初心者必読

勝率を上げる秘訣

勝率を上げる秘訣
予想・買い方

WoWs (World Of 勝率を上げる秘訣 Warships) 勝率を上げるコツ

平均の勝率を上げるために必要なことは、「苦行用艦船を使わない。」 苦行用艦船とは、たとえば、日本駆逐艦であれば、初春あたりがそうかな? 個人的には、夕雲も苦行と感じる(笑) 英巡洋の中高ティアの艦船も楽しいけど、活躍できることが少ない。 つまり、苦手な艦船を使うとチームに貢献できずに足を引っ張り、結局負けが込む。 得意な艦船で「のみ」ゲーム参加するようにします。 ツリーを進めている間は、勝率はなんともならないので注意が必要。

戦闘参加時刻に注意する

これは、UP主の経験則になりますが、平日の夕方近く(16時~19時半過ぎぐらいまで)は、 巡洋艦、戦艦とも砲撃を当てられない艦長が多めです。 「まじ?そこで当てられない?」 さらに、チキン戦艦の多さが目立ちます。 なぜか連鎖する?というか、戦艦レベルが1隻落ちるとチーム全体の戦力(火力)が落ちて、全体がガタガタになります。 よく1隻の巡洋艦に2隻の戦艦が追いかけられる姿を見かけることができる時間帯が平日の夕方(16時~19時半過ぎぐらいまで)となります。 勝率を上げる秘訣 駆逐艦乗り的には、味方(駆逐艦)の支援をしない巡洋艦が目立つのも、この時間帯。 空母もそうですね、自分の艦載機を守るためだけに戦闘機を使う艦長が多いのもこの時間帯。 もしくは、戦闘機を遊ばせておく・・・(味方艦載機待ち?もしくは対空の高い戦艦のそばで侍らせておく感じ) 勝率を上げたい方は、この時間帯をよけた方が無難です。 休日前の深夜帯は、レベル差が大きくて、安定した勝ちを取ることができません。 でも、普通は、この時間帯・・・ですわね。 その場合、負けたら即次!としないことが大事。 十分時間を空けてから再選。もしくはティアを変える。 というのは、下手な艦長は連続して参加するので、似たような感じのマッチングになる確率が高くなる。 など。 一番安定するのは、平日の午前中。 下手なことは下手なんだけど、多くに場合両方下手だから差が出にくく、自分の活躍次第で結構なんとかなる場面が多くなる時間帯。 午前中の9時ぐらいから12時前までがねらい目。 ※ただし、4~6ティア帯だと「味方の後ろから魚雷を撃ちだす巡洋艦、駆逐艦のどーしようもない艦長」も多々見受けられるので注意が必要。 お試しあれ。

【競艇予想の仕方とコツ】理論上は負けない方法がある・・・?!

競艇ボート05

予想・買い方

競艇ボート05

「競艇ってどうやって予想すればいいの?」

競艇だと 選手はもちろんエンジンの調子、また風や波といったその時の環境 も結果に大きく絡んできますので、予想は大変難しいと思います。

競艇レースの予想の仕方

そのため予想しやすいレースもあり、そういったレースは勝ちが拾いやすいという面もあるので、覚えてしまえば予想することが楽しくなってくるはずです。

コース取りが着順に大きく影響!

競艇ボート04

実際に1コース・2コースのボートの連対率は高いものとなっていますので、予想の仕方のコツとして抑えておくべきポイントになります。

しかし、 スタートの良し悪しやレース時の環境によっては外側が有利になることもあるので 、1号艇だから堅いとも言い切れないので注意しましょう。

モーターの調子をチェックしよう

ペラはモーターの性能を引き出す重要パーツ

ペラとは、 ボートを漕ぎだすためのプロペラ のことです。

ペラの調整がいいと速度のノリが速かったり伸びが良く、 ターンで放された挺身をストレートでまた詰め直すことに繋がるため 、非常に重要なパーツなんです。

競艇は会場ごとにクセが違う

競艇場01

選手の情報や戦績をチェック!

階級に加えて近況戦績などを見て連対率に注目したいところですが、 勝率を上げる秘訣 シリーズの変わり目では会場やモーターなども変わるため 、あくまで参考程度に留めておくとよいでしょう。

スタート隊形からレース展開を予想

競艇ボート07

スタート展示は必ずチェック!

展示タイムは直線でのスピードを測るものなので、ここで モーターやペラの調子 を参考程度ですが得る事ができます。

しかし、 進入コースに関しては必ずしも展示と本番が同じとは言えないので 、あくまで参考程度に見ておきましょう。

勝率の高い買い方・予想のコツ

ここまではボートレースに関する予想の仕方のコツを紹介してきましたが、次は買い方のコツについて紹介したいと思います。

競馬などと同じく、競艇にも単勝や3連単などといった複数の買い方がありますが、まず念頭に置いておきたいことは 「競艇はインコースの連対率が高い」 ということ。

的中率と回収率

的中率を上げると必然的に回収率は下がるので、しっかりと買い目を絞り込む事が勝率を上げるコツになります。

(番外編)競艇マニアの中の人が、競艇予想サイトを実践!

大穴狙いがセオリー

そこを突いて、荒れやすいレースで大穴を狙っていくのが、競艇の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

競艇予想サイトで予想を仕入れる

自分で知識を仕入れ、場数を踏み、自分なりの勝ちパターンを確立することも大切ですが、 競艇予想サイトを活用してみる のも、効率的に稼ぐ一つの方法です。

競艇予想サイトの予想結果

今回、評判のいい競艇予想サイトを実際に使ってみて、 実績結果を掲載 します。

無料情報で回収率 勝率を上げる秘訣 236%!「競艇トップ」

日付プラン名料金舟券代結果
1月11日無料03,50010,500
1月12日無料04,500不的中
1月13日無料010,50029,000
1月14日無料03,5005,500
1月15日無料06,00021,000

無料予想限定で、競艇トップを使ってみたところ、236%を記録できました!運が良かった部分も大いにあると思いますが・・・

LINEで友達追加するだけ で無料情報がGETできるので、初めて予想サイトを利用する方にはおすすめです!初回登録で 10,000円分のポイント がもらえるのも嬉しいですね。

無料情報で回収率 213%!「ボートONE」

日付プラン名料金舟券代結果
2月12日無料03,5007,900
2月13日無料04,500不的中
2月14日無料010,50024,500
2月15日無料010,00027,000
2月16日無料02,5006,850

無料予想限定でボートONEを使ってみましたが、結果は嬉しい213%!

初回登録で1万円分のポイント がもらえるのもポイントです。

ボートONE公式サイト:https://boatone.net/

無料情報で回収率 184%!「競艇ジャブジャブ」

日付プラン名料金舟券代結果
1月15日無料010,00025,488
1月16日無料05,勝率を上げる秘訣 00016,670
1月17日無料05,000不的中
1月18日無料05,000不的中
1月19日無料010,勝率を上げる秘訣 00022,520

競艇ジャブジャブは有料プランがオススメと言われていますが、超大穴狙いでハイリスク・ハイリターンだったりするので、無料情報を使ってみたところ、還元率の高い的中が出て184%を回収できました。

【テニス】試合で勝てない方必見!勝率を上げる近道とは

スタッツの各項目は英語で書かれることが多く、その中に「unforced error」という項目があります。
これがいわゆるイージーミスです。「unforced」=「自発的な」という意味で、簡単なボールを自らミス(ネットもしくはアウト)してしまったということになります。
逆に相手のエース級のショットを触りはしたものの返球ができなかった場合は「forced error」となります。
相手のショットに触れることができなかった場合は「winner」、いわゆるエースとなります。

2019年全豪オープン決勝:ジョコビッチ対ナダル

Winners
ジョコビッチ:34本
ナダル:21本

Unforced Errors
ジョコビッチ:9本
ナダル:28本

2019年全仏オープン決勝:ティエム対ナダル

Winners
ティエム:31本
ナダル:38本

Unforced Errors
ティエム:38本
ナダル:31本

2019年全英オープン決勝:ジョコビッチ対フェデラー

Winners
ジョコビッチ:54本
フェデラー:94本

Unforced Errors
ジョコビッチ:52本
フェデラー:61本

2019年BNPパリバ・オープン決勝:ティエム対フェデラー

Winners
ティエム:24本
フェデラー:23本

Unforced 勝率を上げる秘訣 Errors
ジョコビッチ:25本
フェデラー:32本

勝率を上げる近道

ただ、派手なエースにこだわってしまうと勝ち星からは遠のいてしまいます。
大事なのは、エースの数より「イージーミスの数」です。

スピードバトルで勝率をあげるコツ

適当にやって勝ち続けることはほぼ不可能で、上位のプレイヤーは城情報を頭に入れて戦っている。
どんなモンスターが何階にいて、そのフロアでどんな敵が予兆として現れのか、フロアーの大きさはどの程度なのか等…。
特にオジャマカードの「サモンモンスター」を使う時に有効なフロアを知ることで、より自分を優位に運べることが可能です。
城によっては落ちアイテムが特殊な城もあります。攻撃魔法が多めの城では序盤から回復アイテムを使っていると、終盤足りなくなって勝ちきれない…。そんなことが起こらないように城情報をしっかり把握しておきましょう。

➁最初のアイテムの情報

最初の多量のアイテムの中には必ずあるアイテムが存在します(ただし部屋が小さく、障害物があると配置していない場合があります。その場合はフロアのどこかに配置されます)。
黄城:ポーション40、単ファイアー、単サンダー、マルチファイア
緑城:ポーション40、単ファイアー、単サンダー、マルチファイアー、マルチサンダー
青城:ポーション40、単ファイアー、単サンダー、マルチファイアー、マルチサンダー、ポーションSPECIAL、 ロングソード 、 パワーシールド

★オジャマカード編(使い方&対策)

①サモンモンスター

一番わかりやすい妨害カード相手に相手自身の周りに予兆を起こさせます。 勝率を上げる秘訣
相手にクリティカルヒット時:6体
自分より上の階のプレイヤー:5体
自分と同じフロアーのプレイヤー:4体
自分より下の階のプレイヤー:3体

(使い方)
できるだけ相手プレイヤーが相手したくないモンスターのフロアで使いましょう。また、相手が尋常じゃないくらい駆け上がっている時は使わないようにしましょう。使ってしまうとそのモンスターでマルチサンダーを使ってレベルを上げさせてしまい、相手はポーションが有効なアイテムとなってしまう(レベルが低いとポーションはアイテムとしては価値が無いため)。
ピエロに当てても通路に入って攻撃するだけで一掃できるので当ててもあまり効果なし。トレジャーハンターも通路で一掃できるのでそこそこしか効果なし。魔法使いに当ててもマルチファイヤーで一掃できるモンスター(例えば赤プリースト)で使ってもあまり効果なし。
意外と効果的に使うのは難しいカード。

(対策)
・打たれたモンスターを一気にマルチ攻撃魔法でレベルをあげて優位に進める
・通路に入ってモンスターを丁寧に倒していく(時間がかかる)
・通路に入って単特殊を使って防ぐ
・マルチ特殊で防ぐ
・テレポを使う(リスクあり)
・階段or祭壇へ逃げる(リスク激高)など

➁レベルダウン

城によって強さが変わるオジャマカード。成長補正がかかっている城ではものすごく強いです。
クリティカルヒット:10ダウン
自分より上の階:7ダウン
自分と同じ階:5ダウン
自分より下の階:3ダウン

(使い方)
とにかくクリティカルヒットを当てると相手はかなりきつくなる。
また対戦終了直前に使うことで順位を落とさないネガティブな発想だが、効果のある方法。
レベルダウンはピエロとトレジャーハンターが苦手なカード。

➂フロアダウン

(使い方)
複数人いる時や自分が出遅れている時も有効。例えば自分が5階に昇った時には複数人6階にいたとする。ここでフロアダウンを使えば落ちてきたプレイヤーについていけば道に迷うことなく6階へ上がれる可能性が高い。相手のオジャマだけではなく、自分に有効な使い方も知ろう。
また、1本道(下り階段から昇り階段までが1本道のこと)でフロアダウンを使うのも有効。
高等テクニックとしてはフロアダウンを効果的に使うために自分から階段を下ってから使う方法もある。例えば全員5階で階段上ったらフロアダウンが落ちていた時。このままだと自分が6階、他のプレイヤーは5階だが、自分が下ることによって全員5階となる。この状態でフロアダウンを使って自分を除く全員を4階へ落とし、自分は6階へ上って差を突き放す方法もある。

④トルネード

(使い方)
正直使い方が困るオジャマ。使いこなせるプレイヤーは間違いなく高段者です。
迂闊に使うと昇り階段や祭壇に飛ばされ、相手プレイヤーに優位を与えてしまうからです。
いまだに管理人も「このやり方が鉄板!」という方法は持っていないので、あれば情報をよろしくお願いします。
強いていえば、階段部屋または祭壇部屋で相手プレイヤーに打ち込むことが有効だが、かなりピンポイントになってしまう。
また、オジャマカードをクリティカルヒットを当てた最後にトルネードを使うとクリティカルヒットを受けたプレイヤーはホルダーのアイテムをばらまいた後飛ばされるので、クリアーできる確率が減る等…。

➄スティール

(使い方)
基本的に3種類の使い方がある
一、ポケットに空きが2つある時
スティールを使ってポケットの空きが3つ。そこから他のプレイヤー3人から1枚ずつ盗みポケットをアイテムで埋める方法。
二、拾った瞬間ポケットがある場合
三、道中にアイテムが少なく、相手のポケットに有効なアイテムで埋まっている時
有効なアイテム盗み易い。ただ、なかなか判断の力が要求される。

⑥グラビティ

相手プレイヤーを20秒間行動を遅くする。
残り10秒間グラビティ状態でグラビティを受けると残り30秒ではなく、残り20秒となる。
ただし、ダークネスとは重複する。

(使い方)
一応クリティカルヒットを決めた方が遅くなるが、そこまで気にならないレベル。
つまり基本的にいつでも有効なオジャマカード。
有効な使い方は最上階でギャンブラーに当てるとどこに祭壇があるかがある程度検討がつく。ギャンブラーは最上階では祭壇の道を知っているのでグラビティを当てて行先を教えてもらおう。
また、フロアダウンを使った、または使われた時に自分以外のプレイヤーが落ちた時に使うのも有効。なぜなら、グラビティ中は進む速度が極端に遅くなるが、アイテム使用時は通常のスピードで処理されたり、攻撃モーションも通常だったりする。つまり、歩く速度以外はそんなに変わらない、ということ。フロアダウンを受けたプレイヤーは基本的に上り階段へ行こうとしているので、移動が基本となるため、そこでのグラビティは結構痛い。

⑦ダークネス

(使い方)
相手がかけあがってレベルを上げたい時に使おう。マルチ攻撃で一気にレベルを上げる予定を狂わそう。レベルが足りなくて20秒間止まらざるを得ないことがよくある。自分または他のプレイヤーがサモンモンスターを使用した際に追従して使うのも効果的。
トレジャーハンターは貫通能力を失わせる厳しいオジャマとなる。

★オジャマカード(注意)

よくあるがちな上級者になれない人のオジャマの使い方を紹介します。
また、なぜそれがダメなのかもセットにして解説します。
もしあなたがこのようなことを‘当たり前’と思い込んでいたら、それが勝てない原因かもしれません。

拾った瞬間にオジャマカードを使う人
とにかくわからないのでオジャマカードを使っちゃえ、のプレイヤー。
有効に使っていないので、効果も薄い。上記の「オジャマカード(使い方&対策)」を見て、どんな時に使えば効果的かを一通り流れを掴みましょう。

とにかく他のプレイヤーが最上階に辿りついたらオジャマカードを使う人。
典型的な上級者になれない人の思考。こんな雑なプレイで勝てるならみな上級者です。
このオジャマカードを使う人は
「自分が1位(勝つ)ために使う」
のではなく
「1位を引きずり落とす」
という思考。
結局1位にはほど遠い使いかたです。これで勝てる時はあなたが大概2位の位置に付けているときだけです。
またこのやり方は非常にリスクを伴います。最上階のみにオジャマカードを使うことが前提なので、ポケットにオジャマカードで持てるクリアするためのアイテムが持てなくなる、ということです。これでは本末転倒です。クリアできないなら1位を取ることもできません。
もう一つのリスクは常に持ち歩くため、スティールで盗まれる危険性が高いことです。盗まれると逆にあなたがそのオジャマカードを受けることなります。つまり返り討ちに遭います。

では有効に使うにはどうすればいいのか?
サモンモンスターは全ての城の予兆のモンスターを暗記する必要はなく「この城の何階でのサモンモンスターが有効だ」というのを知るだけでいいです。
特にリリベル、スピット、赤プリースト、リスタール、ハンマーシェル、忍者、ビショップ、風神、アラマンダ、ビーンジャンプ辺りは知っておく必要があります。
いやらしいモンスターのフロアで使ってオジャマカードを持ち続けないようにしましょう。

相手に優勝させないためには、最上階にたどり着かせないこと。

繰り返しの説明になりますが、そもそも相手に優勝させてしまうのは、相手に最上階に到着させてしまうあなたのミスです。
最上階はまともに敵と戦ってクリアーするプレイヤーは少ないです。しかもマップやテレポ、スピードアップなどを駆使して祭壇へ向かうのでオジャマ効果は薄いです。
なので、相手に最上階に到着しないように心掛けましょう。

勝率を上げる秘訣

第4回 勝てるプレゼンテーション!勝率を上げる4つのポイント

今回は「勝てるプレゼンテーションのポイント」についてです。

■プレゼンルールを確認しよう!

■「プレゼン計画表」をつくろう!

(参考例)
・ヘッダー(案件名、日付など)
・各項目のプレゼンの所要時間
・要点の箇条書き
・競合対策

■質問への「回答」を準備しておこう

■リハーサルで精度を上げよう!「15分 3ステップ」

作成したプレゼン計画表を手元においたら「15分 3ステップ」で実践!
その具体的な流れをご説明していきましょう。

ステップ①
まずは計画表にそって、進めます。このとき各項目のラップタイムを計っておきましょう。
終わった時点で予定より時間をオーバーしている部分があるはずです。

ステップ②
修正し直したプランで再度リハーサルを行い、予定通りの時間内に収まるまで繰り返します。

ステップ③
質疑応答も含め、全体を通してプレゼンを行います。

この「15分 3ステップ」を行うことで、効率的に最大の効果が発揮できるプレゼンテーションに仕上げることができます。
余裕があればステップ①~③のサイクルを繰り返し、精度を高めていきましょう。

■まとめ

プレゼンで勝つためにはルール確認や事前の計画表づくり、リハーサルなど「すべきポイント」があることをお伝えしました。仕組みを理解して「勝てるプレゼン」を目指していきましょう!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる