FXの口座開設

トレーディングフロアとは

トレーディングフロアとは
Sberbank cooperates with well-known trading floors which allows you to make transactions with a variety of financial instruments.

トレーディングルームとは

トレーディングルームとは、金融市場で売買注文が行われるオフィススペースのことです。 これらの注文を実行する専門家はトレーダーと呼ばれ、彼らの仕事は市場価格の短期的な変化によって利益を得ようとすることです。 トレーディングルームはトレーディングフロアとも呼ばれ、これらのオフィスの多くは証券会社内にあり、その一部は世界の主要都市にある最大の投資銀行の一部です。 コンピューターやその他の技術機器の使用に依存する電子取引により、一部の取引室が主要都市以外で繁栄することも可能になりました。

堅牢なトレーディングフロアには、多くの場合、数百または数千の個々のトレーダーで満たされています。各トレーダーは、机上に複数のコンピューター画面を持ち、金融市場での取引活動を監視します。 取引は、コンピューターを介して、または口頭で電話を介してなど、電子的に行われます。 通常、トレーディングルームは、トレーダーがビジネスチャネルの金融市場に関する最新の放送を聞くことができるように配置されたテレビ画面を備えた大きなオフィススペースです。 ビジネステレビで株式が言及されると、通常、そのセキュリティで即座に売買活動が行われます。その後、トレーダーはそれを利用しようとします。

取引所は、実際に売買注文が実行される場所であり、ライブスペシャリストとブローカーが取引を行うか、注文を容易にするために電子機器が使用される取引室があります。 ライブスペシャリストで満たされたトレーディングルームは、オープンアウトクライシステムとして知られています。 このシステムでは、トレーダーはハンドシグナルに依存して、どの証券をどれだけ売買するかなどの取引詳細を相互に伝えます。

ニューヨークのナスダックを含む一部の取引所は完全に電子的であり、取引を実行するためにほぼ完全にコンピューターに依存しています。 電子取引は、取引に関与する人間の要素の一部を排除しました。 証券会社と証券取引所がこの高速取引方法を採用したため、何千人ものトレーダーが職を失いました。 ニューヨークとパリの2つの最大の取引所の合併であるニューヨーク証券取引所ユーロネクストを含むハイブリッド取引所は、電子システムとオープンアウトクライシステムの両方を組み合わせています。

大規模な取引所のトレーディングルームは、株式、債券、商品などの特定の資産クラス専用になっている場合があります。 トレーディングフロアとは 金融取引は、特定の地域の金融市場の規制当局によって監視されています。 トレーダーは、多くの場合、実行した取引の数に基づいて、また証券の売買価格に基づいて手数料と報酬を獲得します。

1. バーテンダーに何がおいしいか尋ねること 「フェルネット・ブランカ」や「ハイ・ライフ」を飲むためにバーに来たのなら、バーテンダーに何が好きかと聞くことは何の役にも立たない。どんな評判の良いバーでも、自分の好みではなく、客の好みに基づいてドリンクをつくることがバーテンダーの仕事だからだ。「テキーラが好きです」とか「何かトロピカルなものをお願いします」と言えば、バーテンダーは仕事がしやすくなるだろう。

2. 甘さに敏感な場合は どんなバーテンダーも、強さと甘味、酸味のバランスを取ることを目指しており、その柱の1つを完全に抜いてしまったら、飲みたくもないドリンクが出来上がることになる。甘さに敏感だったり、カクテルに砂糖を入れてほしくない場合は、「辛口のドリンクをお願いします」と言うか、ハイボールを注文しよう。

3. 自分のお気に入りのスピリッツに代えてもらう 古典的なカクテルの場合、「ビーフイーター・マティーニ」や「ワイルド・ターキー・マンハッタン」を注文することは全く構わない。しかし、「ハウス」カクテルの場合は別問題だ。バーテンダーはこだわりを持ってジンやラムなどの素材を選んでいるからだ。この場合に自分のお気に入りの酒に代えてもらうことは、そのドリンクを台無しにする可能性がある。

4. 飲みかけのドリンクを差し戻す カクテルが口に合わなければ、つくり直しを求めるべきであり、良いバーであればその選択を尊重してくれるはずだ。ただ、それにはしかるべき時とやり方がある。ドリンクを口にしたらすぐ、接客係かバーテンダーが近くにいる時に目で合図して知らせることだ。

6. ワンドリンク当たり1ドルのチップを支払う 大抵の客は高級カクテルに20%のチップを支払っている。そうする義務はないものの、それが基準であることを知っておくべきだろう。

7. 気を遣ってカクテルを注文する カクテルのメニューに好きな酒が載っていない場合、メニューにない古典的カクテルを注文するのを悪いと思う必要はない。客が好むものを提供することがバーテンダーの仕事だからだ。

8. 長居をする 席に座っている間に飲食し(お金を使い)、ドリンクを飲み終わった後20分以内に退席してもらえれば、店の経営者にとってはありがたい。1人当たり30分間隔で3ドリンクが、バーを楽しむための大体の目安だ。

9. 飲み過ぎる もし飲み過ぎたかどうか考えているなら、恐らく飲み過ぎだろう。米国の多くの州ではバー退去後の客の安全は、バーとバーテンダーに法的責任がある。飲酒を止められそうだと思ったら、無駄な抵抗はやめよう。

外部リンク

cat_17_issue_oa-bloomberg oa-bloomberg_0_1ji28rzrx5xrq_マンハッタン、家賃が下落-建設ブームの波に耐えきれず 1ji28rzrx5xrq 1ji28rzrx5xrq マンハッタン、家賃が下落-建設ブームの波に耐えきれず oa-bloomberg 0

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる