テクニカル指標

テクニカル分析とは何ですか

テクニカル分析とは何ですか
LINE FX

USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン

[ソウル 9日 ロイター] - 韓国で9日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者数は686人で、疾病予防管理庁(KDCA)によると、1日単位では感染拡大開始以来2番目の多さとな.

[ソウル 27日 ロイター] - 韓国で27日に確認された新型コロナウイルス感染者は569人と2日連続で500人を超えた。感染第3波が全国に広がり当局は病床の確保に奔走している。.

[ソウル 13日 ロイター] - 韓国疾病予防管理庁(KDCA)の13日発表によると、前日確認された新型コロナウイルス感染者数が6日ぶりに100人を超えた。12日午前0時時点の新.

USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン 分析

テクニカルサマリー

ローソク足パターン

Engulfing Bearish1W Engulfing Bearish1D Three Outside Down Bearish5H Engulfing Bearish5H Doji Star Bearish1D

経済指標カレンダー

通貨エクスプローラー

USD/KRW 掲示板

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion テクニカル分析とは何ですか Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

銘柄の選び方②(チャート分析)

チャート種類のサンプル画像

では、この移動平均線をどのように使うのでしょうか?
移動平均線は、期間中にこの値段で株を購入した人の平均の取得価格ですので、移動平均線より現在の価格が高ければ割高、低ければ割安との判断が出来ます。また、折れ線グラフですので、上下どちらかに傾く修正があり、その銘柄が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかといった判断材料にもなります。ただし、急激に株価が上下した場合、この指標を見て市場で買い注文や、売り注文が集まることもあり、割高と思っていても株価が上昇するケースなどもあり、相場が乱高下する局面では指標としての機能が働かない場合がある為、注意が必要です。
また、移動平均線の組み合わせで投資のタイミングを図ることも多く、例えば、日足チャートで、株価下落時に25日移動平均線(短期の移動平均線)が、75日移動平均線(長期の移動平均線)を下から上抜いた状況を【ゴールデンクロス】と呼びますが、株価が上昇に転じるサインとされております。

ゴールデンクロスのサンプル画像

デッドクロスのサンプル画像

チャートの形から予測

ローソク足の基本

ダブルボトムとは、株価が下落トレンドから反転して上昇するも、失速し前回つけた安値付近まで下落するも、下げ止まって再び反転した場合にチャートの形がアルファベットの「W」の形になることを指します(下図参照)。前回につけた安値を更新しなかったことで、下落トレンドが終わったと考える投資家が多く、上昇トレンドに転じることが多い為、株価が反転するチャートの形として知られております。「W」の形の中心の高値を上回ると買いのサインだとされております。
また、ダブルボトムより強いチャートパーターンとしてトリプルボトムというチャートパターンがあります。ダブルボトムでは谷が2つ(安値を2回つける)だったのに対し、トリプルボトムでは谷が3つ(安値を3回つける)で、かつ2回目の安値が他の安値に比べて低いチャートの形を示すのが特徴です(下図参照)。3つめの安値が2つめの安値を下回らずに株価が上昇基調に転じたことで、大底をつけた(これ以上株価が下がらない)と判断され、ダブルボトムより強い上昇サインとして知られております。一般的には谷からの上昇時につけた2回の高値を上回ると買いのサインだとされております。
ダブルボトム、トリプルボトムに対して、上昇トレンドの株が天井圏に達した時に現れるのがダブルトップ・トリプルトップになります。保有銘柄が上昇して、売り時が分からない場合などに活用することも可能です。

【テクニカル分析とは?】チャートだけで億万長者に!?株式投資でファンダメンタルズの対極にあるおすすめの分析手法を種類毎に紹介する!

【テクニカル分析】チャートだけで億万長者に?ファンダメンタルズの対極にある分析手法の基本知識を紹介。

家三郎

そもそもテクニカル分析とは?

テクニカル分析とは?ファンダメンタル分析との違いを含めてわかりやすく解説する。

チャートの基礎

チャートとは?わかりやすく基礎から解説

超基本!相場の流れをよむための『トレンドライン』

トレンドラインの引き方

トレンドラインとは?株式投資初心者でも使えるトレンドラインの引き方を紹介。

チャート分析の基本中の基本!ローソク足の見方

上記のテクニカル分析で活躍する「チャート」。

ローソク足

ローソク足は実は遡ること250年前の江戸時代に日本で開発された手法で、酒田五法で有名な「本間宗久氏」によって開発されました。

  • ローソク足の基本と見方
  • ローソク足の種類①:方向感が出ている『大陽線』と『大陰線』シリーズ
  • ローソク足の種類②:もみ合い状態の『コマ足』と『十字線』・『4値同時足』
  • ローソク足の種類③:底入れを示唆する『カラカサ』と『トンボ』
  • ローソク足の種類④:天井を示唆する『トンカチ』と『トウバ』

信太郎

酒田五法とは

しかし数ある分析手法の中で、「ロウソク足」を分析する方法があります。

このロウソク足を分析する方法に「酒田五法」という5つの手法があります。

酒田五法:

  • 三山(さんざん)
  • 三川(さんせん)
  • 三空(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

ロウソク足を分析!「酒田五法」とは?5つのチャートパターンを用いた戦略を徹底解説!

逆三尊

移動平均線(Moving Average)とは

移動平均線

25MA

26MA

12MA

移動平均線

【グランビルの法則とは?】チャートパターンを覚えて株式投資で利益をあげよう!

移動平均線乖離率とは?

移動平均乖離率

BNF氏が愛用する「移動平均線乖離率」とは?実戦向きのテクニックも紹介。

VWAPとは?

VWAP

◼︎ VWAP計算式:

「VWAP(ブイワップ)」とは?デイトレードのテクニカル指標の見方と使い方をわかりやすく紐解く。

MACDとは?

MACDの使い方

ゴールデンクロスを探せ!「移動平均線」「MACD」とは?その特徴と2つを組み合わせた手法を解説!

『一目均衡表』と『雲』の見方

一目均衡表とは?

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは?計算法と特徴と共に他の指標と組み合わせた使い方をわかりやすく解説する!

チャートの流れを変える出来高の見方

上方修正後のサイバーエージェントの出来高急増

■ 出来高を急増させる要因:

相場の『出来高』とは?株式取引の流れを掴むテクニカル指標を理解しよう。

エリオット波動:フィボナッチと組み合わせて売買ポイントを見極めよう

エリオット波動とは

エリオット波動

N波動とは?

N波動とは

N波動とは?N計算値やE計算値を算出して利確ポイントを推測しよう!

カップウィズハンドル(=Cup with handle)とは?

カップウィズハンドルの買いポイント

カップウィズハンドル(=Cup with handle)は伝説の成長株投資家であるオニールが提唱している大幅上昇が見込みやすいチャートパターンです。

カップウィズハンドルの取っ手部分の特徴

【カップウィズハンドルとは?】ウィリアム・J・オニールが愛したチャートパターン「Cup テクニカル分析とは何ですか with handle」をわかりやすく解説する!

フィボナッチとは?

フィボナッチを株取引に活用しよう!投資の勝率をあげるフィボナッチの使い方とは?

〜コラム〜利益確定のタイミング

利確のタイミングを把握しよう!デイトレから長期投資まで期間別の利益確定手法マニュアル。

レンジ相場とは?

このような相場を「レンジ相場」と呼びます。

【レンジ相場とは?】株式・FX相場を形成する!もみ合い・ボックス圏相場について徹底解説!

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは

■ 初級版:

【ボリンジャーバンドとは?】株価のバラツキを利用!設定・計算式・活用手法について解説。

■ 中級版:

【ボリンジャーバンド中級編】『スクイーズ』後の『エクスパンション』で買って『バンドウォーク』で利確しよう!

RSIとは?

RSIとは

金融商品をテクニカル分析するのに便利な指標が「RSI」です。

アメリカの証券アナリストJ.W.ワイルダーが考察した指標であり「RSI」は”Relative Strength Index”(相対力指数)の略称です。

FXのテクニカル分析とは?初心者でも使える手法一覧と注意点を徹底解説

FX_テクニカル分析_とは

GMOクリック証券

おすすめポイント

  • 大手GMOグループ運営なので、安心して使える
  • テクニカル分析とは何ですか テクニカル分析とは何ですか
  • 大量注文してもスプレッドが原則固定
  • PC・スマホともに取引ツールが高機能
  • 初心者からプロトレーダーまで幅広い人に評判
テクニカル分析とは何ですか
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
10,000通貨20通貨ペア 無料
スプレッド 即日口座開設 特典
0.2銭(米ドル) 可能 最大300,000円

FXのおすすめランキング第1位は、GMOクリック証券です。

GMOクリック証券は、 2020年のFX取引高が世界1位 (※1) と、圧倒的な人気を誇るFX会社 です。

申込日当日から取引を開始できるスピード感も、GMOクリック証券の魅力のひとつ。

  • プラチナチャート:総合的に使いやすい、最新鋭のツール。初心者向け。
  • はっちゅう君FX+:操作性重視のツール。上級者向け。

GMOクリック証券の口コミ

LINE FX

LINE FX

line_fx_ロゴ

おすすめポイント

  • LINEアプリから取引できる
  • 重要情報がLINEで通知される
  • 1000通貨単位から取引できる
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
1,000通貨 23通貨ペア 無料
スプレッド 即日口座開設 キャンペーン
0.2銭(米ドル) 可能 最大50000円キャッシュバック

FXのおすすめランキング第2位は、LINE FXです。

LINE FXは、 LINEアプリから取引できる ことが大きな特徴です。

FXをちょっと始めてみたいけど、PCでやるのは難しそうだし、スマホで軽く始めたい」という方に向いています。

LINE FXの口コミ

外為どっとコム

外為どっとコム

おすすめポイント

  • みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位
  • 3社からのFXニュースを配信
  • FXオンラインセミナーを開催
最低取引単位 通貨ペア数 取引手数料
1,000通貨 30通貨ペア 無料
スプレッド ※1 即日口座開設 キャンペーン ※2
0.2銭(米ドル) 可能 最大302,テクニカル分析とは何ですか 000円

FXのおすすめランキング第3位は、外為どっとコムです。

外為どっとコムはスワップポイントが高水準で、高金利通貨として人気なメキシコペソ南アフリカランドへの投資にも向いています。

また、 会員向けにマーケット情報や投資情報を24時間配信 するなど、初心者にも心強いFX会社と言えます。

※1原則固定(例外あり)、2022年3月14日時点
※2新規口座開設+1万通貨以上の取引で2000円キャッシュバック。さらに取引額に応じて最大30万円キャッシュバック。 対象期間:口座開設月から翌々月末まで(2022年2月1日(火)午前7時00分より開始)

外為どっとコムの口コミ

FXのテクニカル分析の種類と特徴

FX_テクニカル分析_特徴

特徴①:トレンド系指標

FX_テクニカル分析_トレンド

トレンド系指標は、 順張りの取引をする時に役立つ指標 です。

特徴②:オシレーター指標

FX_テクニカル分析_オシレーター

オシレーター指標は、 現在の状態が買われ過ぎなのか、それとも売られ過ぎなのか判断する時に役立つ指標 です。

特徴③:サイクル理論

FX_テクニカル分析_サイクル

サイクル理論とは、 FX取引の上昇と下降のサイクルの法則を見つけ出して取引に応用する方法 です。

1dayサイクル 1日
4Hサイクル 5日~8日程度
トレーディングサイクル 10日~18日程度
メジャーサイクル 20日~35日
プライマリーサイクル 18~30週
季節サイクル(中間サイクル) 12~20か月
長期サイクル 40~100か月

トレンド系おすすめテクニカル分析7つ

FX_テクニカル分析_トレンド

トレンドライン

FX_テクニカル分析_ライン

トレンドラインは、 FXの テクニカル分析の中でも一番基本になる分析方法 です。

トレンドラインを引くツールは用意されていないことが多いので、 基本的には目視で判断 することになります。

移動平均線

FX_テクニカル分析_移動平均線

移動平均線は、 実際に使う人がとても多いトレンド系のFXテクニカル分析 です。

移動平均線とは、 一定期間の平均価格の推移をグラフにしたもの です。

  • ゴールデンクロス
    短期間の移動平均線が長期間の移動平均線の下から上に突き抜けた時には買いの合図
  • デッドクロス
    短期間の移動平均線が長期間の移動平均線の下から上に突き抜けた時には売りの合図

FX_テクニカル分析_水平線

水平線とは、 2つ以上の安値もしくは、2つ以上の高値を水平に結んだ線のこと です。

安値を結んだ線のことを サポートライン 、高値を結んだ線のことを レジスタンスライン テクニカル分析とは何ですか と呼びます。

そのため、 逆張りで使われることも多いFXのテクニカル分析 です。

反転パターン

FX_テクニカル分析_反転

反転パターンとは、 テクニカル分析とは何ですか これから相場の流れが逆転すると予想されるチャートの形 のことです。

  • Wトップ
    価格が上昇したものの、一度少しだけ下がり、もう一度上昇するも同じような価格で再び下がり、前回下がったラインを突破した状態
    → 売りサイン
  • Wボトム
    価格が下落したものの、一度少しだけ上がり、もう一度下落するも同じような価格で再び上がり、前回上がったラインを突破した状態
    → 買いサイン
  • ヘッドアンドショルダー
    価格が上昇した後下降し、次に高値を更新したものの再び下がり、次には高値を更新できず下がった状態
    → 売りサイン
  • 逆ヘッドアンドショルダー
    価格が下降した後上昇し、次に安値を更新したものの再び上がり、次には安値を更新できず上がった状態
    → 買いサイン

継続パターン

テクニカル分析とは何ですか FX_テクニカル分析_継続

継続パターンとは、 これまで起こっていた相場の流れが継続すると予想されるチャートの形 のことです。

  • レクタングル
    上昇、もしくは下降トレンドが続いていた状態で、一時的にレンジ相場が発生している状態
    → 順張りのサイン
  • シンメトリカルトライアングル
    トレンドが上昇もしくは下降している状態で、一時的にだんだん上値が下がり、下値が上がっていくレンジ相場が発生している状態
    → 順張りのサイン
  • アセンディングトライアングル
    トレンドが上昇している状態で、一時的に上値は維持され下値は上がっていくレンジ相場が発生している状態
    → 上昇のサイン
  • ディセンディングトライアングル
    トレンドが下降している状態で、一時的に下値は維持され上値は下がっていくレンジ相場が発生している状態
    → テクニカル分析とは何ですか 下降のサイン
  • フラッグ
    上昇、もしくは下降トレンドが続いていた状態で、一時的に相場の流れとは逆方向のレンジ相場が発生している状態
    → 順張りのサイン
  • ペナント
    小さなシンメトリカルトライアングルが発生している状態
    → 順張りのサイン
  • ウェッジ
    下値の切り上げスピードのほうが速いレンジ相場が発生している状態
    → 順張りのサイン

ボリンジャーバンド

FX_テクニカル分析_ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、 相場の振れ幅を測定して統計学的にこれからの価格の変動範囲を予測する指標 です。

ボリンジャーバンドとは、 中央にあるミッドハンドと、その外側にある上下3つずつのラインで構成 され、 上下のラインのそれぞれに近づくほど異常な値 とされます。

そのため、上下のラインに近づいている状態で逆張りのエントリーに使われることが多いFXのテクニカル分析ではあるのですが、 本来は順張りのために使われる指標 です。

一目均衡表

FX_テクニカル分析_一目均衡表

一目均衡表は、 日本で開発されたテクニカル指標 です。

基準線 ・ 転換線 ・ 遅行線 ・ 先行スパン1 ・ 先行スパン2 という、5つの補助線があり、 先行スパン同士の間が「雲」と呼ばれる部分 になっています。

ドルインデックスは明るいままです。 102.95での目の毎日の抵抗

週単位でのフォロースルー販売には2があります nd 1月の安値(2017年)は1.0340ドルを目標としています。 一方、毎日の時間枠では、1.0638ドルのサポートが価格アクションを歓迎し、1.0340ドルの安値から引き出された、サポートに転じた上昇抵抗を残しました。 価格サポートに加わって、毎日の時間枠の相対力指数(RSI)は、サポートの可能性を反映して、その50.00の中心線と握手を交わしています。

ページ全体で、H1の価格行動は、ここ数時間で強気のAB = CD形成を確立しました。これは、カジモドのレジスタンスが1.0631ドルで、近くのフィボナッチ比率の数と一致します。 前述のH1エリアを強化するのは、H4の供給から1.0655ドルから1.0632ドルの需要です。

H1、H4、および毎日の時間枠からの明確な合流にもかかわらず、トレーダーは、ペアが週単位でどこから来ているかに注意することをお勧めします:$1.0778の抵抗。 これは上向きの努力を圧迫し、1.06ドルでH1クロッシングソードにつながる可能性があります。 テクニカル分析とは何ですか ただし、購入する場合は、H1Quasimodoのサポートが1.0672ドルで抵抗に転じることを狙う可能性があります。

AUD / USDテクニカル分析:

水曜日は、オーストラリアドルに重きを置いて、明確なリスクオフの雰囲気を示しました。 毎日の時間枠でのフローは、カジモドのサポートに接続することの驚くべき距離内にありました-0.7245ドルで抵抗を回しました-0.7256ドルで200日間の単純移動平均によって補完されました。 もちろん、日単位で注目すべきは、50.00の中心線(正の勢い)の北の位置を固定しようとする相対力指数(RSI)です。

最近観察されたAUD/USDはより低い安値を確立します(28を超える th 1月は0.6968ドル安)、その後2週間の回復(3.2%)を実現。 延長されたプルバックがテーブルにありますが、これは2011年8月以降の明確な下降トレンド(月次スケールを確認)と2021年2月初旬の週次フローのトップアウトを遵守して売り手市場のままです。週次サポート構造は0.6632ドルから0.6764ドルの間で見られます、100%フィボナッチ予測、価格サポート、および50%リトレースメントで構成されています。

抵抗はH4スケールで$0.7246から$0.7217(フィボナッチクラスターから派生した下端)で表示され、上限内で$0.7245の毎日の抵抗を収容します。 H1チャートの技術的関連性については、注目されているH4の抵抗が0.72ドルを超えており、心理的な数値を超えてホイップソー(または「ストップラン」)の可能性が高まっていることがわかります。 もちろん、これは南向きの全体的な傾向と0.テクニカル分析とは何ですか 7245ドルでプロットされた毎日の抵抗によって強化されています。

USD / JPYテクニカル分析:

毎週のサポートを125.54円から残して、USD / JPYはその週に2.4%高く取引され、複数年の頂点を更新する恐れがあります。 また、日次価格は現在、131.93〜131.10円の供給との再接続の玄関口にありますが、私たちは明らかに主要な強気のトレンドに定着し続けています。 強気の状況を支援するのは、40.00〜50.00のサポート(2021年5月以降の売られ過ぎのゾーンを表す領域)から強くリバウンドする毎日の時間枠の相対力指数(RSI)です。

水曜日にカジモドの抵抗を129.67円(現在は潜在的なサポート)で廃止し、カジモドの抵抗を130.テクニカル分析とは何ですか 58円から発掘するなど、H4の時間枠ではほぼ一方的な前進が見られます。 上半期のタイムフレームに基づいて、短期間の動きは130円以上のステータスを取り戻し、最近ではサポートとしてレベルを再テストしました。 上流はH4カジモドの抵抗が130.58円であるのに対し、大きな数字の南は129.21〜129.55円(129.67円からH4サポートのすぐ下に配置)でH1需要に光を当てています。

4つの時間枠はすべて、追加の利点をサポートします。 130円が引き続き堅調な場合は、H4カジモドレジスタンスの130.58円と131円のフォロースルー購入がカードに含まれる可能性があります。 一方、130円のブレークは、129.21〜129.55円の上半期の需要からの潜在的なディップバイの機会を浮き彫りにします。

GBP / USDテクニカル分析:

H4スケールに基づく短期的な価格行動は、多くの技術的抵抗からなる、1.2686ドルから1.2614ドルの間の抵抗の扉を価格がノックするのを目撃しました。 下振れのサポート目標は1.2375ドルと1.2186ドルに分類されます。 興味深いことに、上半期の時間枠で、水曜日の米国時間は、1.2451ドルから1.2471ドルの間のフィボナッチサポートからのリバウンドが形作られ、ペアを1.25ドルの下側に引き上げました。 ここの北では、抵抗は$1.2554です。

BTC / USDテクニカル分析:

50.00の中心線を拒否する毎日の時間枠の相対力指数(RSI)が加わり、BTC / USDは水曜日に南に回転し、月曜日の7.5%の上昇の一部を取り戻しました。 毎日のサポートは28,849ドルで脚光を浴び続けており、5月中旬以降の下振れに耐えるレベルです。 36,361ドルと34,048ドルは、どちらも毎日のQuasimodoのサポートによって抵抗の障壁になっていますが、毎日の規模で上向きになっています。 2021年11月以降、この市場が南向きに直面していることを考慮すると(主なクマの傾向)、これらのレベルはテストされていない可能性があります。

ゴールド(XAU / USD)テクニカル分析:

水曜日のXAU/USDの買い手にとっては、イエローメタルが米ドルに対して0.6%上昇したため、良い日でした。 技術的に言えば、毎日の価格行動は、1,815ドルから1,テクニカル分析とは何ですか 843ドルの間の調和的なGartleyパターンのPRZ(潜在的逆転ゾーン)に引き続き関与します。 水曜日のテクニカルブリーフィングで伝えられたように、PRZは200日間の単純移動平均が1,840ドル、フィボナッチリトレースメントが61.8%で1,827ドルの恩恵を受けています。 上昇価格の目標は、1,895ドル(ADレッグから派生した38.2%のフィボナッチリトレースメント)と1,959〜1,974ドルのレジスタンスゾーンで引き続き注目されています。

H1スケールから、ユニットは$ 1,831で61.8%フィボナッチリトレースメントからリバウンドし、50.0%リトレースメントと$ 1,828で1.272%フィボナッチ予測を上回りました。 おそらくお分かりのように、抵抗は1,862ドルのカジモド層に達するまでは適度に薄く、1,865ドルの価格のカジモド抵抗に密接に影を落としています。 そして、毎日の時間枠の現在の位置に照らして、買い手は最近の利益を保持し、注目されたH1抵抗をターゲットにしようとするかもしれません。

免責事項:

この資料に含まれる情報は、一般的なアドバイスのみを目的としています。 それはあなたの投資目的、財政状況または特定のニーズを考慮に入れていません。 FP Marketsは、発行日現在の情報の正確性を確保するためにあらゆる努力を払っています。 FP Marketsは、資料に関していかなる保証または表明も行いません。 この資料に含まれている例は、説明のみを目的としています。 法律で許可されている範囲で、FP Marketsおよびその従業員は、この資料で提供または省略された情報から、またはそれに関連して発生する損失または損害について責任を負わないものとします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる