FX取引の魅力とは

そのレバレッジは投資入門者には必要か

そのレバレッジは投資入門者には必要か
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。 そのレバレッジは投資入門者には必要か
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

第 52 回 そのレバレッジは投資入門者には必要か?!

春です。就職活動に取り組む学生のみなさんから、就職活動の話を聞いたり、質問を受けたりする機会がでてきました。
初々しい学生さんたちの姿はもうその存在自体が眩しく、彼らからの質問に答えたあとは、今度は私の番とばかりに彼らに質問したりしています。
『投資に興味はありますか?』『いつ頃から、どんなきっかけで始めましたか?』
『どのくらいの頻度で取引するものですか?』などなど、完全に自分の興味津々さが
前面に出た質問内容ですが、ありがたいことに、みなさん快く回答してくれます。

その話の中で多くの学生さんが投資したことのある商品として名をあげたのがFX(外貨証拠金取引)です。
小額でも取引ができるので挑戦する人が多いようです。
また、
・今の大学生は為替レートをとても身近に感じている(海外旅行の経験も豊富なため、円高円安による損得計算を体験済み)
・インターネットでの金融取引に抵抗感がない(さすがインターネット世代)

といった点も、まだ社会に出ていない学生さんでも取引にいたる要因ではないかと思いました。
確かに一昔前の学生をとりまく情報や環境と現在のそれは大きくかわっています。
個人が誰でも手軽に自分のインターネット環境で情報を得、各種の金融取引が行えるようになったのですから、比較的時間を自由に使うことができる学生さんが投資を勉強して実践するのはいたって時流の流れにあったことに思えます。

ただ、ここでひとつ注意しておきたいのは、「手軽さだけで投資対象を選ぶのは危険である」ということです。
本来、FXは非常にリスクの高い部類の商品で、少額の資金を元手にして元手の数倍の金額の取引をすることができるというレバレッジを効かせた取引をすることが可能なのです。
元手が小さくても大きな利益を得ることができる場合がありますが、逆に損失が大きくなる場合もあります。
現物取引では飽き足らず、『レバレッジを利用して取引額を大きくしたい』と考える投資中級者以上向けと考えます。

投資入門者さんは、FX取引に挑戦しては駄目だということを言っているのではありません。
FX取引でもレバレッジを1倍にするなど、レバレッジのコントロールをすればリスクを抑えて投資することもできます。
でも、せっかく利用できるレバレッジを利用しないでずっと少額で取引する自制心を持ち続けるのは難しいのです。

レバレッジを利用した取引の良さと怖さを一か八かで自分の資産で試してみるようなことは避けていただきたいと思っています。
FX取引をするときには「自分自身にとって、レバレッジを利用した取引が適しているか」をきちんと考えて行いましょう。
現物取引だけでも外貨建てMMFのような商品で外貨に投資をすることが可能です。

■ 主なリスク
・ 外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生ずることがあります。また、取引金額がその取引について顧客が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
・ 取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・ ロスカットルールは、定められた証拠金維持率の範囲内で損失を確実に阻止するものではありません。

■ 委託証拠金(為替証拠金)
取引通貨の為替レートに応じて取引額に対して一定の証拠金率(4%)の証拠金(必要証拠金)が必要となります。
外国為替証拠金取引は、取引額が証拠金・保証金を上回る可能性があります。
必要証拠金は、リアルタイムの為替レートによって計算され常時変動します。

■ リスク
・ 当ファンドは、主に外貨建の公社債や短期金融商品など値動きのある証券に投資します。組入債券などは、金利の変動や債券発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等で値動きするため、ファンドの純資産価額も変動します。また、ファンドの受益証券は、純資産価額が外貨建で算出されるため、円貨でお受取りの際には為替相場の影響も受けます。したがって、投資元本を割り込むことがあります。
ファンドは元金が保証されている商品ではありません。これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。
・ ファンドの純資産価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「金利変動リスク」「信用リスク」「為替リスク」などがあります。

■ そのレバレッジは投資入門者には必要か 手数料等
当ファンドの取引にあたっては、以下の手数料等をご負担いただきます。
・ 申込手数料(税込):0%
ただし、売買時にスプレッド(為替手数料)がかかります。売買時の為替適用レートについては、仲値から次のスプレッド分がかかります。
米ドル: 買い 25銭/売り 25銭
ユーロ: 買い 50銭/売り 50銭
豪ドル: 買い 70銭/売り 70銭

<内訳>
管理報酬:年率0.01%(上限)
投資顧問報酬:年率0.15%(上限)
代行協会員報酬:年率0.65%(上限)
保管受託報酬:年率0.04%(上限)
管理事務代行報酬:年率0.06%(上限)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる