外国為替ニュース

取引の仕組みやリスクも解説

取引の仕組みやリスクも解説

かなり大まかに説明してしまうと、ビットコイン取引は口座を開設して入金し、購入するだけで始められます。さらに、最短10分程度で取引が可能です。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information 取引の仕組みやリスクも解説 set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of 取引の仕組みやリスクも解説 the page to acknowledge that you have 取引の仕組みやリスクも解説 read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are 取引の仕組みやリスクも解説 not offered for sale or distribution outside 取引の仕組みやリスクも解説 of Japan.

Not all securities, products or services 取引の仕組みやリスクも解説 described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not 取引の仕組みやリスクも解説 authorized. Although the information provided on this site 取引の仕組みやリスクも解説 is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and 取引の仕組みやリスクも解説 does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute 取引の仕組みやリスクも解説 an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura 取引の仕組みやリスクも解説 取引の仕組みやリスクも解説 Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United 取引の仕組みやリスクも解説 Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person 取引の仕組みやリスクも解説 in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to 取引の仕組みやリスクも解説 any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【わかりやすく解説】デリバティブ取引とは? 先物などの投資商品の種類と失敗しないリスク対策とは

デリバティブ取引

(2)債券を原資産とするデリバティブ取引
債券を原資産とするデリバティブ取引は仕組債と呼ばれ、リバース・フローター債やCMS債など色々な商品がある。たとえばリバース・フローター債は、クーポン(利息)が市中金利とは逆の動きをする仕組債だ。金利低下時に受け取れる利息が増えるため、市中金利の下落を予測する投資家にとっては有効な投資先となる。ただし、予想に反し市中金利が上昇した場合は、受け取れる利息が減少する点には注意が必要だ。なお、金利上昇時には債券価格の下落による含み損が発生するが、満期まで保有すれば満額償還されるため元本割れは避けられる。

(3)株式を原資産とするデリバティブ取引
カバード・ワラントは、株式を原資産とするデリバティブ取引の1つ。原資産を一定の期日(権利行使日)に特定の価格(権利行使価格)で買い付ける権利(コール)もしくは、売りつける権利(プット)を証券化した金融商品だ。権利行使価格と実際の株価の差額や、途中売買による差益を狙って投資を行う。値動きの幅が大きくハイリスク・ハイリターンな商品のため、少額からスタートするとよいだろう。

(4)商品を原資産とするデリバティブ取引
商品先物取引および商品先物オプションは、商品を原資産とするデリバティブ取引の1つ。先物取引とオプション取引の詳細は、2.1.で解説する。

(5)通貨を原資産とするデリバティブ取引

1.3. デリバティブの特徴:取引に制限がある。少額で取引を始められる

1.4. デリバティブの利用方法

・デリバティブ取引の利用法1:ヘッジング
デリバティブ取引の利用方法の1つめは、ヘッジング(リスク回避)だ。投資における一番のリスクは、価格変動による損失の発生ではないだろうか。株価や為替、金利などの将来の動きは、誰も的中させることはできない。そのため、投資した資産が予想外の値動きをすると、損失を被ってしまう可能性があるのである。

・デリバティブ取引の利用法2:スペキュレーション
デリバティブ取引の利用方法の2つめは、スペキュレーション(投機)だ。あくまでも投資方法の1つであるデリバティブ取引は、その売買により利益を狙うことが可能である。デリバティブ取引によるスペキュレーションを行う最大のポイントは、資金効率の良さだ。デリバティブ取引は、少ない元手で大きな取引ができる特徴がある。そのため、投資できる余裕資金が少ない人でも、大きなリターンを狙うことができる。

2. 5種類のデリバティブ取引

2.1. 主なデリバティブ取引

・デリバティブ取引の種類1:先物取引
先物取引とは、「将来のあらかじめ定められた期日」に「特定の商品(原資産)」を「現時点で取り決めた価格」で取引をすること。詳細は、以下のとおりだ。

▽先物取引の特徴

デリバティブ取引の先物取引の特徴 詳細
[1]取引の期日が決まっている ・先物取引は期日内であればいつでも取引できる
・期日を過ぎると自動的に決済され、損益が確定する
[2]決済は差金(差額)の受け渡しで行われる ・先物取引の決済は、買建(または売建)価格と転売(または買戻)価格との差額を受け渡して行われる
・商品の受け渡しはせず、損益のやり取りのみで取引が成立するため、少額からの投資が可能
・買いだけでなく、売りからでも取引が成立する
[3]証拠金(担保)の預託が必要 ・商品代金の受け渡しがない先物取引では、証拠金(担保)を預託して取引を行う
・証拠金にはレバレッジ効果があるため、少ない元手で大きな額の取引が可能。たとえば最大レバレッジが5倍の場合に10万円の証拠金を預託すると、50万円までの取引が可能となる

・デリバティブ取引の種類2:オプション取引
オプション取引とは、「将来のあらかじめ定められた期日」に「特定の商品(原資産)」を「現時点で取り決めた価格で売買する権利」を取引すること。

▽オプション取引における4つの立場

取引の仕組みやリスクも解説
コール(買い付ける権利 プット(売り付ける権利)
買い手 コールの買い プットの買い
売り手 コールの売り プットの売り

・デリバティブ取引の種類3:スワップ取引
スワップ取引とは、「ある一定期間」に渡り「将来のキャッシュフロー」を「交換する」取引のこと。キャッシュフローは、少なくとも約定時に等価であることが前提である。

▽代表的なスワップ取引例と特徴

取引の仕組みやリスクも解説
スワップ取引例 特徴
[1]金利スワップ ・同一通貨間で異なる金利のキャッシュフローを交換する取引
・一般的な金利スワップは、固定金利と変動金利で交換される
[2]通貨スワップ ・異なる通貨間で異なる金利のキャッシュフローを交換する取引
・取引開始時および満期時に元本の交換が行われる
[3]クーポンスワップ ・通貨スワップの1つだが、元本の交換は行われず、金利部分のみが交換される
[4]エクイティスワップ ・株価と連動したキャッシュフローと、事前に取り決めた金利を交換する取引
・元本の交換は行われない

2.2. その他のデリバティブ取引

・デリバティブ取引の種類4:クレジットデリバティブ
クレジットデリバティブは、信用リスク(企業が倒産や破綻する可能性)を対象とするデリバティブ取引だ。従来、債務保証や倒産保険などでヘッジされていたものを国際的に統一し、広く流通可能にしたものがクレジットデリバティブである。

・デリバティブ取引の種類5:天候デリバティブ
天候デリバティブは、気温や降水量、日照時間などの気象変動によって企業が被る収入減に対応するデリバティブ取引だ。契約時に取り決めた気象条件が満たされると、補償金が支払われる。実損発生の有無や損害調査が不要で、比較的スムーズに補償金を受け取れる点が魅力といえるだろう。

3. デリバティブ取引のメリットとリスク

3.1. デリバティブ取引のメリット

・デリバティブ取引のメリット1:少ない資金で多額の取引が可能 取引の仕組みやリスクも解説
メリットの1つめは、少額の証拠金の預託で取引をスタートできる点だ。少額から始められるため、投資予算が少ない人でも始めやすいといえるだろう。

・デリバティブ取引のメリット2:夜間でも取引可能
メリットの2つめは、夜間でも取引が可能な点だ。2021年10月時点におけるデリバティブ取引時間は、以下のとおりだ。

▽デリバティブ取引時間

デリバティブ取引例 取引時間
指数先物/指数オプション 8時45分~15時15分/16時30分~翌朝6時
日経平均VI先物 9時~15時15分/16時30分~9時

・デリバティブ取引のメリット3:価格変動リスクの回避手段になる
メリットの3つめは、1.4.でも触れた現物取引に対するリスクヘッジの効果だ。たとえば、すでに保有している株式の価格が今後下がるかもしれないと考えるなら、先物取引で現在の価格での売りを入れるとよいだろう。そうすることで値下がりにより被った現物株式の損失を先物取引の売りで得た利益によって相殺することができる。

3.2. デリバティブ取引のリスクと失敗しないための対策

・デリバティブ取引のデメリット1:取引内容が高度化しているため内容理解が必須
ここまで説明してきたように、デリバティブ取引は商品や取引によって仕組みが異なる。商品内容をしっかりと確認せずに取引を始めると、思わぬ価格やタイミングで売買が発生し、予想外の損失を被る、といった事態になりかねない。

・デリバティブ取引のデメリット2:大きな損失が発生するおそれがある
デリバティブ取引では、損失が大きくなる可能性には十分に気をつけなければならない。レバレッジをかけた取引では大きなリターンが狙える一方で、投資家の支払い能力を超える大きな損失が発生する可能性もあるのだ。

ビットコイン取引の始め方とは?初心者におすすめの取引所も紹介

読者

読者

  • ビットコイン取引は簡単に始められる
  • 暗号資産交換業者(取引所)によっては最短10分程度で取引することも可能
  • おすすめの暗号資産交換業者(取引所)を紹介

ビットコイン取引の始め方を初心者向けに解説!

ビットコイン取引の始め方を初心者向けに解説!


かなり大まかに説明してしまうと、ビットコイン取引は口座を開設して入金し、購入するだけで始められます。さらに、最短10分程度で取引が可能です。

  • 始め方①暗号資産交換業者(取引所)を選ぶ
  • 始め方②口座開設を申し込む
  • 始め方③取引口座に入金する
  • 始め方④ビットコインを購入する
  • 始め方⑤ビットコインを売却する

始め方①暗号資産交換業者(取引所)を選ぶ

始め方②口座開設を申し込む

  • 登録フォームやアプリなどからメールアドレスを登録する
  • パスワードを設定する
  • 受信メールのURLにアクセスするか記載されているコードを入力してメールアドレス認証をする
  • 利用規約や重要事項説明書などを確認して同意する
  • 電話番号を登録する
  • 届いたSMSに記載されたコードを入力してSMS認証をする
  • 氏名や生年月日、性別、職業、住所などお客様基本情報を登録する
  • 本人確認書類を提出しeKYCなどで本人確認を完了する
  • 取引目的などを入力する
  • 国内に居住している
  • 20歳(または18歳)以上74歳以下である
  • 個人である(法人ではない)
  • 反社会的勢力と関連がない

取引の仕組みやリスクも解説 読者

始め方③取引口座に入金する

始め方④ビットコインを購入する

読者

始め方⑤ビットコインを売却する

ビットコイン取引初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)

読者

  • おすすめ第1位:GMOコイン
  • おすすめ第2位:Coincheck(コインチェック)
  • おすすめ第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • おすすめ第4位:DMM Bitcoin

おすすめ第1位:GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱通貨数が国内最多の20通貨
  • 最短10分で取引可能
  • 入出金手数料が無料

読者

その他、例えば1ビットコインの価格が600万円なら取引所で600円(0.0001 BTC)、販売所なら60円(0.00001 取引の仕組みやリスクも解説 取引の仕組みやリスクも解説 BTC)で取引できる手軽さもあります。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第2位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 約500円からビットコインが買える

取引の仕組みやリスクも解説
口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 最短10分で取引可能
  • ビットコインを1円から売買できる

読者

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)は独自の取引ツール「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を提供しています。bitFlyer Lightningは、ゴールドマンサックスの元トレーダーが作った取引所です。

取引の仕組みやリスクも解説

ステーキングとは、ブロックチェーン ※ の適正な稼働のために自分が持っている通貨を提供し、見返りとして報酬を得るメカニズムを指します。

1.1. PoWとは

ステーキングを始める前に知っておくべき用語として、「Proof of Work(PoW)」があります。

1.2. PoSとは

PoWよりも新しいシステムに「Proof of Stake(PoS)」があります。

これは、取引を記録する者が最初に一定の金額を担保(ステーク)し、問題なく記録できれば報酬を獲得できるという構造です。無駄な計算工程がなく、電力の消費が抑えられるなどのメリットがあるため、 PoSはPoWに替わる合意形成システムとして注目 されているのです。

2. ステーキングをする3つのメリット

(※画像はイメージです/PIXTA)

ここからは、 取引の仕組みやリスクも解説 ステーキングの魅力を3つピックアップして紹介します。

2.1. 保有しているだけで報酬が得られる

たとえば、仮想通貨の売買で稼ぎ続けるためには、多少の損失にも耐えられるメンタルが求められ、精神的ダメージが大きいです。一方、 ステーキングであれば、仮想通貨を持っているだけで対価を受け取れます。 よって、忙しい人でも、損切りできない人でも、安定して資産を増やせる機会が得られるのです。

2.2. 銀行より、利率・利回りがよい

銀行の金利は普通預金で0.001%です(2022年5月現在)。ですが、 日本の取引所のGMOコインでステーキングを行う場合、2.1%〜4.5%の年率で報酬が受け取れます。

2.3. 仮想通貨をローリスクで運用できる

仮想通貨の売買で稼いでいく場合、タイミング次第で大きな損失を被る可能性も十分にあります。つまり、知識と経験が十分備わっていなければ痛い目にあうような危険性の高い投資です。ステーキングによる運用だと、 資産を失う恐れを抑えながら資産を増やせる運用方法 なのです。

3. ステーキングをする3つのデメリットとリスク

(※画像はイメージです/PIXTA)

魅力的な利点を有するステーキングではありますが、なんの危険性も伴わずに利用できるものではありません。 難点がある現実を理解し、負担を最小限に抑える対策をとりましょう。

3.1. ステーキングしている仮想通貨は動かせない

まず知っておくべきは、 ステーキングに預ける通貨は一定期間、動かせない という制限についてです。

3.2. ステーキング中の価格変動で価値が下がる可能性がある

また、 ステーキング中においても、仮想通貨は価格変動の影響を受けます。 ボラティリティ ※ の激しい通貨は売買するタイミングが重要です。実際、ステーキングの対象通貨であっても価格が半値以下に下落している期間は存在しています。デイトレードのように短いスパンで運用していくスタイルであれば、ステーキングは控えておくのが賢明です。

3.3. 短期的に得られる利益は高くない

ステーキングは時間をかけて安定した利益を稼ぐ手法です。 短期的に得られる利益は高くありません。

4. ステーキングに最適な仮想通貨銘柄の選び方

(※画像はイメージです/PIXTA)

これから、 通貨選びの3つのポイントを詳説していきます。 どの通貨を選択するかによって、確保できる利益にも大きく影響するので、慎重に検討しましょう。

4.1. 利回りの高い銘柄

1つ目は、 できるだけ利回りの高い銘柄を選ぶこと です。

4.2. 取引所でステーキング対象になっている銘柄

2つ目は、 取引所でステーキング可能な銘柄を選択すること です。

ステーキングに対応している国内取引所は、 取引の仕組みやリスクも解説 Coincheck(コインチェック) 、 GMOコイン 、OKCOIN JAPAN(オーケーコインジャパン)です。ただし、Coincheckはステーキングサービスを停止しているので注意してください(2022年6月現在)。

4.3. 長期保有に適した将来性のある銘柄

3つ目は、 取引の仕組みやリスクも解説 取引の仕組みやリスクも解説 将来性のある通貨を選択するのも、ステーキングを始めるうえで大切なポイント です。

5. ステーキングにおすすめの仮想通貨銘柄

(※画像はイメージです/PIXTA)

5.1. イーサリアム(ETH)

イーサリアムは時価総額でビットコインに継ぐ2位の地位をキープしており、知名度も高いので安定感は抜群です。 これからさらなる開発も進められる予定なので、今後の需要拡大にも十分期待できます。長期的な運用が前提となるステーキングに向いている仮想通貨です。

5.2. テゾス(XTZ)

テゾスはPoSをベースに、分散性を確保できる「LPoS(Liquid Proof of Stake)」を採用しているのが特徴です。LPoSは、通貨保有量が少ないユーザーでも、ブロックチェーン上で取引を承認する作業に参加できます。

5.3. シンボル(XYM)

シンボルはネムをベースにして、主に企業向けに開発された通貨です。2021年に誕生したばかりの新しい通貨ですが、 すでに、シンボルを使ったサービスが開発され、注目を集めています。 報酬年率も比較的高く設定されているので、選択肢として候補に挙げておくべき通貨の一つです。

6. ステーキングができるおすすめの取引所

(※画像はイメージです/PIXTA)

ただ、 取引所によって、対象となる銘柄や数量が違うので、取引所選びは重要です。 まずは、それぞれの特徴をしっかりと把握しましょう。

6.1. GMOコイン

取引の仕組みやリスクも解説 対象となる銘柄はテゾス(XTZ)・シンボル(XYM)の2種類 となっています(2022年5月現在)

  • テゾス(XTZ):2.1〜4.3%
  • シンボル(XYM):3.2〜4.5%

6.2. BINANCE

  1. 定期ステーキング
  2. DeFiステーキング
  3. フレキシブルステーキング
  4. ETH2.0ステーキング

それぞれの特徴と自分の運用方針を照らし合わせながら、適切な方法を選びましょう。なお、定期ステーキングが最も幅広く、 110種類の通貨に対応 しています(2022年5月現在)。

7. ステーキングはこんな人におすすめ!

(※画像はイメージです/PIXTA)

ステーキングには仮想通貨の売買とは違った特徴があり、人によっては向き不向きがあります。 これから、ステーキングに適した人の例を紹介していくので、参考にしてみてください。

7.1. 仮想通貨を長期的に保有する予定の人

条件によっては、しばらくのあいだ、自分の資産であるにもかかわらず自由に動かせない可能性もあります。 短期売買のために通貨を保有する場合には適しません。 取引の仕組みやリスクも解説

7.2. 低リスクかつ高利率で安定的に利益を得たい人

しかし、ステーキングを利用すれば、資産を保有したまま収益の獲得を狙えます。よって、 リスクヘッジを考慮しながら、かつ着実に成果を積み重ねたい方は、積極的にチャレンジ してみてはどうでしょうか。

8. 仮想通貨ステーキングのやり方

(※画像はイメージです/PIXTA)

次に、 ステーキングの具体的な始め方を紹介していきます。

8.1. ステーキング可能な銘柄のある取引所に口座開設する

まず、大前提として、 ステーキングのサービスを提供している仮想通貨取引所に口座を開設 しましょう。手続き自体は、メールアドレスや個人情報を入力し、本人確認書類を提出すれば、あとは審査結果を待つだけの流れになります。画面の指示に従うだけで簡単に終わるので心配無用です。

8.2. ステーキング対象の仮想通貨を購入する

次に、 各取引所においてステーキング可能な通貨を買いましょう。

8.3. 取引所を通さず自身でステーキングする

基本的には、仮想通貨ウォレットを作成し、該当する通貨の公式サイトで利用手続きを踏まなければなりません。しかし、英語のリーディングスキルも必要なので、ハードルは高めです。 取引所のサービスを利用したほうが簡単に、かつ安心してステーキングを行えます。

9. 仮想通貨ステーキングに関するQ&A

(※画像はイメージです/PIXTA)

ステーキングは通貨の売買と比較するとまだまだ普及していません。よって、さまざまな疑問が生じてくるのも必然のことでしょう。ここからは、 ステーキングについてのよくある質問に答えていきます ので、ぜひ参考にしてください。

Q1. ステーキングの利回りを一覧で確認する方法はある?

取引の仕組みやリスクも解説 利回りはステーキングする通貨を選ぶための大きな判断基準になります。 利回りは常に変動し続けているので、過去の動向を含めて欠かさずチェックしましょう。

Q2. ステーキングで得た利益に税金はかかる?

ステーキングによって生じた利益は所得税の「雑所得」に該当し、課税対象となります。 これは、仮想通貨売買による利益への課税と変わりません。なお、課税されるタイミングに報酬の算出期間は無関係です。たとえば、今年からステーキングを始めたとしても、報酬を受け取るのが来年であれば、来年分の所得として計算されます。

Q3. ポーカーのステーキングとは別物?

トランプゲームのポーカーには、1人または複数人がゲームプレイヤーに資金を出し合い、プレイヤーが勝利した場合は、出資分の見返りを受け取るシステムがあります。通貨を担保に供した分だけ報酬をもらえるという 仮想通貨におけるステーキングとよく似た考え方です。

10. まとめ

(※画像はイメージです/PIXTA)

手間をかけずに、危険を冒すことなく利益を生み出せるのがステーキング最大の魅力です。 ステーキングは長期運用によって複利の効果が発揮されるので、早く始めたほうが大きな利益を生み出す可能性が高まります。

証券CFD(差金決済)取引の特徴やリスクとは?

CFD取引イメージ

取引例

  • 店頭CFD取引は、お客様と証券会社との相対取引になります。 取引の仕組みやリスクも解説
    取引にあたっては、まず、お客様は証券会社に証拠金を差し入れ、CFD取引(注文するCFD銘柄、買建または売建の別、注文数量、価格等)の注文を指示します。その後、反対の取引を行うことにより一連の取引を決済致します。この間、証券会社は、お客様との間で生じたポジションリスクを回避するための取引を行っています。
    (注1)
    証券会社は通常、顧客の注文と同等程度の注文を取引所または提携金融機関等に発注することにより、顧客が利益を出し、証券会社がその分の損失を被るリスクを減少させています。こうした取引所または提携金融機関等との間で行う取引のことを「カバー取引」といいます。
  • 証券CFD取引では証拠金をもとに、レバレッジ(注2)を効かせた取引が可能であるため、多額の利益を得る可能性がある半面、証拠金を超える多額の損失を被るおそれがあります。また、ほかにも様々なリスクが想定されます。取引を行う前には証券会社からリスクの説明を受け、契約締結前交付書面や説明書等をよく読んで理解し、自己の資力、取引経験および取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において取引を行いましょう。
    (注2)
    レバレッジとはてこを意味し、CFD取引においては、預けた証拠金を担保にすることで、証拠金の額を超える取引が可能になることを意味します。
    (注3)
    ロスカット取引とは、お客様の証拠金が必要証拠金の一定額を下回った場合、損失の拡大を防ぐために、お客様の取引を強制的に終了させるための取引をいいます。

Contents


コンテンツ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる