テクニカル分析の基礎

ディバイスに合わせたお取引ツール

ディバイスに合わせたお取引ツール
テクノロジーの進化や個人の趣味嗜好の多様化に伴い、近年、デジタルサービスやマーケティングにおいて、一人ひとりに合わせて最適化するパーソナライズ化が進んでいます。一方、従来のデジタル広告では、デバイスやブラウザ、 広告識別子ごとに別々のユーザーとして判定されてしまうために、デバイスやブラウザ 単位での最適化に留まっていました。しかし、スマートフォンやタブレット、PCなど複数のデバイスを利用するユーザーが増加したことで、デバイス間やアプリ・ ブラウザ間を横断したユーザー単位での最適化配信や効果測定を求める声が高まっています。

Web3での金融サービスの理想形と課題。キーワードは「救済」

JAPAN INNOVATION DAY 2022 by ASCII STARTUPの中のセッション「分散型金融はFinTechの本命となるか? 2032年、10年後の金融サービスを議論する」では、後述で紹介する2人の有識者に、未来像や課題を存分に語ってもらった。議論のテーマとなった以下の3点に対して、本記事では、その内容を再整理してお届けする。(以下、本文敬称略) ●テーマ1:10年後(2032年)の金融サービスの理想形は? ●テーマ2:技術的には何が進化していると考える? ●テーマ3:既存の金融サービスと分散型金融は共存できる? 登壇した二人の有識者 将来銀行の支店はなくなるが、残る対面サービスもある ――本日は有意義な議論をよろしくお願いします。まずは、未来の金融サービス像について、思うところを話してください。 三根:分散型金融がどれくらい既存金融に入り込んでくるかはさておき、駅前とかによくある銀行の支店がなくなっていくのは自明です。現金を使うのに、ATMだけは残るかもしれませんが、基本はスマホやそれにかわるデバイスがあれば、金融サービスが利用できますから。 毛利:実際、私はほとんど銀行にすら行きません。ネット銀行のサービスを使えば、いつでも振込できるし、ネット証券のサービスでいつでも資産形成できますよね。 ――スマホが苦手といった技術的弱者がいる限り、対面サービスは残りませんか? 三根:2022年の今現在、ATMすら触ったことがない人がいるのも事実です。主に高齢者なのですが。人間には寿命がありますから、ATMが使えない。スマホが触れない。というような、オールドテクノロジーな人は淘汰されていきます。 毛利:一方で、不動産の鑑定とか、人の目でないと実現できないビジネスもありますよね。 三根:複雑な相談業務は、対面サービスとして残るでしょうね。例えば、住宅ローンの契約相談や、金融とは少し離れますが、弁護士への離婚の相談などがあります。 対面と言いつつ、ZOOMなどのオンラインの会議システムを使うかもしれませんが。 ――対面×オンラインで、メタバース空間だと銀行の支店窓口サービスはできますか? 三根:今の技術のままだと無理だと思います。メタバース用のゴーグルは、解像度が上がってきて、使いやすくなりましたが、まだまだ現実感が足りません。 そもそも、メタバースの中で、金融サービスを使いたいという行動要求が起こるかどうかですよね。メタバースって、恋愛とか人間が生身じゃないとできないことのほうが親和性があるので、金融サービス自体メタバースで実現するのは懐疑的です。 分散型金融サービスにはセキュリティの課題がある ユーザーへのサポートが必要だが、対面でのサポートは難しそう ――分散型金融ではどのような課題があると思いますか? 三根:ブロックチェーン基盤であるWeb3の金融サービスでは、ユーザーの識別に使う「認証」が課題になるでしょう。①ID・パスワード、②生体認証、③所持物(スマホなど)認証を組み合わせないと、ハッキングや盗難リスクが低減できません。 毛利:ブロックチェーン側のセキュリティの観点だと、例えばイーサリアムの「zk Rollup」などの技術があります。データの記録を行なうトランザクションを高速化しつつ、その検証を数学的に行える技術です。これにより、高速かつ安全に取引が行えます。 そもそもブロックチェーンをデータ基盤とした金融サービスDeFi(Decentralized Finance:分散型金融)では、取引の仲介を行なう事業者が存在しないのが前提です。 ディバイスに合わせたお取引ツール そのため、ハッキング事故が起きて暗号資産が盗まれてしまっても、自己責任となるので、ユーザーのセキュリティだけでなく、ブロックチェーンネットワークのセキュリティ強化が課題となり、それに対するソリューションも現れてきています。 三根:ブロックチェーンネットワーク側のセキュリティ性能向上も含め、顧客をサポートする分散型自律組織(DAO:Decentralized Autonomous Organization)が今より充実していくのは明らかです。技術要素が満載で、利用を躊躇している人をサポートしないと、分散型金融サービスを社会に浸透させるのは難しいですから。 ――DeFiの利用を対面でサポートしてくれる「DeFiの窓口」みたいな店舗は街中にできると思いますか? 毛利:将来的にはありえますが、今の形のDeFiではオンラインでのサポートが基本になるかと思います。DeFiの世界では詐欺が多く、サポートは公式コミュニティに直接問い合わせるのが主流です。ブロックチェーンは基本、誰でもデータが参照できるので、保有している資産がわかってしまうんですよね。そのため、私がかかわっているDeFiのコミュニティの人達も、オフラインは怖いと考えている人は多いです。 既存の金融サービスと分散型金融の共存は可能。キーワードは「救済」 ――既存の金融サービスが分散型金融を手掛けた場合、どのような動きになると思いますか? 三根:取引トラブルが発生した時のために、信用担保の仕組みが必要だと考えています。分散型金融とはいえ、取引は基本、人間同士が行いますので、紛争を解決する手段が必要です。しかし、紛争を解決する仲介業者が存在して取引コストがかかると、分散型金融のメリットが享受できなくなるというジレンマがあります。 毛利:中国などが進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)が、紛争解決に必要な仲介者として、国が出てくるシーンはあるんじゃないかなと思います。通貨の仕組みを中央集権から脱却したいという分散型金融の思想に反するようにも見えますが、何らかの救済措置が必要だと思っています。 ――救済措置として考えられる施策は、国が出てくる以外だと何かありますか? 毛利:どこかしらで、第三者の目が入ればいいと思います。DAOの中で紛争やトラブル解決ができればよいのですが、結局、人間がちゃんと見なきゃいけないと考えます。2016年6月に起きたハッキング事件では、開発者たちがデータのロールバックをして救済措置を講じていますから。この方法にも様々な議論があるので、よりスマートな方法が出てくるのが望ましいです。 分散型金融がどう既存金融に入り込むかは未知数だが、 スピード感は上がり、面白いサービスが登場するだろう ――最後に、今後の分散型金融と既存金融サービスの動向について一言お願いします 毛利:よく言われる話ですが、金融サービスに限らずWeb3全体は、インターネット黎明期と同じ状態になっています。またWeb3のサービスの利用には自助努力が必要不可欠になるので、先に話したように、救済措置とかユーザーサポートが必要になるのも事実ですが、おもしろいサービスがたくさん出てくるに違いありません。 三根:技術が進化し続ける限り、人類の未来はよくなると信じています。ブロックチェーン技術の魅力は、コンポーサビリティという、さまざまな機能、サービスをつなぎ合わせやすい点にあります。それゆえ、すべての金融サービスがブロックチェーン上に実現できる可能性もあります。 ブロックチェーンのネットワークには、国や国境という概念が存在しない。国単位での規制が基本となっている金融サービスに対して、分散型金融がどう歩み寄っていくのか。金融の技術進化、つまりFintechには欠かせないと見て間違いなさそうだ。 三根:技術に興味がある人が増えて、技術進化のスピードが上がっています。ロシア・ウクライナ問題で、ロシアへの制裁が1か月たたず行えたスピード感は、サービスの進化のほうでも同じといえるでしょう。 毛利:法規制に対しては、自分みたいな若手も積極的に声を上げて、健全な金融サービス作りに貢献しないとですね。 「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内 ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。 文● 久我吉史 編集●ASCII STARTUP編集部

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる