FX動画

米国株投資までの5ステップ

米国株投資までの5ステップ
特に、リターンがそのまま再投資に回される分配方針の場合、投資額が年々増え複利運用ができるので利益率を高める事が可能です。そのため、 長期的にインデックス投資で銘柄を保有する人は、リターンを再投資に回す分配方式がオススメ です。

米国株式投資の魅力!注目の米国株式投資を始めよう

次に世界時価総額ランキング上位でもある、「GAFAM(アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトの総称)」の株価推移を見てみましょう。
グラフはそれぞれの株価を等分で合成したものになります。
なんと10年間で最大1,555.73(約15倍)に上昇しています。
これらの銘柄の商品やサービスを10年以上前から利用している方も多いのではないでしょうか。
このように誰もが知っていて、成長ストーリーを理解しやすい銘柄の株価が素直に上昇しやすいことも米国株の特徴かもしれません。

GAFAM合成チャートの推移

  • ※ QUICKデータをもとにauカブコム証券が作成。
    2011年10月終値を100として指数化。
    2011年10月終値~2021年9月終値の株価推移を表示。
    合成チャート内訳:Alphabet C(20%)、Apple(20%)、Facebook(20%)、Amazon.Com(20%)、MSFT(20%)

魅力② 国としての成長性

日米実質GDP成長率の推移

下のグラフは日米の過去5年間の実質GDP成長率(前期比年率換算)を比較したものになります。 米国株投資までの5ステップ
期間中、相対的に米国が日本を上回り成長していることが確認できます。
期間中の平均では日本の0.31%増に対して米国は2.43%増となっていました。
GDPは労働生産性×就業者数であらわされることもあります。
米国は労働生産性が高く、人口も増加し就業者数が増えているのです。

日米 実質GDP成長率の推移

日米の人口推移

人口の増減はGDPの増減に大きく影響します。
グラフは1980年からの日米の人口推移を表したものです。
日本の人口はすでにピークアウトし、減少しているのに対して、米国の人口は増加しており、今後も増加することが予想されています。

日米 人口推移

  • ※ IMFデータをもとにauカブコム証券が作成。
    1980年を100として指数化。一部予測値含む。
    <出典>
    IMF - World Economic Outlook Databases(2021年10月版)
    https://www.imf.org/en/Publications/SPROLLS/world-economic-outlook-databases

魅力③ 企業の魅力

だれもが知っているグローバル企業

米国市場にはだれもが知っているようなグローバルに展開する企業が多数上場しています。
GAFAMなど各分野において圧倒的な地位を持つハイテク企業が多い一方で、外食や食品、日用品などで日常に深く浸透している企業などが多数上場していることも特徴です。
だれもが知っているであろう企業の一例を紹介いたします。

Apple/アップル(AAPL)

Apple/アップル(AAPL)

Microsoft/マイクロソフト(MSFT)

Microsoft/マイクロソフト(MSFT)

Alphabet A/アルファベット 米国株投資までの5ステップ A(GOOGL)

Alphabet A/アルファベット A(GOOGL)

Amazon.Com/アマゾン・ドット・コム(AMZN)

Amazon.Com/アマゾン・ドット・コム(AMZN)

Facebook/フェイスブック(FB)

Facebook/フェイスブック(FB)

Visa/ビザ(V)

Visa/ビザ(V)

Johnson & Johnson/ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

Johnson & Johnson/ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

Procter & Gamble/プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(PG)

Procter & Gamble/プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(PG)

Walt Disney/ウォルト・ディズニー(DIS)

Walt Disney/ウォルト・ディズニー(DIS)

Netflix/ネットフリックス(NFLX)

Netflix/ネットフリックス(NFLX)

Nike/ナイキ(NKE)

Nike/ナイキ(NKE)

Pfizer/ファイザー(PFE)

Pfizer/ファイザー(PFE)

Coca Cola/コカ・コーラ(KO)

Coca Cola/コカ・コーラ(KO)

PepsiCo/ペプシコ(PEP)

PepsiCo/ペプシコ(PEP)

McDonald's/マクドナルド(MCD)

Moderna/モデルナ(MRNA)

Moderna/モデルナ(MRNA)

Starbucks/スターバックス(SBUX)

Starbucks/スターバックス(SBUX)

  • ※ チャートはすべてQUICKデータをもとにauカブコム証券が作成。
    2011年10月終値から2021年9月終値までの株価推移。

イノベーションを加速する成長企業

米国にはビジネスで重要となるヒト・モノ・カネ、そして情報が集約するといわれています。
そのような環境下ではイノベーションを生み出す成長企業も数多く誕生しており、中には短期間に大きな株価上昇を実現する企業もでています。
ここでは5年で株価が10倍になった(テンバガー達成)銘柄を紹介します。

ステップストーン・グループ

27.32 (5/25) 前日終値 前営業日、最後の取引値

--- (---) 始値 その日はじめについた値段

--- (---) 高値 その日はじめ(寄り付き)から現在までで、最も高かった値段

--- (---) 安値 その日はじめ(寄り付き)から現在までで、最も安かった値段

---株 (---) 出来高 その日取引された合計株数。売買高とも

---千 (---) 売買代金 その日取引された合計金額

採用指数はありません 採用指数 採用されている米国主要指数

板気配 売買の目安になる値段

米国株投資までの5ステップ
売気配 株価 買気配
--- ---
--- ---

1,660,818千ドル (5/25) 時価総額 市場が評価した銘柄の規模。株価×発行済株式数で計算される

60,791,米国株投資までの5ステップ 306株 米国株投資までの5ステップ (5/26) 発行済株式数 発行された合計株数。自己株式を含む

(連) 12.95倍 (20:00) PER (実績) 収益に対して、株価が割高か割安かをはかる指標。株価収益率とも

(連) 10.39倍 (20:00) PBR (実績) 純資産に対して、株価が割高か割安かをはかる指標。純資産倍率とも

(連) 2.11 (2021/03) EPS (実績) 1株あたりに換算して企業がどれだけ利益を上げたかを見る指標。1株利益とも

(連) 2.63 (2021/03) BPS (実績) 株主資本を発行済株式数で割ったもの。1株株主資本とも

55.19 (21/11/15) 52週高値 過去52週の中での、最も高い株価

22.39 (22/05/12) 52週安値 過去52週の中での、最も低い株価

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる