投資徹底攻略

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

金銭を金融商品等に変換し、あるいは事業に充当して利益を得る行為。株式、債券、不動産などを取得して配当等を受け取る方法、それらを売買して差額を得る方法、事業に出資する方法などがある。 例えば、「株式投資」または「不動産投資」は株式または不動産を金銭運用の対象とする投資、「投資信託」は投資利益を証券化した金融商品で信託のしくみを使うもの、「投資ファンド」は共同で投資するために集めた資金のことである。 投資は、費用とリスクを伴う。不動産投資を例にすれば、取引に伴って税(取引の内容に応じて、不動産取得税、印紙税、譲渡所得税、固定資産税など)や手数料を負担する必要があるほか、不動産価格の変動などによって賃貸料の減少や売却損が生じる恐れがある。 なお、経済学でも「投資」という用語を使うが、その意味は、一般的な意味とはまったく違うので注意が必要である。経済学でいう「投資」は、「消費」と対比した用語で、一定期間における実物資産の増加分(使われないで次の期に積み上がる資産)をいう。この場合、「投資」は事後的に「貯蓄」と等しくなる。

不動産投資

資金を不動産(土地・建物)の購入・賃貸に充てて運用し、収益を得ることをいう。運用益は、不動産価格の上昇益(キャピタルゲイン)または賃貸料収入(インカムゲイン)として得ることになる。 不動産投資は、自らが不動産を購入・賃貸する方法によるほか、不動産投資信託(REIT)のように投資の判断・運用を専門家に委ねる方法もある。 専門家が投資を判断・運用する方法による場合には、投資家は、あたかも株式を売買するように、不動産を証券化した金融商品を売買するかたちで投資するのが一般的である。 投資は一般に、高利回りの投資は大きなリスクを伴い(ハイリスク・ハイリターン)、リスクが小さい投資は利回りが低い(ローリスク・ローリターン)とされている。

オルタナティブ投資とは

プライベート市場での投資を通じて、相関の低い分散されたポートフォリオを構築する方法について説明します。

オルタナティブ投資を理解する

  • Go to slide プライベート市場がリターンを補完
  • Go to slide 低い個人投資家のエクスポージャー
  • Go to slide 縮小が進む
    パブリック市場

プライベート市場がリターンを補完

低い個人投資家のエクスポージャー

出所:Willis Towers Watson「Global Pension Assets Study」(2019年)、National Association of College and University Business Officers「TIAA Study of Endowments」(2019年)、Money Management Institute「Retail Distribution of Alternative Investments」(2017年)寄付基金については、オルタナティブ資産への配分は公立大学のみを対象に、リキッド・オルタナティブ、プライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、および実物資産(インフレ連動債、リート、コモディティ・先物、上場マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)、上場天然資源株、非上場のエネルギー、鉱業、農業、林業を含む)への配分を表します。記載の平均値は米ドル加重です。

縮小が進むパブリック市場

ブラックストーン・ユニバーシティ

このビデオ・シリーズでは、ブラックストーンの各投資部門の責任者がプライベート市場に関する基礎知識を説明します。

プライベート・エクイティ

クレジット

ヘッジファンド

セカンダリー

よくある質問

オルタナティブ投資をなぜ行うべきなのでしょうか?

オルタナティブ投資を行う際の課題を教えてください。

流動性の低いファンドに投資する場合、解約が制限される期間は平均してどのくらいですか?

主にどのような投資家がオルタナティブ投資を行いますか?

オルタナティブ投資の例をいくつか挙げてください。

Contact Information and Consent Request

Blackstone Cookie Policy

This website uses cookies, including third-party cookies, in order to obtain information about your visit to the website and make this website better. Please click here if you would like more information about the オルタナティブ投資とは cookies used on this オルタナティブ投資とは website and how to change your cookie settings. Otherwise, we will assume you're OK to continue.

オルタナティブ投資 (おるたなてぃぶとうし)

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 オルタナティブ投資とは また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

オルタナティブ資産運用、2026年には23.21兆米ドルに - 英リサーチ会社Preqinより2022年版グローバルレポートを発表

” Home of Alternatives” をコンセプトに、オルタナティブ投資に特化したデータ、ツール、インサイトを提供するPreqin合同会社(本社イギリス、以下プレキン)は、2022年版の「Preqin Global Alternatives Report(以下グローバルレポート)」シリーズ計7冊と、「オルタナティブ投資動向2022」を公開しましたので、お知らせいたします。
無料ダウンロード:https://go.preqin.com/download-alternatives-in-2022-jp

オルタナティブ業界の運⽤資産残⾼(AUM)は2010年以来、毎年増加を続けてきました。業界のファンドマネージャー たちは、現在総額13兆⽶ドルを超える資産を運⽤しており、2026年末のAUMは23.21兆⽶ドルにも上る⾒通しです。
2021年は、オルタナティブ投資の歴史の中で、極めて重要な一年でした。各国政府や経済がパンデミックの影響を引きずる中、プライベートキャピタルとヘッジファンド業界は盛り上がりを見せました。資金調達から投資活動、パフォーマンスまで、すべてが好調に推移し、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル、プライベートデット、インフラ、天然資源がとりわけ良好なパフォーマンスを上げています。
2020年にレジリエンスを発揮したオルタナティブ資産は、2021年、急速に変化する環境の中でも、変化に適応し、うまく成長していけることを証明しました。債券をはじめとする伝統的資産からのリターン低下が予想されることから、年金基金やエンダウメント、ファミリーオフィス等の機関投資家は、オルタナティブ資産への投資意欲を高めていると言えます。

  • レポートサマリー(抜粋)

86%の機関投資家がこれまでと同額またはそれ以上の投資を予定
300を超える機関投資家が回答した2021年11月のプレキンサーベイによると、ほとんどの投資家が引き続きオルタナティブ投資プログラムにコミットしていることが明らかです。投資家は、オルタナティブ資産の高い絶対リターンとリスク調整後リターン、分散効果を高く評価しています。実際、平均86%のオルタナティブ投資家が、昨年、期待通りまたは期待以上のパフォーマンスが得られたと回答しました。資産をめぐる競争やバリュエーション、金利の上昇が投資家にとって最大の懸念事項となる中、半数以上(51%)の投資家が、今後12ヶ月、昨年と同額程度の投資を継続し、3分の1以上(35%)がオルタナティブ資産への投資を増やすことを検討しているもようです。

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルがリード、ESG投資が加速

プライベート市場の「リテール化」がゆっくりと進む
米国司法省が確定拠出年金(401k)によるプライベートエクイティへの投資を一部認めるなど、規制改革の面で一定の進展が見られました。しかしながら、オルタナティブ投資の「リテール化(個人投資家への開放)」に向けた動きは、総じて遅れていると言えます。とは言っても、今後数年間の内に、個人投資家がオルタナティブ投資の領域で、より大きな存在感を放つようになるとプレキンは予測しています。「リテール化」の進展は、オルタナティブ業界の知名度や評判に多大な影響を与えることになるでしょう。これは、最終的には、ポジティブな展開となり、従来不透明であったオルタナティブ市場の透明性が高まるきっかけとなるかもしれません。

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

他のオルタナティブ投資に比べると、一番親しみやすい方法と言えます。現物不動産、つまり土地やその土地にある建物(定着物)を購入、あるいは投資をして価値の値上がりを狙うものです。もちろん不動産の現物を購入するにはそれ相当の資金が必要となるのですが、時代とともに不動産商品も多様化。 REIT のようにオフィスビルや商業用施設を分配、家賃収入を得るといった 新しい投資法 もあるので、挑戦してみるのも手です。

コモディティ(商品先物)

コモディティは原油や農作物、金などの商品を指します。特にリーマンショック以降、 金の人気は不動 の地位を獲得。有事の際(例・イギリスのEU離脱の際)にも金だけは商品価値が上昇する傾向があり、 分散投資 の対象として有効です。コモディティ投資をするのなら、まずは金がおすすめと言えます。

オルタナティブ投資の メリット

オルタナティブ投資のメリット

オルタナティブ投資における最大のメリットは、 市場の変動からの影響を受けにくい ことです。この投資方法であれば株券や債券と連動性が低いため、たとえ市場が低迷していても、収益を狙えます。

また、 リスク回避 も大きなメリット。ご紹介したようにオルタナティブ投資では広い範囲での投資が可能です。多様な商品に投資しておけば、ひとつが価値の暴落に見舞われても危険が減ります。ある商品の資産価値が落ちるときには、別の商品へ現金は流入しているのが一般的です。つまり 分散投資 を行なうことで、ひとつの商品で損をしてもトータルの資金ではプラスに持っていくことが可能。

オルタナティブ投資の デメリット

投資家としてはメリットも多いオルタナティブ投資ですが、デメリットもあります。まずひとつに、扱う商品が多いため、株券などと違って価格価値が複雑で 収益構造 の把握が難しくなりがちということです。さらに株価などとは違い、市場での流動性が低く、 短期投資には向かない 点が挙げられます。

また、オルタナティブ投資では 元手がかかる のもデメリット。土地や企業、金への投資にはどうしても元手が要ります。しかも収益が出るまでに基本的に 長い時間が必要 です。その途中で投資した企業の経営が傾けば、当然被害を受けます。リターンが大きいのはオルタナティブ投資の魅力ですが、一方で長期の投資にはこうしたデメリットは避けられません。

オルタナティブ投資に 向いている人 とは

オルタナティブ投資は、 オルタナティブ投資とは 長期的運営 ができ、資産の分散を希望する人にこそ最も向いています。分散投資を行なえる資産を有していれば、リスクヘッジ、リターン向上を狙うためにオルタナティブ投資は 非常に有効 です。

他には 絶対的収益 を目指す人も、オルタナティブ投資に向いていると言えます。市場の上がり下がりに左右されず大きなリターンが欲しいのなら、これほど向いている投資法もありません。

リーマンショック以降は、株、債券の分散年投資だけでは リスク回避 が難しいとされる時代です。海外では実際に多くの投資家がヘッジファンドをはじめとしたオルタナティブ投資に傾注しています。投資家としてある程度の資産を保有し、さらなる飛躍を目指したいという人は、オルタナティブ投資をはじめてみても良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる