オプション取引とは

FXスプレッド比較

FXスプレッド比較
鈴木拓也

Titan FX (タイタン FX)のスプレッド一覧

スワップレートまたはロールオーバレートとは、ポジションを一晩中を保持するために適用された利率(追加または控除)として定義されます。スワップポイント(金利差調整分)とは、2国間の金利差から受け取れたお金のことです。外国為替 (FX)では、保有の取引注文(ポジション)を当営業日中に決済せず、決済を翌営業日に持ち越すこと (ロールオーバー) によって、スワップポイント(レート)を得ることが可能です。Titan FXのスワップの詳細はこちら

取引時間帯はいつですか?

  • 冬時間(米国冬時間 – GMT+2) FXスプレッド比較 日本時間は、月曜日 7:04~土曜日7:55
  • 夏時間(米国夏時間:GMT+3)日本時間は、月曜日6:04~土曜日6:55

両建て取引が可能ですか?

はい、Titan FXでは両建てを行うことができます。両建てにより、同じ取引通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有して頂けます。つまり、市場の上昇または下降のどちらか一方をお選び頂くことなく、FX取引に参加することが可能です。Titan FXの口座種類の詳細はこちら

サーバー時間とGMTオフセットについて教えてください?

Titan FXのサーバーは、ニューヨークに位置しているため、サーバー時間がニューヨークの午後5:00となっております。そのため、Titan FXのサーバー時間は、米国の夏時間、冬時間により変更となりますのでご注意ください。GMT(グリニッジの標準的な時間、英語: Greenwich Mean Time)とは、ΜΤ4取引プラットフォームを使用する海外fx業者のMT4サーバーを設置している国の標準時間です。日本では、GMTは「GMT+9」となり、ニューヨーク冬時間は 「GMT+2」 と夏時間は「GMT+3」 となります。Titan FXの取引条件の詳細はこちら

最大レバレッジは何倍ですか?

ゼロカットルールはありますか?

はい、Titan FXはゼロカットの仕組みを採用されているため、急な為替により口座残高が0以下になった場合でも、0円以下の損失額 (追証) を請求されることはありません。Titan FXのスプレッド一覧はこちら

FXスプレッドとは?比較一覧と隠れた手数料の真実

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

すると、買値と売値はスプレッド分だけレートが違いますので、その分だけ損をしていることになります。

スプレッド分だけ投資家は損をする

逆に、狭ければ狭いほど、その損を小さくできるので、FX会社を選ぶ際には 「一番スプレッドが狭い」ところを選ぶのは必須 と言えるでしょう。

スプレッドは原則固定で例外あり

FX会社のスプレッド表記をみると、スプレッド数値の横に 『原則固定』 の文字があります。

そしてこれが後に説明するスプレッド以外の隠れた手数料である 「約定力」と「レートの安定性」 にも関係してきます。

スプレッドに差が生じる理由

トレーダーはFX会社を通じて注文するわけですが、そのFX会社は複数の銀行や証券会社と提携しており、インターバンク市場の為替レートを使ってFX会社のレートが決まっています。

スプレッド以外の隠れた手数料

それは、隠れた手数料とも言える 「約定力」と「レートの安定性」 です。

FX会社の約定力とスリッページ

約定力とは表示されているレートで実際にどの程度約定(取引締結)するのかを示したものです。

これを 「スリッページ」と呼び、隠れたスプレッド を意味します。

スリッページの仕組み

なぜなら、スリッページで表示レートよりも悪いレートで成約になれば、 その分、広いスプレッドで取引していることになりますので。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる