系の証券会社は投機性が高すぎてBOに手が出せず、GMOクリック証券など新興の会社が儲けるのを指をくわえて見ているだけでした。そこで『だったら規制をかけてやれ』という力も働いているようです。ただBO自体がなくなるわけではありません。設定価格に達するかどうかを予想する『ラダー型』などのBOは残りますし、BOを大きな収益源としていたGMOクリック証券なども新たな商品を出してくるでしょう」 そのとき再び荒稼ぎする手法が生み出されることを期待したい。 ■バイナリーオプション規制で禁止される主な項目とは? (1)「二択型」商品の禁止 (2)一日の取引、損失総額などに上限 (3)業者の総取り・「レンジ外」の禁止 (バイナリーオプション規制 4)締め切り時間前の「転売不可」禁止 (5)「完売」の基準を明示 【高城 泰氏】 個人投資家向けの情報提供も行う投資ライター。投資業界とのネットワークは随一。ヨミウリ・オンラインで連載中 取材・文/ミドルマン ― 規制前に荒稼ぎ!バイナリーオプションで夢の[億超え]最終案内【3】 ―

規制されているバイナリーオプション業者2015

2000年半ばのローンチから バイナリーオプションは、正当な投資の形式とは反対ににギャンブルの類とされ多くの経済機関から取引の“ワイルドウエスト”とされてきました。例えば、多くのバイナリーオプション業者はキプロス(CySEC)のような オフショアのタックスヘブンに所在しており、この小さな国のバンキングと金融機関のもろさから、これ自体が大きな問題とされていました。最近までバイナリーオプション業者は最低限の制限事項と法律に関する必須条件を満たす必要があるだけだったことから、現金の凍結などこの市場はブローカーの違反が多数報告されており、現在ではバイナリーオプション業界が大きな改革が行われるレベルまでひどいものになっていました。実際世界中の多くの国が自国で運営するバイナリーオプション業者により厳格な指導を行っています。バイナリーオプション業者が政府の規制機関からきちんとライセンスを得るようになってからは、その機関の規制に遵守して合法的に製品やサービスを提供しなければならなくなりました。具体的には、完全に規制されたブローカーのクライアントは投資された資金に対して高いレベルでの保護を受けることができ、運営の透明性も増すようになりました。 世界の主要なバイナリーオプション規制機関 世界のほとんどの主要国は規制っ機関を設けておりバイナリーオプション市場を規制しています。下記が主要な機関です:

Commodity Futures Trading Commission (米商品先物取引委員会)

Cyprus Securities and Exchange Commission (キプロス 証券取引委員会)

Financial Service Authority (金融サービス機構)

Australian Securities and Investments Commission(オーストラリア証券取引委員会)

Dubai International Financial Center(ドバイインターナショナル・ファイナンシャルセンター)

Federal Financial Markets Service(連邦金融市場監督機構)

バイナリーオプションビジネスの規制は世界中で急速なペースで発展しており、下記は主要な国々の現在の状況についての説明になります。2.1 USA 1974年米議会により認可されたCommodity Futures Trading Commission Act(商品先物取引委員会法)の結果、同年CTFCが制定されました。CFTCの主な目的はバイナリーオプションを含む先物市場を規制して詐欺や偽りのブローカーからトレーダーを保護することです。また米国の金融市場を信頼のおけるものにし、初心者が認識し得ない損を被らないように透明性をもたせ、かつ競争力を保っています。 最近設定されたDodd-Frank法もまた米国のバイナリーぷション業界に大きな影響を与えています。この法律は主に北米の投資家が2008年の金融危機の時のように大きな被害を被らないよう、さらなる保護と安全対策を生んでいます。例えば、バイナリーオプションで指数や先物を取引することは合法ですが、FXと証券市場は法的に取引できなくなりました。この法率は米国の市場に大きな波及効果を生むことになり、 最大なインパクトとしてはブローカーが米国に対してフレンドリーかそうでないかの二極に分かれてしまいました。フレンドリーなブローカーは米国市民を新規顧客として迎えることができますが、そうでないブローカーはそれができません。2.2. カナダ カナダにはバイナリーオプション業界を監視する特別に認められた規制機関がなく、この投資セクターで取引をするカナダ人を規制する法的条件もありません。 実際いくつかの主要なブローカーは本社をカナダにおいていますが、最近までこの国はバイナリーオプション市場の中ではスモールプレーヤーとされてきました。しかしながら、カナダ人は法的な規制を受けないことから最近は注目度が大きく高まり多くのカナダ人がバイナリーオプションで取引をするようになりました。 2.3 英国 英国で運営されている一流ブローカーはFinancial Control Authority (FCA)により規制されています。元々の規制機関はFinancial Services Authority (FSA―金融サービス機構) で、これがPRA(Prudential Regulatory Authority―健全性規制機構)とFCAに分かれてから2013年4月にFCAに置き換えられました。 FCAの主な目的は英国の金融市場で取引する投資家を保護することで、バイナリーオプション取引をする投資家はFCAに規制されているバイナリーオプションのブローカーを選択するよう推奨されています。FCAに認可されているブローカーはFACのウェブサイト(fca.org.uk)にてすぐ確認することができます。 2.4 ヨーロッパ 2013年の初頭からヨーロッパ地域のバイナリーオプション市場はCyprus Securities and Exchange Commission (CySEC―キプロス 証券取引委員会)に規制されています。CySecの最も主な目的は右記の通りです:1. ヨーロッパ地域内のバイナリーオプション市場の監視をする。 2. 犯罪行為、マネーロンダリングや詐欺などを排除するため、バイナリーオプション製品およびサービスをサポートする全てのブローカーの評価と管理をする。3. 金融報告書、広告やプロモーションなどを含む、バイナリーオプション業者が一般市民に発信した全てのデータの真実性と信頼性を確認する。 4. バイナリーオプション業者によって行われた全ての取引に真実性があり完全に透明性があるか確認する。5. バイナリーオプション業者に入金された取引資金を倒産またはその他の金融問題から保護する。 2.5 オーストラリア オーストラリアのバイナリーオプション市場はAustralian Securities and Investments Commission (ASICーオーストラリア取引委員会)に監視されています。ブローカーが真実性と透明性をもって運営していることを保証するため、この機関が許可・管理をしています。結果、 完全な整合性をもったプロフェッショナルな作法で金融取引があれていることを保証し、銀行、金融企業、信用組合やモーゲージブローカーなどの監視をする責任を負っています。ASICの主なゴールは下記の通りです:

  1. オーストラリアの金融市場の規制や法律を守らせる。
  2. 規制された企業の財政記録を集め、確認し、公表する。取引が公正であるよう、企業は指定された期間の正確な金融パフォーマンスの情報を提出しなければならない。

2.バイナリーオプション規制 6 南アフリカ The Bond Exchange of South Africa (BESA)は2007年に革新的な取引プラットフォームをローンチし、南アフリカのトレーダーがバイナリーオプションを取引できるようにしました。このプラットフォームが完全に保証されてから2007年12月中に金融市場での取引への使用を開始しました。その頃からバイナリーオプションは受け入れられ大きく興味を持たれました。しかしながら、最近の分析では、南アフリカのバイナリーオプション業界は証券サービス法や金融サービス委員会など国の規制機関に監視されていないことが証明されたので実際はこのマーケットセクターの南アフリカのトレーダーは最低限しか保護されていません。 2.7 アラブ首長国連邦 (UAE) アラブ首長国連邦は2つの金融地域があり独立した規制機関でバイナリーオプションの管理をしています。 Dubai International Financial Center (DIFCードバイインターナショナルファイナンシャルセンター)は内部の規制機関 Dubai Financial Services Authority (DFSA)により監視されており、その他はCentral バイナリーオプション規制 Bank of the UAEやMinistry of Economy Planning and the Emirates Securities and Commodities Authority (ESCA)などの内部機関によって監視されています。2004年には中東で一流の金融環境を生み出す目的でDIFCがローンチしました。DFSAは詐欺やマネーロンダリングに関わる犯罪を排除するのに大きな権力を持っていますが、UAEのその他はDIFCと違いバイナリーオプション規制機関に特化していません。 Central Bankはバンキングや取引の規制を監視する責任があり、ESCAは資産投資の重要なセクターをみています。 最近の変化 現在急スピードで進められているバイナリーオプション市場の規定のアップデートについては評価に値します。例えば、バイナリーオプション業者はジブラルタル、ケイマンアイランドやキプロスなどのタックスヘブンで登録されているところしか選択できなかったところが今ではグローバルで選択することができます。直近数ヶ月での重要な変更は下記を含みます:

バイナリーオプションで[億超え]のラストチャンス

今春にも規制が行われる予定のバイナリーオプション。二択型取引が禁止となり、一日の取引数も規制されるため、現在のような爆発的に資産を増やすことが難しくなる。その前に資産を増やしておくべく、荒稼ぎ中の有名トレーダーにバイナリーの手法を教えてもらった!【後編】 バイナリーオプション規制 ⇒【前編】規制前に荒稼ぎ!バイナリーオプションで[億超え]最終案内 はコチラ https://nikkan-spa.jp/370125 ◆BOの王道手法は「レンジ相場の逆張り」 BO初心者でもすぐにマネできるやり方を前編で紹介したが、もう少し上達したら、取り入れてみたいのがBOを得意とするブロガーNackie氏の手法だ。 「最近よくやっているのは、ボリンジャーバンドを使ったレンジ相場での逆張りですね。ボリンジャーバンドが収束してきたら、直近の高値・安値に水平線を引いて、そこへ近づいてきたら反転する方向のオプションを買うんです(※図参照 https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=370155)。水平線と移動平均線が重なったときだと、より高い確度で反転します」

レンジ相場

あんこサインと違い、裁量の部分が大きくはなるが、これは規制後のBOやFXでも使える王道の考え方。そして、もう一つBOで大切なのが「張り方」だ。 「僕がやっていたのがマーチンゲール。負けたら次は投資額を2倍にするやり方で、連敗しても最後に勝てば儲かる。怖いのは連敗が続くことですが、GMOクリック証券だと最低投資額が1000円。元手3万円で始めて1000円から取引しても5連敗しない限りは勝てるわけです。あんこサインで1200回ほど取引した結果、勝率は58%でした」(あんこ氏) 最後に、BOで注意しなければならないのが、メンタルだ。 「BOは短期で結果が出るため、つい熱くなりがち。張り方のルールを守れず、大きな損失を重ねてしまうことがあります。僕も熱くなって一日100万円以上ヤラレたことがある」(Nackie氏) 規制後はこうした取引ができなくなる可能性がある。今こそBOで資産を増やすチャンスに挑む価値はありそうだ。 【あんこ氏】 バイナリーオプション規制 ニコニコ生放送でBOブームを牽引した老舗の生主。「あんこチャンネル」ではエンタメ性あふれる放送と、リスクを恐れぬ取引で多くの視聴者を集める 【Nackie氏】 バイナリーオプション規制 有名FXブロガー、アンディ氏の弟子筋。FXでは手痛い目を見るも、BOで開眼。昨年だけで元手20万円を約2000万円まで増やし、50万円の腕時計を購入した 図/ミューズグラフィック ― 規制前に荒稼ぎ!バイナリーオプションで夢の[億超え]最終案内【2】 ―

国内バイナリーオプション、規制のため終了の運びとなりました

国内バイナリーオプション、規制で稼げずに終了の運びとなりました

バイナリーオプションとは

結論から申し上げると、国内バイナリーオプション業者で稼ごうとするのは無謀です。

間違った業者を選べばバイナリーオプションで稼ぐ難易度が爆上がりする ので、正しい業者を選ぶ方法を覚えていってください!

国内バイナリーオプション規制の理由とは

国内バイナリーオプション規制の理由とは

国内バイナリーオプションに規制がかけられた理由としては
「短期間で資金が2倍になる」という規制前のバイナリーオプションのギャンブル性が非常に高く、のめり込みすぎて大損をする人が後を絶えなかったことにあります

バイナリーオプションはれっきとした投資サービスの一環なのに
ちゃんと稼ぐための準備を完全にスルーして、 楽に稼げることにしか目がいかない人が多いのがそもそもの原因 ですね。

国内バイナリーオプションの主な規制内容

国内バイナリーオプションの主な規制内容

というわけで、国内バイナリーオプションにかけられた主な規制と、その規制によって取引の方法がどう変化したのか。
つまり国内バイナリーオプションの人気がなくなった理由について解説していきます。

  • 判定時刻の固定
  • 変動制のペイアウト率
  • 知識確認テストの実施
  • 取引限度額の設定

判定時刻の固定

国内バイナリーオプションは、規制によって2時間ごとの判定時間で固定となりました

この規制により、さっきお伝えした 「短期間で資金が2倍になる」旨味を完全になくしてしまった ことが、国内バイナリーオプションの人気がなくなった1番の原因

要するに、1日に稼げる金額が決まってしまったってことですね
誤解を恐れず言えば、夢も希望も何もないクソつまらない取引になったって覚えてもらえばOKです

変動制のペイアウト率

取引時間の制限にさらに輪をかけて、ペイアウト率も固定から変動性へと変化していきました

予想が比較的当たりやすいポジションはペイアウト率が低くなり
よほど大きな何かが起こらなきゃ当たらないだろってポジションはペイアウト率15倍を超えたりと、 とにかく不安定な取引になりがち

知識確認テストの実施

内容自体は大して難しくないし、何なら国内バイナリーオプション業者のサイトでカンニングしながら受験できるので、まぁ形式上って言葉がよく似合うテストって感じですね

要するに、バイナリーオプションを始めるための余計な手間が発生するって覚えてもらえばOKです

取引限度額の設定

年間を通しての取引限度額にまで、バイナリーオプション規制の手は及びます

内容としては、自分の許容できる取引と損失の範囲を申告して、それ以上の金額に達したら、 その年は取引に制限がかかるシステム となりました

エンジンがやっとかかってきた頃に足止めされるほどツラいことってそんなにないですよね

バイナリーオプションで稼ぐなら規制のない海外業者

バイナリーオプションで稼ぐなら規制のない海外業者

国内バイナリーはお粗末なFXと化し、完全に終了の方向へと向かっています

つまり バイナリーオプションで稼ぎたい人がとるべき行動は、海外業者で「本物の」バイナリーオプションをやること しか選択肢が残されていません

海外業者だから危険は間違い

バイナリーオプション関連のサイトを色々と覗いているとよく見かけるのが
「海外業者はみんな危険」という頭ごなしな意見ですが、これは大間違いです

確かに詐欺前提の海外バイナリーオプション業者は多いですが
その中にも 信託保全に入ったり、金融ライセンスを取得して健全な運営をしている業者があるのも事実。

イヤミな上司が言う「最近の若い奴はみんなダメ」という色眼鏡なのか
はたまた稼げない国内バイナリーオプション業者に誘導するための大嘘なのか…どっちかは知りませんが(笑)

海外業者の攻略情報が多い

取引回数に制限がないから稼ぎやすい

海外バイナリーオプション業者は、規制も何もないため「本物」のバイナリーオプションができます

バイナリーオプション規制
国内BO 海外BO
ペイアウト率 変動制 固定(およそ2倍)
判定時間 2時間ごと 30秒~1日まで
取引回数 最大12回まで 無制限
取引限度額 自分で設定 無制限

海外バイナリーオプション規制はしばらくない

僕としては非常に悲しい話なのですが
バイナリーオプションは規制のあとから一気に人気がなくなりました

ただし悲観することだけではなく
裏を返すならば、 廃れてきたから大きなトラブルが起こりづらくなった とも捉えられます

稼げる業者はハイローオーストラリア一択

最後にすごく大切なことをお伝えしますが、海外業者を使うなら、間違いなくハイローオーストラリアにするべきです

理由は圧倒的なペイアウト率とすべて無料の手数料、そして日本語サポートという稼ぎやすい環境が整っているからなので
冗談とか煽りとかすべて抜きだとしても、ハイローオーストラリアで取引しない意味が分からないレベルです

【禁止】国内バイナリーオプション、規制にて終了のお知らせ。

バイナリーオプション業者

  • バイナリーオプションの規制について
  • バイナリーオプションの規制の歴史を紹介
  • バイナリーオプションの規制の抜け道を紹介

結論、ハイローオーストラリア以外で取引すると確実に大損するよって話です。

バイナリーオプション規制って?

バイナリーオプション規制って?


バイナリーオプションの規制とは、その名の通り取引における規制です。

これは日本国内で取引を行う際に適用され、とにかく取引の弊害となり、規制後はバイナリーオプション業界のほとんどの国内業者が大打撃を受けました。

バイナリーオプションの規制が厳しい理由

バイナリーオプションは、国からギャンブル性が問題視された為、これまで短期取引を行えていたものに規制がかかり、FX化してしまいました。

【規制後】トレーダーの90%はハイローに流れた

【規制後】トレーダーの90%はハイローに流れた


短期取引が無ければバイナリーオプションの意味がありません。

ほとんどがハイローオーストラリアで話をしている

ハイローオーストラリア

バイナリーオプションの規制4つ

バイナリーオプションの規制4つ

バイナリーオプション規制遍歴

2012年末 バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
2013年 ワーキンググループが自主規制についての最終報告
2013年7月3日 内閣府令によって公的規制が導入
2013年7月18日 金融先物取引業協会よりガイドライン発表
2013年8月1日 内閣府令によって公的規制実施
2013年8月1日 現行ルールのバイナリーオプションへの新規参入不可
2013年11月30日 現行ルールのバイナリーオプション停止

2013年からは特に何も動きは無いですが、いや~、とことんやりますよね本当(笑)

バイナリーオプション規制の具体内容

規制①短時間取引の禁止

規制①短時間取引の禁止


バイナリーの取引では、取引時間が定められていますが、その大半が短期取引で行われています。

短期取引で勝てるロジックを見つけ、数を打ち全体的な勝率を上げるのが最も効率よく勝てる方法なんですが、なんとこの規制のおかげでそれができなくなりました。

規制②「総取り」禁止

規制②「総取り」禁止

一昔前のバイナリーオプションでは、一定のラインを超えると負け判定になる設定があって、マジで業者しか得しなかったんですけど、これが無くなりました。

規制③ペイアウト率が変わる

規制③ペイアウト率が変わる

それを…このクソアプデはチャートの変動幅によってペイアウト率を変動させる仕組みにしたせいで、完全にFX化。マジでクソ。

規制④2WAY式価格表示

規制④2WAY式価格表示


上か下かを予想するだけだったバイナリーオプションに、「買い」と「売り」システム追加して完全にFX化。

国内バイナリーの宣伝に要注意!

国内バイナリーの宣伝に要注意!


とまあ、誰がどう見てもクソアプデなのがわかるバイナリーオプションの規制。

なんとこれを利用して、上の画像のように国内バイナリーに登録させようとする初心者狩りが存在するわけですよ、はい。

国内バイナリーはFX化したのでクソです

国内バイナリーはFX

  • ペイアウト率変動制で勝率が高くてもなぜか負ける
  • 取引回数12回=チャンスは12回→無理ゲー
  • 「売り」「買い」システムでFX化

バイナリーは海外業者1択

バイナリーは海外業者1択


なんで、今からバイナリーを始める人は絶対海外業者で取引してください。

Youtubeのバイナリー動画とか見るとわかると思うんですけど、9割ハイローオーストラリアです。

バイナリーオプションを詳しく勉強したい方は

僕のバイナリーオプションの師匠みたいな人が、バイナリーオプションのLINE@で質問受付や攻略法の紹介なんかをしてるんで、初心者は友だち追加してみると良いですよ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる