FXトレーダー

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは
[An]オンプレミスまたはクラウドベースのセキュリティポリシー実施ポイント。クラウドサービスの利用者と クラウドサービスプロバイダー の間に配置され、クラウドベースのリソースにアクセスするときにエンタープライズセキュリティポリシーを組み合わせて介入します。 CASBは、複数のタイプのセキュリティポリシーの実施を統合します。 クラウドブローカーとは セキュリティポリシーの例には、認証、 シングルサインオン 、承認、資格情報のマッピング、デバイスのプロファイリング、 暗号化 、 トークン化 、ロギング、アラート、マルウェアの検出/防止などが含まれます。

クラウドサービス仲介市場のトップキープレーヤー2022-Jamcracker、IBM、HPE、Rightscale、Dell、Wipro、Arrow Electronics

Accenture、Doublehorn、Jamcracker、IBM、HPE、Rightscale、Dell、Wipro、Arrow Electronics、Activeplatform、Cloudmore、Incontinuum、DXC Technology、Cognizant、Bittitan、Nephos Technologies、Opentext、Computenext、Cloudfx、Fujitsu、Tech Mahindra、ATOS、Cloudreach、 Neostratus、Proximitumおよびその他。

このレポートは、タイプに基づいて世界のクラウドサービスブローカレッジ市場をセグメント化します。

アプリケーションに基づいて、グローバルクラウドサービス仲介市場は次のように分割されます。

クラウドサービス仲介市場の地域分析:

レポートの提供および主要な下線の下にある重要な機能:

–市場の詳細な概要
–業界の変化する市場のダイナミクス
–タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場細分化
–量と価値の観点からの過去、現在、および予測される市場規模
–最近の業界の傾向と発展
–競争力クラウドサービス仲介市場の風景
–主要なプレーヤーと製品提供の戦略
–有望な成長を示す潜在的およびニッチなセグメント/地域

特別オファー:このレポートで最大25%の割引が利用可能:

レポートの主なハイライト:

  • 市場パフォーマンス(2016-2021)
  • 市場の見通し(2022年-2028年)
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 市場の推進要因と成功要因
  • SWOT分析
  • 価値連鎖
  • 競争力のある風景の包括的なマッピング

目次

-市場の概要
-プレーヤーによる経済的影響の競争分析
-地理的セグメンテーションによる生産、収益(値)
-タイプおよびアプリケーション別のクラウドサービス仲介市場規模
-地域の市場状況と展望
-クラウドサービス仲介市場分析と展望
-地域別の市場予測、タイプ、およびアプリケーション
-コスト調査、市場のダイナミクス
-マーケティング戦略の理解、ディストリビューターおよびトレーダー
-市場効果要因分析
-調査結果/結論
-付録

最後に、Cloud Services Brokerage Marketレポートは、ビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を得るための信頼できる情報源です。 レポートは、主要なロケール、アイテムの値、利益、制限、生成、供給、要​​求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。 Cloud Services Brokerage業界レポートは、新しいタスクSWOT分析、投機的達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を追加で提示します。

購入前の詳細情報またはクエリまたはカスタマイズについては、@にアクセスしてください。

カスタマイズ:

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)-Market Insightsレポート
電話:+1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
[email protected] | [email protected]

透明性、信頼性の高い米国不動産取引

一方、米国では、各州でライセンスが発行される、不動産ブローカー(Real Estate Broker Person。ブローカー)と不動産セールスパーソン(Real Estate Sales Person。エージェント)という2種類の資格があり、ブローカーの方がレベル・地位ともに上級とされています。ブローカーは日本では宅地建物取引業者にあたり、エージェントが同じく宅地建物取引士に近いものといえます。両者の違いは、ブローカーでないと、不動産事務所を開設することができないことです。一方、エージェントはブローカーに所属しないと、営業することができないことになっています。

米国の不動産営業はプロフェッショナルのみ

さらに、入会を認められたブローカーのみが、全米リアルター協会(NAR:National Association of Realtors)のリアルター(Realtor)と称することができます。NARは、1908 年にシカゴで設立され、現在はおよそ120 万人の会員が所属しています。リアルターは、加入時に、NARの倫理規定(Code of Ethics)の遵守に対する誓約を求められ、違反した場合には、MLS(後述)が利用できなくなる等、厳罰が科されるため、リアルターであることでさらに信用が高まります。

不動産ブローカーというと日本では、あまりイメージの良くない感がありますが、米国では不動産ブローカー資格は、医師、弁護士と並んで三大資格と言われています。それも、その資格取得には、厳しいハードルがあるからで、州によっては、資格試験の受験前にPre-License Educationを受講したり、資格取得後も、3年間 に45時間の講習を受けることが義務付けられています。

米国の不動産取引では利益相反がない?!

取引で日本と異なるのは、資格の違いだけではなりません。ほとんどのすべての不動産の取引で、基本的に売主側と買主側にそれぞれブローカーが付くこともその一つです。(売主側をSeller’s Broker、買主側Buyer’s Brokerと呼びます。)日本では、両手取引と呼ばれる1社の取引業者が売主側と買主側の仲介を行うことも頻繁に行われていますが、本来、売主と買主は利益が相反しますので、それを1社の不動産業者がまとめると、いずれかに不利益が発生することもあります。その点、米国ではほとんどすべての取引で売主、買主双方にそれぞれブローカーが対応しますので、安心して取引を任せることができます。

買主は仲介手数料を支払う必要がない

日本では考えられない不動産情報が公開されている

日本でも不動産業者が登録、閲覧できるレインズ(Real Estate Information Network System:不動産流通標準情報システム)という国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムがあります。その情報は登録している不動産業者のみが閲覧でき、一般の人が閲覧することはできません。

一方、米国には、前出の全米リアルター協会(NAR)が管理するMLS(Multiple Listing Service)という物件情報のデータベースが整備されており、不動産会社はこのMLSに加入が義務付けられています。

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)とは?

クラウドへの移行、DIA(Direct クラウドブローカーとは Internet Access)、WFA(Work-from-anywhere)、管理されていないBYOD/IoTデバイスの使用が増加し、レガシーネットワークのハードな境界線が消滅しているため、ZTNAセキュリティアプローチが必須となっています。今日のクライアント・トゥ・クラウドやWFAネットワークは、ソフトウェア定義のペリメータ(境界)を有しています。従業員の自宅が支店になり、インターネットが企業ネットワークの一部になっています。「イントラネット」には、もはや明確な意味はなくなっているのです。

ZTNAの仕組みとは?

  • ユーザーのアイデンティティとコンテキスト、および
  • アクセスしているデバイスとアプリケーション(またはその他の資産)。
  • ネットワークをトランスポートとしてのみ捉え、オンプレミスとオフプレミスのユーザー、デバイス、アプリケーション/アセットにアーキテクチャ上の違いはありません。
  • アクセスを要求するエンティティ(ユーザー、デバイス、アプリケーション/資産)や、エンティティや要求された資産の場所に関わらず、すべての資産アクセスの試みに一貫した企業ポリシーを適用します。
  • すべてのWFAユーザーが、あらゆるデバイスで、あらゆるオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに対して、完全なセキュリティを提供します。
  • ネットワークをエンド・ツー・エンドで分離し、正当なユーザーが権限証明書内で許可されたアプリケーションにのみアクセスできるよう、きめ細かなアクセスを実現します。
  • SDPブローカー/プロキシ:アウトバウンド専用の接続を行い、ネットワークとアプリケーションの両方が権限のないユーザーから見えないようにします。ブローカーはアプライアンスまたはクラウドサービスです。
  • Cloud Gateway:クラウドで展開され、グローバルに分散されたゲートウェイは、企業ネットワークやクラウド/SaaSの宛先に安全に接続します。
  • クライアント:エンドユーザーデバイス用のSASEクライアントソフトウェア。また、クライアントレスでの導入も可能です。
  • 認証サービス:企業の既存のユーザーやデバイスの資格情報管理や認証サービスと連動します。
  • 自己管理ポータル:管理者によるユーザーやアプリケーションの可視化と制御を実現します。
  • トランスポート:有線、無線、携帯電話によるインターネットやイントラネットへの接続。

ゼロトラストネットワークアクセスのメリット

  • VPNアグリゲーション、キャプティブポータル、DDoS対策、グローバルロードバランシング、ファイアウォールスタックなどのアプライアンスやソリューションが不要になります。
  • オンプレミスとクラウドで一貫したセキュリティポリシーを実施し、すべてのユーザーとデバイスにシームレスな体験を提供し、オンプレミスまたはクラウドへのアクセスをきめ細かく制御し、規制遵守を簡素化します。
  • どこにいても、簡単にスケールアップでき、ハイパフォーマンスなクラウドアクセスが可能、遅延の少ないQoE、クラウド型ゲートウェイ/ブローカーが容易にスケールアップ/ダウンでき、刻々と変化するユーザーやクラウドのワークロードのロケーションに合わせて調整可能、そしてHA機能を備えています。
  • 場所を選ばず、最適化されたデータパスでアプリケーションへのアクセスを最小のレイテンシーで実現。
  • BYODやIoTを含む、認証されたユーザーとデバイス。手間のかからないインラインのユーザー認証。クライアントおよびクライアントレスの導入モデル。
  • インターネット、イントラネット、有線、無線、セルラーなど、すべてのトランスポートを企業レベルで保護する高度な接続性。すべてのクライアントとアプリケーションの接続にエンドツーエンドの暗号化トンネルを使用。
  • 攻撃対象を減らし、ユーザーに最低限の権限しか与えないことで、資産の発見や横移動を防止し、すべてのトランザクションのセキュリティを仲介し、アプリケーションやネットワークのトポロジーを見えないようにし、パッチが適用されていないデバイスやサーバーの攻撃対象を防ぎ、アプリケーションを細かくセグメント化します。
  • 組織変更や買収に対応するための迅速なターンアラウンド

ZTNAの選択と組織への導入

ZTNAは先進的なSASEソリューションの不可欠なコンポーネント

  • 最適な効率性と最小のレイテンシーを実現するシングルパスのデータパス。
  • シングルパスソフトウェアアーキテクチャにより、機能の重複を排除し、最高のQoEを実現。
  • すべての機能を管理するための単一の画面(Single-pane-of-glass)SD-WAN、SWG、ZTNA、RBI、CASB、NGFWaaS、およびCloud Gateways。
  • 単一のポリシー言語により、すべてのユーザーに包括的なセキュリティとコンプライアンスを保証。
  • 管理・連携するフォワードプロキシが1つ(証明書を共有する会社が1つ)になり、プロキシの連鎖がなくなる。Versa Forward Proxyは、SD-WAN、ZTNA、SWG、CASBなど、すべての機能を提供します。 のグローバルPOPネットワーク。
  • 豊富なアクセスオプション:SASEクライアント(認証、ポリシー/コンプライアンスの適用、複数のアクティブな接続)、標準的なトンネルオプション(GRE、IKEv2 IPSEC)、そして統合SD-WANオプション。
無料の電子ブック

SASE
For Dummies(SASE入門)

さらに詳しく

SASE(Secure Access Service Edge)、ネットワーク、セキュリティ、SD-WAN、クラウドについて、業界のソートリーダー、アナリスト、専門家による調査、分析、その他の情報をご覧ください。

White Paper

Zero Trust Security

Zero Trust is a new approach to security クラウドブローカーとは that requires organizations to fundamentally shift the way they approach identity and access.

On-Demand Webinar: 60 min

Zero Trust Security vs. SASE: An クラウドブローカーとは Architecture Deep Dive

Deep dive into the クラウドブローカーとは two approaches to protecting globally distributed users, devices, and applications have emerged on the market: Zero Trust Security and Secure Access Service Edge (SASE).

Solution Brief

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

© Copyright 2022 Versa Networks, Inc.

Versa Networks、VOS、およびVersa Titanは、Versa Networks, Inc.の登録商標またはその可能性があります。ここに記載されているその他のマークないし名前は、それぞれの会社の商標である可能性があります。

SASE分野を先導するVersa Networksは、広範なセキュリティ、高度なネットワーキング、フル機能のSD-WAN、真のマルチテナンシー、洗練されたアナリティクスを、クラウド、オンプレミス、またはその両方の組み合わせを提供することで、小規模企業から超大手企業並びにサービスプロバイダーがSASEに求める要件を満たします。Versa SASEは、オンプレミスのほか、Versaが提携するサービスプロバイダーによるホスティング、クラウド配信、およびリーンIT向けに設計されたシンプルなVersa Titanクラウドサービスを通じてご利用いただけます。世界中の何十万ものサイトを運用する多くのお客様が、ネットワーク、セキュリティ、クラウドに関してVersaを頼りにしていただいています。Versa Networksは現在、株式非公開企業であり、セコイアキャピタル、メイフィールド、アーティスベンチャーズ、ベライゾンベンチャーズ、コムキャストベンチャーズ、リバティグローバルベンチャーズ、プリンスヴィルグローバルファンド、およびRPSベンチャーズから出資を受けています。

クラウドアクセスセキュリティブローカー

クラウドアクセスセキュリティブローカー ( CASB )(cas-beeと発音されることもあり ます )は、オンプレミスまたは クラウド ベースの ソフトウェア であり、クラウドサービスユーザーとクラウドアプリケーションの間に位置し、すべてのアクティビティを監視してセキュリティポリシーを適用します。 [1] CASBは、ユーザーアクティビティの監視、潜在的に危険なアクションに関する管理者への警告、セキュリティポリシーのコンプライアンスの実施、 マルウェア の自動防止などのサービスを提供できます。

定義 [ 編集 ]

[An]オンプレミスまたはクラウドベースのセキュリティポリシー実施ポイント。クラウドサービスの利用者と クラウドサービスプロバイダー クラウドブローカーとは の間に配置され、クラウドベースのリソースにアクセスするときにエンタープライズセキュリティポリシーを組み合わせて介入します。 CASBは、複数のタイプのセキュリティポリシーの実施を統合します。 セキュリティポリシーの例には、認証、 シングルサインオン 、承認、資格情報のマッピング、デバイスのプロファイリング、 暗号化 、 トークン化 、ロギング、アラート、マルウェアの検出/防止などが含まれます。

タイプ [ 編集 ]

セキュリティを提供するCASBは、ユーザーとクラウドプロバイダーの間のデータアクセスパスに存在する必要があります。 アーキテクチャ上、これは、各エンドポイントデバイスのプロキシエージェントを使用して、または各デバイスを構成せずに エージェントレス で実現できます。 エージェントレスCASBは、企業が管理するBYODデバイスと管理されていないBYOD デバイスの両方で、迅速な展開とセキュリティの提供を可能にし ます。 エージェントレスCASBはユーザーのプライバシーも尊重し、企業データのみを検査します。 エージェントベースのCASBは展開が難しく、企業が管理するデバイスにのみ有効です。 エージェントベースのCASBは通常、企業データと個人データの両方を検査します。 [ 要出典 ]

NEC、フランスの大手通信事業者と共同でクラウドサービスを提供

このたびブイグテレコムが提供するクラウドサービス「Solutions Cloud Pro(ソリューションクラウドプロ)」は、主に中小企業向けに様々な業務アプリケーションをSaaS(Software as a Service)型で提供するものです。
「Solutions Cloud Pro」では、ERP、CRM、DM配信/管理、ビデオ会議、映像監視、eラーニングなどのアプリケーションを提供します。中小企業は、「Solutions Cloud Pro」にアクセスするだけで、これらのアプリケーションを簡単に利用することができます。
またNECは、クラウドサービス基盤「Cloud Service Broker(クラウドサービスブローカー)」(注2)を構築し、本サービスの運用を担当します。

( 注1) サービス提供先(組織名) ブイグテレコムエンタープライズ(※)

※ブイグテレコムエンタープライズについて
ブイグテレコムは、1997年に様々なビジネスに対応する専門部門「ブイグテレコムエンタープライズ」を設立しました。同部門は、固定、移動、インターネット、クラウドなど、様々なソリューションを企業向けに提供しています。また輸送、エネルギー、セキュリティ分野向けには、M2Mソリューションを提供しています。

※ブイグテレコムについて
ブイグテレコムは、EDF社、La Poste社、 BNP Paribas社、Lafarge社などフランスを代表する企業をはじめ、150万社に及ぶ企業にサービスを提供しています。同社は、フランス全土に跨る 光IPネットワーク網を整備すると共に、モバイルサービスは、2Gで99%、3G+(~7.2Mbps)で96%、H+(~42Mbps)で60%と高い 人口カバー率を誇り、フランス全土に高速モバイルサービスを提供しています。さらに、ブイグテレコムは、グローバルに100以上の都市で4Gネットワーク を展開しており、フランスにおいても2013年10月1日までに4Gサービスのカバー率を約40%までに拡充する計画を立てています。
ブイグテレコムは、企業のお客様をサポートする約900名の要員を有しています。さらに、フランスにおける販売パートナーは約400社に及び、ブイグテレコムと共にお客様に最適なサービスを提供しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる