FX取引の仕組み

取引ルールと仕組み

取引ルールと仕組み
このルールで設定されている最小価格を下回る広告申込情報が 29 件あります。

統一価格設定ルール

リンクされた Ad Exchange アカウントを使用している場合、これは別のアド マネージャー ネットワークに属するサブの Ad Exchange アカウントになります。このアカウントは、お客様のアド マネージャー ネットワークに属するメインの(マッピングされた)Ad Exchange アカウントに関連付けまたはリンクされています。通常、サブの Ad Exchange アカウントは、メインの Ad Exchange アカウントにリンクされています。これにより、メインのネットワークでは、リンク先のアド マネージャー ネットワークの広告申込情報に対して広告枠のバックフィルを行うことができます。

「アド マネージャー A」ではサブの Ad Exchange アカウントを所有しており、 「アド マネージャー B」ではメインの(マッピングされた)Ad Exchange アカウントを所有し、 「アド マネージャー A」の広告枠のバックフィルを行っています。

「アド マネージャー A」からメインの(マッピングされた) 「Ad Exchange アカウント B」 の 「アド マネージャー B」に広告がリクエストされた場合、 「アド マネージャー B」 で設定されているルールがリクエストに適用されます。

統一価格設定ルールを作成する

1 つのアド マネージャー ネットワークで適用できる統一価格設定ルールは 200 個までです。​

  1. [広告枠] [価格設定ルール] に移動します。
  2. [新しい統一価格設定ルール] をクリックします。
  3. 価格設定ルールの名前を入力します。
  4. [ターゲティング] の横で、このルールを適用する広告枠を選択します。
  5. [価格設定] の横で、価格設定オプションを設定します。
    1. 価格設定ルールは、デフォルトで全員およびすべてのサイズとクリエイティブの種類に適用されます([すべてに価格を設定する] オプション)。必要に応じて、[特定のアイテムに価格を設定する] を選択し、指定したアイテムに個別の最小価格または目標インプレッション単価を設定することもできます。

    [特定のアイテムに価格を設定する] を選択すると、その下に [すべてを対象とした価格設定] チェックボックスが表示されます。このチェックボックスをオンにして、このオプションの最小価格または目標インプレッション単価を設定できます。オンにした場合、[すべてを対象とした価格設定] で設定した価格は、すべての広告主、ブランド、サイズ、クリエイティブの種類などに(このオプションより上で選択したものであっても)適用されます。すべてを対象とした価格設定について

    • 配信されたクリエイティブに一致する「ページ外」
    • リクエスト サイズに一致するモバイル インタースティシャルのサイズ(1024x768、768x1024、320x480、480x320)
    • 最低料金を設定する: 最低落札額は最小価格以上となります。
    • 取引ルールと仕組み
    • 目標 CPM を設定する(デフォルト): 目標 CPM は、広告掲載率と収益を高めながら、広告枠の平均の最小価格を一定に保つという、最小価格のもう一つの設定方法です。目標 CPM では、Google の機械学習技術を活用して、一致する広告枠の最小価格を動的に調整し、収益を最大化します。目標 CPM について

    統一価格設定ルールの管理とトラブルシューティング

    アド マネージャーには、オークションにかける広告枠や価格の管理に役立つ多くのツールとレポート ディメンションが用意されています。

    ルールによる広告申込情報への影響

    作成したすべての統一価格設定ルールについて、ルールで設定されている価格を下回る空き枠の広告申込情報の数を確認できます。なお、表示される広告申込情報の合計数は、ルールの価格を空き枠の広告申込情報の CPM と比較して算出したものであり、ターゲット設定は考慮されていません。

    影響を受ける広告申込情報を確認するには、最小価格または目標インプレッション単価を入力します。[影響を受ける空き枠の広告申込情報] に、指定した価格を下回る価格優先、ネットワーク、バルクの広告申込情報がすべて一覧表示されます。たとえば、次のような情報を確認できます。

    このルールで設定されている最小価格を下回る広告申込情報が 29 件あります。

    トラブルシューティング

    広告申込情報の [トラブルシューティング] には、統一価格設定ルールで設定した価格を下回る広告申込情報が表示されます。[配信されない原因] には、「価格設定ルールの最小価格を下回っています」と理由が表示されます。ここで、調査対象の広告申込情報をクリックすると、その広告申込情報に影響を与えている価格設定ルールを確認できます。「価格設定ルールの最小価格を下回っています」のトラブルシューティングについて

    統一価格設定ルールに関するレポート

    複数サイズの料金設定に関するレポートを作成する

    複数サイズのリクエストに関するレポートを作成するには、[クリエイティブ サイズ(配信済み)] と [リクエストされた広告サイズ] のディメンションを使用します。

    詳細ルール説明

    新規登録後すぐにゲーム参加が可能となりますが、この場合本会員登録完了までの間は仮会員状態となり、ランキングの対象となりません(同時に賞品獲得の権利もありません)ので速やかに新規登録時に送付するメールの内容に従い本会員登録の手続きを行ってください。
    また仮会員の有効期間は新規会員登録をした日を含め 7日間 となり、 この期間を過ぎますと仮会員期間中に保有していた株式、信用建玉はすべて強制決済されてしましますのでご注意ください。

    推奨環境・システム等

    本ゲームを快適にご利用いただくためには、以下環境を推奨いたします。
    【PC版】
    Microsoft Windowsの場合
    Firefox 最新版
    Google Chrome 取引ルールと仕組み 最新版

    Macintoshの場合
    Safari 最新版
    Firefox 最新版
    Google Chrome 最新版


    【スマホ版】
    Androidの場合
    Google Chrome 最新版

    iOSの場合
    Safari 最新版

    【スマホアプリ版】
    Android 7.0 以降

    半角英数字(ログインID、パスワード、注文株数、指値価格など)
    良い例:1234567890abcdefg
    悪い例:1234567890ABCDEFG

    お取引に関するルール

    信用:東証のうち制度信用銘柄に指定されたもの、トレダビ銘柄
    現物:東証、トレダビ銘柄
    ※投資信託、債券はお取扱いしておりません。

    1日に行える新規注文(現物買、信用新規買、信用新規売)は4回までとなります。
    ※アプリプレミアムサービス会員は無制限でご利用いただけます。
    ※現物売、信用返済買、信用返済売の各注文は制限なく行えます。

    一律 約定代金の 0.0525%(消費税含む) が、ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
    ※最低手数料105円

    トレダビ銘柄とは実際の株価や指数などから作成されたデータを元にした、現実の株と同じように売買が行える仮想の銘柄です。(信用取引も可能です。) 取引ルールと仕組み
    仮想の銘柄であるため、トレダビ銘柄は夜間や休日を問わず売買を行うことができます。
    ※一部メンテナンス時間があります。

    また以下の時間はメンテナンス時間となるため、トレダビ銘柄は取引を行うことができません。
    ・午前3時 ~ 午前6時

    取引ルールと仕組み
    項目ルール
    注文時間 下記の時間帯には、ご注文を受付けることが出来ません。
    ・大引け後 ~ 成績計算終了まで(注文状況により午後4時~5時頃に終了)
    ・午前3時 ~ 午前5時
    ※上記時間外でも、メンテナンス中のため、システムが停止している場合があります。
    注文の種類 成行
    指値
    逆指値(逆指値条件に到達後、成行注文)
    注文の有効期限 当日~その週の最終営業日(通常金曜日)までを選択
    注文の取消と訂正 注文の取消(キャンセル)取引ルールと仕組み と訂正については、「取消注文」「訂正注文」受付後、20分以上経過後に有効となります。 ただし、「取消注文」「訂正注文」後でも、20分以内に約定した場合は「取消」「訂正」できません。 この場合「取消注文」「訂正注文」はシステムが自動的にキャンセルします。 また、一部約定している注文の場合、未約定分に対しての「取消」「訂正」になります。
    単元株数 注文時の株式の数量は、「単元株数」の整数倍です。 取引ルールと仕組み
    ※例:単元株数が「1,000」の場合は、「1,000」「2,000」「3,000」. です。
    買付余力 注文時には、買付余力(購入できる現金資産・保証金があるかどうか等)をチェックします。
    ※以下に該当する場合は、注文の受付を拒否させていただきます。

    項目 ルール
    約定価格決定方法 本ゲームでは「直近約定値、出来高、気配値、気配数量」などの情報に基づき、現実の注文状況を類推し、シミュレーションを行ないます。
    「約定」は、ご注文された取引内容に対し、下記約定ルールに基づいた適切な「取引相手」を探し出すことにより確定いたします。また、現実の取引所における約定方法に基づき、競争売買における原則としてご注文された取引内容に対し、「優先度」が発生いたします。
    取引相手 「取引相手」とは、現実の注文状況データをもとに、弊社システムが類推した下記注文 売り注文時は、そのお取引銘柄についての「買い注文」 買い注文時は、そのお取引銘柄についての「売り注文」
    優先度 (価格優先の原則)
    買指値注文の場合、指値の高い注文を優先
    売指値注文の場合、指値の安い注文を優先
    (時間優先の原則)
    価格優先の原則で同等の優先度となる注文については先に出された注文を優先
    基準値 「基準値」とは、各証券取引所が独自の基準を設けておりますが、本ゲームでは情報ベンダーから取得した値を基に弊社システムが独自の基準値を設けております
    呼値 「呼値」とは、取引所で、売りまたは買いの意思表示のため唱える値段のことを言います。
    一部出来
    (一部約定)
    本システムでは、約定の際に「一部出来」を採用しております。 「一部出来」とは、1つの注文が1度に全て約定せずに、複数回にわかれて一部ずつ「仮約定」する状態のことを言います。注文が「一部出来」した場合は当日の取引終了時に「一部出来部分」のみ約定が確定し、残りの注文はシステムが自動的にキャンセルします。※画面上は「一部約定」と表示されます。
    その他注意事項 * 各注文において、「一部出来」した注文は当日の取引終了時に「約定」が確定いたします。残りの注文は全てシステムが自動的にキャンセルいたします。
    * 約定につきましては、より高精度なシミュレーションを行なっておりますが、「直近約定値、出来高、気配値、気配数量」など取得できる情報に制限があるため、現実の取引を正確に反映できない点を予めご了承下さい。
    * 売買が成立していないなどの理由から、現値、高値、安値などの情報が入手不可能な銘柄は約定しない場合があります。
    * 取引ルールと仕組み 上場当日は、情報ベンダーから送られてくる異常値での約定を防ぐため、始値・気配値等をもとゲーム独自に基準値を設け、値幅制限を設定しております。
    上場当日に実際の市場で急上昇や急下降したような銘柄については、ゲーム独自の値幅制限値を越えるケースもあり、その場合には約定させない仕組みになっております。
    項目 ルール
    最低委託保証金 30万円
    ※ゲーム内所持金(仮想マネー)
    委託保証金率 30%
    最低委託保証金
    維持率
    20%
    代用有価証券 全銘柄対象。掛け目80%固定。
    ※本ゲームでは全銘柄を対象とし、掛け目も80%固定とします。
    ※購入した現物株式は自動的に代用有価証券として扱われます。
    ※代用評価額は前日終値を参照しています。
    金利(年率) 買方金利:2.00%
    売方金利:0.00%
    ※ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
    貸株料(年率) 1.00%
    ※ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
    逆日歩 ゲームでは考慮しません。
    取引規制 日証金の発表に基き、信用新規売り・信用新規買いの注文が制限される場合があります。
    ※増担保の場合、ゲームでは信用新規新規売リ買いともに注文を制限させていただきます。
    管理費 ゲームでは考慮しません。
    ※実際には、1株(または1口)につき10.5銭(税込)
    制度信用/
    貸借指定解除
    制度信用でなくなった場合、未約定注文は自動取消します。
    返済注文の際は、制度信用かどうかのチェックをしていません。
    空売規制 ゲームでは、50単元超の信用新規売の注文は出せない仕様になっています。
    ※50単元超に50単元は含みません。
    ※実際のお取引では、注意文言は表示されますが、注文を出すことができます。ただし、注文方法(指値/成行)や、その価格によっては規制の対象となる場合があります。
    返済期日 ゲームでは考慮しません。
    税金
    (譲渡益税)
    ゲームでは考慮しません。
    諸経費が差し引かれる時期 買建/売建の約定手数料を含め、返済時にゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます。
    取引ルールと仕組み
    項目 ルール
    配当 配当金は考慮されません。
    受け渡しの概念 ゲームでは株券や現金の概念がありません。便宜上、即日受渡したことにしています。
    追証について 大引け後に最低保証金維持率を割ってしまっている場合は、追証となります。 ゲームでは入金の概念がないため、追証はすべて、強制反対売買で処理します。 ※実際では、入金により強制反対売買を回避できる場合があります。
    強制反対売買
    について
    未約定注文のキャンセルおよび、保有株式を強制的に成行売注文をします。大引けまでに約定しない場合は、ゲーム独自の処理として、情報ベンダーから取得した値に基づいて独自計算により清算します。
    ※現物株式の未約定注文はキャンセルされません。
    現金がマイナス
    になった場合
    保有銘柄、信用建玉を強制売却いたします。
    単元未満株
    (端株)について
    資本異動により単元未満株(端株)が発生する場合には、資本異動前の銘柄の直近終値にて、単元未満株に相当する株数を強制買取いたします。よって、単元未満株(端株)は発生いたしません。
    取引ルールと仕組み
    項目 現物取引 信用取引
    資本異動
    当日について
    資本異動当日の注文は受けません。未約定の注文はキャンセルします。 資本異動当日の注文は受けません。また、売買最終日およびその売買最終日の前日は、決済注文のみ可能で新規注文は受けません。
    返済期日の
    繰上げについて
    期日繰上げとなった建玉は、売買最終日の朝に強制的に成行注文を出します。成行注文が約定しなかった場合、直近終値での強制決済となります。
    新規上場 情報ベンダーからの株価データ取得後お取引が可能となります。 制度信用指定後からお取引が可能となります。
    株式分割 比率に応じて分割します。 非整数倍の分割比率の場合、期日繰り上げとなります。
    有償増資 割合に応じて株数が変動し、払込金が発生します。 期日繰り上げとなります。
    上場廃止 売買最終日に強制返済されます。
    「上場廃止」となった銘柄は、種類を問わず一切の注文を受け付けません。
    返済期日繰り上げとなります。
    「上場廃止」となった銘柄は、種類を問わず一切の注文を受け付けません。
    市場変更 本ゲームでサポートしている市場内であれば、変更後の市場でお取引が可能です。 本ゲームでサポート外の市場へ移動する場合は、上場廃止扱いとなります。
    株式合併 売買最終日に強制返済されます。
    期日繰り上げとなります。
    株式交換 売買最終日に強制返済されます。
    期日繰り上げとなります。
    株式移転 売買最終日に強制返済されます。
    期日繰り上げとなります。
    単元株数変更 変更後の単元株数でお取引が可能です。 単元株数が小→大に変更される場合、返済期日繰り上げとなります。

    【リセット後の損益、ランキング】
    ・各種ランキングは、リセット時に設定された資金を基準に、新たに計算されます。
    ランキングで計上される損益は、リセット後の取引のみが対象となります。

    カード決済業務のすべて

    カード決済業務のすべて

    カード決済の実務が初めてわかった!! これまで案外知られていなかった、クレジットカードやデビットカードなどの決済の仕組みを初めて解明した入門書。 取引ルールと仕組み 〈本書の三大特色〉 〈その1〉 クレジットカードの発行業務、加盟店業務の基本から、審査、オーソリゼーション、売上データ処理、請求、加盟店への入金、カード会社間の清算までの実務を徹底的に解説。 〈その2〉 国際ブランドの定めるチャージバックなどの取引ルール、不正防止対策など、これまで知られてこなかった国際ブランドの役割・ネットワークを明らかに。 〈その3〉 クレジットカードだけでなく、デビットカード、プリペイドカード、電子マネーなどの新しいカード決済スキームも網羅。さらに、NFCによるモバイル決済もフォローした最新の内容。 クレジットカード会社やシステムベンダーなどの実務家はもちろん、消費者相談に携わる弁護士、相談員、アドバイザーにお薦め。

    第1章 決済カード業務の概要と実務 1−1 カードビジネスの仕組み 1−1−1 カード取引を構成するプレイヤー 1−1−2 カード取引のフロー 1−1−3 カードの種類 1−2 イシュイング業務 1−2−1 入会・カード発行業務 1−2−2 途上与信(モニタリング) 1−2−3 不正使用対策 1−3 アクワイアリング(加盟店)業務 1−3−1 加盟店開拓 1−3−2 加盟店審査 取引ルールと仕組み 1−3−3 加盟店管理 1−3−4 加盟店債権の管理 第2章 カード決済ネットワークの概要と実務 2−1 国際ブランドの仕組みと運営 2−1−1 国際ブランドとは 2−1−2 国際ブランドの運営 2−1−3 国際ブランドの組織 2−1−4 ビザ、マスターカードのブランド運営 2−1−5 JCB 2−1−6 アメックス 2−1−7 ダイナースクラブ 2−1−8 中国銀聯 2−2 国際ブランドルール 2−2−1 例外なきブランドルール 2−2−2 カードフェイス 2−2−3 偽造防止用券面細工 2−2−4 不正防止のためのルール 2−3 国際ブランドプロダクツ 2−3−1 ブランドロゴ付きペイメントカード 2−3−2 その他サービス 2−4 国際間の決済ネットワーク 2−4−1 国際ブランドを介したカード取引の仕組み 2−4−2 国際ブランドを介したカード処理のフロー 2−5 国際ブランドを支える決済ネットワーク 2−5−1 国際ブランドの取引の実際 2−5−2 グローバルATMサービス(PLUS、Cirrus) 2−5−3 国際デビットカード 2−5−4 国際プリペイドカード 2−5−5 国際ブランド取引にかかる手数料 2−5−6 チャージバック 2−6 国内の決済ネットワーク 2−6−1 国内カード会社のシステム概要 2−6−2 情報処理センター 2−6−3 決済端末 2−7 決済実務の概要 2−7−1 オーソリゼーション実務 2−7−2 クリアリング実務 2−7−3 セツルメント実務 2−7−4 為替レート 2−7−5 サードパーティ・プロセッサー 第3章 金融決済用ICカード 3−1 ICカードの概要 3−1−1 ICカードの種類・規格 3−2 EMVとセキュリティ 3−2−1 EMV 3−2−2 EMV仕様 3−2−3 EMVのセキュリティ機能 3−2−4 SDAとDDA 3−2−5 EMV化の課題 3−2−6 EMV化を支える施策 3−3 少額決済スキーム 3−3−1 日本独自のローカルサービス 3−3−2 おサイフケータイ 3−3−3 国際標準サービス 3−3−4 GSMAによる標準化活動

    山本 正行(やまもと まさゆき) ヒューレッドパッカード、インテル、マスターカード・インターナショナル(現マスターカード・ワールドワイド)、ビザ・インターナショナル(現ビザ・ワールドワイド)などを経て、現在「山本国際コンサルタンツ」代表、関東学院大学経済学部経営学科講師、社団法人電波産業会・高度無線通信研究委員会特別委員(モバイルコマース部門)、株式会社電子決済研究所取締役などを務める。1987年東海大学工学部電子工学科卒

    取引ルールと仕組み

    • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
    • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
    • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

    レバレッジ取引における注意事項

    • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
    • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
    • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
      そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
    • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
      また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

    暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
    暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
    暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
    当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
    暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
    当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
    お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
    秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI 取引ルールと仕組み VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
    暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
    暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
    暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
    一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

    商号:SBI VCトレード株式会社
    金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
    暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

    取引ルールと仕組み

    チャージバックとは?クレジットカードの不正利用の仕組みと対策を解説しています。

    チャージバックは、「VisaやMaster Cardなどの国際ブランドが定めた不正な取引や処理からカード会員を保護するルール」として定められており、このルールに基づき運用されています。チャージバックが発生した場合、カード会社にはなぜチャージバックとなったか、理由を表すリーズンコードと共に通知されます。

    • サービスが提供されていない、または商品を受領していない
    • 有効期限切れのカード
    • 通貨コードまたは取引コードのエラー
    • ドキュメントが無効またはドキュメントに不備があるため
    • 非対面決済における不正利用 / カード会員の利用認否

    「クレジットカード売上の取消」を指す言葉であって、

    そのため、オンラインクレジットカード決済で発生するチャージバックの中でも、クレジットカード不正利用によるチャージバックが非常に目立つ様になっています。

    クレジットカードの不正利用とは?

    日本クレジット協会の発表(2019年3月)によると、2018年の年間を通じたクレジットカードの不正使用による被害金額は約219億円であり、2017年以降、「番号盗用」と呼ばれる不正使用による被害が急増していることがわかります。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる