FXを極めよう

FXのアルゴリズム取引とは

FXのアルゴリズム取引とは
1. HFTとは? HFTとは、High Frequency Tradeの略称で『コンピュータを使った金融市場での高速売買』の総称です。 1.1 HFTは何をもたらしているのか? 現在(執筆時:2013年)、金融市場では1000分の1秒(ミリ秒)単位で売買が執行されています。 このミリ秒単位の高速処理は、人間の認識のレベルを超えています。さらには、コンピュータの情報伝達速度さえも超えている可能性があります。 この状況は、市場が発信している情報が、自分のところに到達している時点で、すでに変わっているという結果をもたらします。 すなわち、『HFTは金融市場での取引が不確実な情報による環境下で行わなければならない』ことを意味します。 1.2 HFTとアルゴリズムトレードの関係 HFTを実施するためには、コンピュータによる執行が欠かせませんが、 それは執行手順を具体化するプログラムが重要です。 一方、アルゴリズムトレードは、市場データの分析をベースに作られるものであり、 直接、HFTとは関係はありません。 *執行が遅いアルゴリズムトレードは数多く存在します。 すなわち、アルゴリズムトレードのすべてがHFTを前提にするものではないのです。 2. アルゴリズムトレードは必須か? アルゴリズムトレードとは、アルゴリズムによる金融市場での売買、すなわち、『 コンピュータのよる自動売買 』の総称です。 2.1 FXのアルゴリズム取引とは アルゴリズムトレードの本質 わからない事とランダムな事は違います。 市場の構造がわからないとき、それを「ランダム」と考えるか、「わからない」と捉えるかで、やり方は全く異なります。 そこにアルゴリズム・トレードの本質があるのです。 *ランダムは数式になりますが、わからないは数式にはなりません。 2.2 誤解されているアルゴリズムトレード アルゴリズムトレードには、コンピュータが欠かせません。 コンピュータを使うと、作業の効率をとても高めることができるのですが、その一方で、コンピュータはプログラムされた通りにしか動きません。 すなわち、効率を高めることには活用できても、アルゴリズムトレードを自動的に儲けられる道具にすることはできません。 金融市場での儲けは「リスクをとったことの対価」であり、アルゴリズムトレードが収益を上げる可能性があるのであれば、それはリスクをとっているからです。 リスクを含め「 アルゴリズムが何とかしてくれる 」と考えている人がいるならば、それは 大きな誤解 です。 *もし、自動的に、必ず儲けが出せるのであれば、アルゴリズムトレードの提供者は、日本では贈与税を払わなければならないでしょう。 3. これまでの金融のリスクとは異なるリスク 金融工学は、値動きの激しさの度合いをリスクと定義しました。 これは資産を選択するという業務においては、とても便利でした。 ところが、タイミングを図る アルゴリズムトレードに対して 、これまでの金融リスクは必ずしも有効なリスク尺度になりません 。 <第2話へつづく>

バフェットの保有株トップ30!インフレへのシフト鮮明に

石原 順

4月30日付のCNBCの記事「Warren Buffett says inflation ‘swindles almost everybody,’ Munger rails against bitcoin, FXのアルゴリズム取引とは market ‘mania’ at Berkshire meeting(バークシャーの総会において、ウォーレン・バフェットはインフレが「ほぼ全員をだます」と述べ、マンガーはビットコインと市場の「マニア」を批判)」から、総会の様子を簡単に振り返る。

石油株に注力するバフェット、本格的なインフレ時代の到来なのか?

石原順の注目5銘柄

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

モトリーフール米国株情報

ストレイナー決算・ビジネスニュース解説

モトリーフール米国株情報

バフェットに学ぶ 岡元平八郎の米国株マスターへの道 高配当株の選び方 ESG脱炭素 半導体

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

第1話 HFTとアルゴリズムトレード

SimResluts2012

837E838A95b92P88CA94849483907D

1. HFTとは? HFTとは、High Frequency Tradeの略称で『コンピュータを使った金融市場での高速売買』の総称です。 1.1 HFTは何をもたらしているのか? 現在(執筆時:2013年)、金融市場では1000分の1秒(ミリ秒)単位で売買が執行されています。 このミリ秒単位の高速処理は、人間の認識のレベルを超えています。さらには、コンピュータの情報伝達速度さえも超えている可能性があります。 この状況は、市場が発信している情報が、自分のところに到達している時点で、すでに変わっているという結果をもたらします。 すなわち、『HFTは金融市場での取引が不確実な情報による環境下で行わなければならない』ことを意味します。 1.2 HFTとアルゴリズムトレードの関係 HFTを実施するためには、コンピュータによる執行が欠かせませんが、 それは執行手順を具体化するプログラムが重要です。 一方、アルゴリズムトレードは、市場データの分析をベースに作られるものであり、 直接、HFTとは関係はありません。 FXのアルゴリズム取引とは *執行が遅いアルゴリズムトレードは数多く存在します。 すなわち、アルゴリズムトレードのすべてがHFTを前提にするものではないのです。 2. アルゴリズムトレードは必須か? アルゴリズムトレードとは、アルゴリズムによる金融市場での売買、すなわち、『 コンピュータのよる自動売買 FXのアルゴリズム取引とは 』の総称です。 2.1 アルゴリズムトレードの本質 わからない事とランダムな事は違います。 市場の構造がわからないとき、それを「ランダム」と考えるか、「わからない」と捉えるかで、やり方は全く異なります。 そこにアルゴリズム・トレードの本質があるのです。 *ランダムは数式になりますが、わからないは数式にはなりません。 2.2 誤解されているアルゴリズムトレード アルゴリズムトレードには、コンピュータが欠かせません。 コンピュータを使うと、作業の効率をとても高めることができるのですが、その一方で、コンピュータはプログラムされた通りにしか動きません。 すなわち、効率を高めることには活用できても、アルゴリズムトレードを自動的に儲けられる道具にすることはできません。 金融市場での儲けは「リスクをとったことの対価」であり、アルゴリズムトレードが収益を上げる可能性があるのであれば、それはリスクをとっているからです。 リスクを含め「 アルゴリズムが何とかしてくれる 」と考えている人がいるならば、それは 大きな誤解 です。 *もし、自動的に、必ず儲けが出せるのであれば、アルゴリズムトレードの提供者は、日本では贈与税を払わなければならないでしょう。 3. これまでの金融のリスクとは異なるリスク 金融工学は、値動きの激しさの度合いをリスクと定義しました。 これは資産を選択するという業務においては、とても便利でした。 ところが、タイミングを図る アルゴリズムトレードに対して 、これまでの金融リスクは必ずしも有効なリスク尺度になりません 。 <第2話へつづく>

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる