外国為替に関する取引戦略

移動平均線と水平線

移動平均線と水平線
移動平均線を使う目的は次の3つです。

FX移動平均線を利用!相場予想に役立つトレード手法4つと注意点

移動平均線を利用したトレード手法

移動平均線を利用するメリット

移動平均線を使う目的は次の3つです。

目的1:トレンドを把握する

基本的な考え方は、移動平均線が上向きは上昇トレンドなので買いエントリーし、移動平均線が下向きは下降トレンドなので、売りエントリーすれば稼げます。

このように、 相場の上げ下げに乗っかって利益を出す ために移動平均線を使うのです。

目的2:トレンドの強弱をとらえる

その理由は、トレンドが強ければ強いほど、エントリーの精度も上がるからです。

具体的には、移動平均線の 角度が垂直に近ければ近い ほど、そのトレンドの強さを意味します。

目的3:サポート・レジスタンスラインとして使う

レンジブレイク

サポートラインとは相場の下支え、レジスタンスラインとは相場の抑制線なので、 エントリーや決済の目安 にできます。

FX 移動平均線の弱点2つ

移動平均線を利用するデメリット

移動平均線には弱点もあるので、以下の2つを押さえておきましょう。

弱点1:レンジ相場には弱い

そのため、レンジ相場では移動平均線の使用を控え、直近の高値で売って安値で買う取引を繰り返すトレード戦略を使いましょう。

弱点2:トレンド把握が遅め

その理由は、実際にトレンドが生じてから 移動平均線に表れる までのタイミングが少し遅いからです。

手法を知る前に!FX 移動平均線の最適な期間設定方法

メジャーな期間を設定しよう

FXの相場は売りか買いの多数決で動くため、 多くの投資家に使われているテクニカル分析 を使えば予測の精度を上げられます

そのため、移動平均線も 移動平均線と水平線 メジャーな期間 を使うのが大切です。

短期派(日足)「5・10・25」
「5・20・40」
中期派(日足)「20・40・200」「5・25・75」
「20・40・200」
「25・75・200」
長期派(週足)「13・26・52」

FX 移動平均線を使ったトレード手法4つ

おすすめのトレード手法4選

移動平均線を使ったトレード手法には、以下の4つがあります。

チャートは縦軸とローソク足に注目!トレンドラインより「水平線」が重要な1つの理由

チャートの縦軸とローソク足に注目! トレンドラインより水平線が重要な1つの理由

テクニカル指標・チャート分析

ライン描画にはいろいろな種類がある

  • トレンドライン
  • チャネルライン
  • 水平線
  • 垂直線
  • フィボナッチ・リトレースメント

トレンドライン(サポートライン)の例 チャネルラインの例 水平線の例

フィボナッチ・リトレースメントの見方・使い方

水平線、トレンドライン、チャネルラインをおさらい

  • サポートライン(上昇トレンドライン、下値支持線)
  • レジスタンスライン(下降トレンドライン、上値抵抗線)
  • ホリゾンタル・サポートライン(水平下値支持線)
  • ホリゾンタル・レジスタンスライン(水平上値抵抗線)

トレンドラインは斜めに描いた線というイメージがある方も多いかも知れませんが、 水平に引いた線もトレンドラインの一種 です。

サポートライン、レジスタンスラインの意味と引き方

サポートラインの場合

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

  1. 意味ある2点以上の安値と安値にサポートライン引く。
  2. サポートラインを下回る安値があってはいけない。
  3. 引いたサポートラインを下回る安値が将来出現したら、その時点でこのラインは役割が終わるが、同時にその時点で下降トレンドに転じたか判断する必要がある。
  4. サポートラインは、レートがもっとも近い過去の高値(山のピーク)を上回ったら引くことができる。

レジスタンスラインの場合

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

  1. 意味ある2点以上の高値と高値にレジスタンスライン引く。
  2. レジスタンスラインを上回る高値があってはいけない。
  3. 引いたレジスタンスラインを上回る高値が将来出現したら、その時点でこのラインは役割が終わるが、同時にその時点で上昇トレンドに転じたか判断する必要がある。
  4. レジスタンスラインラインは、レートがもっとも近い過去の安値(谷のピーク)を下回ったら引くことができる。

複数のトレンドラインを描画してもOK

チャネルラインの意味と引き方

チャネル(channel)には水路、細い溝という意味があるように、 チャネルラインは「レートが狭い水路をジグザグに通過する動きを分析していこうとする手法」なので、本来の大きな川の流れをみるトレンドライン分析の補助的な存在 である、という風に分けて考えなければいけません。

上昇チャネルラインではサポートラインと上方向に平行なハイアーチャネルラインが描かれる

上昇チャネルラインを構成する2本の線

  • サポートラインの上に引くハイアーチャネルラインを 「上チャネルライン」
  • レジスタンスラインの下に引くロワーチャネルラインを 「下チャネルライン」

水平線の意味と引き方

2点で描く水平線

レンジ相場の水平線

レンジ相場の水平線

  • チャートで2点以上の安値に引く水平線を 「水平サポートライン」
  • 移動平均線と水平線
  • チャートで2点以上の高値に引く水平線を 「水平レジスタンスライン」

1点で描く水平線

このうちサポートレベルラインやレジスランスレベルラインですが、 ヘッド・アンド・ショルダーでいうところの「ネックライン」のこと で、こちらについては後述します。

水平線の信頼性が高いと考えられる理由

チャネルラインの信頼性

このように チャネルラインはサポートラインまたはレジスタンスラインとの2本で示されるため、相場動向によってトレンドラインよりも多く、ラインの引き直しが行われてしまう のです。

トレンドラインの信頼性

サポートライン、レジスタンスラインは反転の兆しを見せたあとに 「レベルラインの逆転」 が起こります。

レベルラインの逆転はネックラインのこと

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

以下は逆ヘッド・アンド・ショルダーの形状ですが、 レッドのレジスタンスレベルラインがブルーのサポートレベルラインに変化 していることを示します。

下降トレンドから上昇トレンド転換時におけるレベルラインの逆転

レベルラインの逆転

逆ヘッド・アンド・ショルダーでネックラインがレジスランスレベルラインからサポートレベルラインへ変化する様子

移動平均線と水平線 レベルラインの変化

トレンドラインよりも水平線が重要とされる理由

ですが 水平線は意味のある価格を示し、だれが引いても位置が変わらないため、世界中の投資家が同じ価格を転換と捉えることが可能 です。
(FX業者のレートによって多少の誤差はあります。)

「頭と尻尾はくれてやれ」という投資格言がありますが、 水平線を使ったブレイクアウト手法は、ブレイクアウト後のトレンド転換に期待した手法 ということなのですね。

水平線を意識するトレーダーは多い

つまり斜めのトレンドラインよりも水平線が重要とされている理由ですが、多くの投資家が 『信頼性が高い』 と考えているからです。

スマホアプリで水平線を引くならGMOクリック証券!

しかしGMOクリック証券のスマートフォンアプリ、GMOクリック FXネオ(iPhone/Android)は、 描画ラインを異なる足種に表示させることが可能 です。

チャート設定で「描画ラインを時間足共通で表示」をオンにする

チャート設定

足種を変更してもトレンドラインが消えない!

足種を変更してもトレンドラインが消えない!

【FX中級者向け】絶好のエントリータイミングって実際のところ『重複ポイント』って話

絶好のエントリーポイント

勝率高い

チャートからキャッチした 「反転しそうな材料」が二重三重に重なる部分、これが絶好のエントリーポイント となります。

また、トリプルトップが出現しソーサートップや上髭がでても、 反転に期待できる材料がバックにない場合は勝負に期待できません

勝率低い

大きく強い反転しそうな材料に、どんどん他の反転しそうな材料を重ねていくイメージ です。

そしてもちろん、 FXの引き出しが多ければ多いほど重複ポイントを増やすことができます

当ブログでは、FXをいちから学び実践的な力をゲットするためのメルマガを配信しています。この記事の一番下に登録フォームがあるので、ぜひ登録してくださいね( •̤ᴗ•̤ )

エントリーから決済まで

  • 損切:トリプルトップの最高値の上に設定(ここを上抜けたらトリプルトップじゃなくなってエントリー根拠がうすれるから)
  • 利確:もみあいゾーンの上に設定(意識されそうな抵抗帯だから)

損切りを建値に移動したいけど堪えた場面

損切りを建値に移動できた場面

ようやく、下降トレンドらしく高値が切り下がってきました。これでようやく「戻り高値の上」兼「建値の下」に損切りを移動することができます。

移動平均線

移動平均線 ゴールデン・クロス

シンプルな計算式でチャート上に描かれた移動平均線には、2つの意味があると考えられています。
一つ目は、前述の通り、価格変動の傾向を示す指標としての機能です。
過去の終値の平均値を連続したデータである移動平均線は、価格変動から小さく上下動したブレを取り除き、スムージングされた大きな相場の方向性や勢いを表現したラインです。
短期的な価格変動に惑わされず、相場の基調を確認するのに適した指標であると言えるでしょう。

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

チャート - 横チャート

メニュー

  1. ① 通貨ペア
    チャートに表示させる通貨ペアを選択します。
  2. ② チャート周期・Bid/Ask
    チャートの表示周期とBid/Askを選択します。
    表示周期:1分/5分/10分/15分/30分/1時間/2時間/4時間/日足/週足/月足から選択できます。
    Bid/Ask:BidチャートとAskチャートの切替えができます。
  3. ③ チャートの種類
    チャートの種類を選択します。ライン/バー/ローソク足から選択できます。
  4. ④ 移動平均線と水平線 注文
    選択している通貨ペアの新規注文画面を表示します。チャート画面から直接、新規成行発注が可能です。詳細は、チャート注文をご参照ください。
  5. ⑤ チャート設定
    各テクニカル指標の設定や各ラインの設定を⾏います。詳細は、チャート設定をご参照ください。
  6. ⑥ 4本値表示
    日時、4本値を表示します。
    表示されている注文ライン、ポジションサマリラインをタップすると、各ラインの情報に切り替わります。
  7. ⑦ 描画ツール
    チャートにトレンドラインや水平線などを描画できます。詳細は、描画ツールをご参照ください。
  1. ⑧ X軸・Y軸ライン
    X軸(日時)・Y軸(価格)をタップすると、それぞれのラインが表⽰されます。
  2. ⑨ 現在値ライン
    現在のレートがラインで表⽰されます。
  3. ⑩ 注文ライン
    現在注文中の指値・逆指値の価格が表示されます。注文価格が表示範囲外にある場合は、 ⑫ のように▲▼で表示されます。
  4. ⑪ ポジションサマリライン
    現在保有しているポジションの平均建値が、保有平均価格のラインに表示されます。平均保有価格が表示範囲外にある場合は、 ⑬ のようにで表示されます。
  5. ⑭ 表示エリアの調整
    オシレーター系テクニカル指標設定時にチャートとの境界線を上下にスライドすることで表示エリアの調整ができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる