戦略

さまざまな投資情報

さまざまな投資情報
プレスリリース提供:PR TIMES リンク

アパレル向け、マルチデバイスの高精細XRマネキンを開発

KDDIは2022年5月18日、Google CloudのImmersive Stream for XRを活用し、アパレル販売向け高精細XRマネキン (以下 本ソリューション) を開発しました。本ソリューションでは、店舗サイネージやスマートフォンなどのさまざまなデバイスで、商品を360度好きな角度から確認可能です。商品の現物がなくても、目の前に商品が存在しているかのようなお客さま体験を提供できます。
今後、パートナー企業とともに実証実験による有効性の検証などを行い、実店舗への導入を目指していきます。

アパレル産業30年間で市場規模は2/3程度に減る一方、商品の供給量は2倍近くになり、大量消費・大量生産の構造になっています (注1)。店頭においては、お客さまのニーズに応えるためさまざまなサイズ・色の在庫を常時取り揃えており、余剰在庫が発生しています。
バーチャルで商品を表示するサービスは昨今広がりつつありますが、商品の素材感やサイズ感を確認できるほどの高精細な表現をするには、表示するデバイスのスペックに依存しています。
本ソリューションでは、クラウド上でレンダリング (注2) した映像を、5Gなどを使ってストリーミング配信します。これにより、表示するデバイスのスペックに依存せず高精細なマネキンを表現することができます。サイネージなどで高精細な商品イメージを案内し、購入はECサイトに誘導することで、店頭では在庫を置くことなく販売することが可能です。

なお、KDDIは米国時間2022年5月12日にGoogleがアメリカ合衆国カリフォルニア州で開催した年次デベロッパー向けイベント「Google I/O 2022」で、Immersive Stream for XRの日本における初のユーザー企業として発表されました。
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表 平手 智行氏は下記のように述べています。

「サステナビリティにどう取り組んでいくかということは、世界中の企業において重要な経営課題になっています。Googleは長期に渡りさまざまな形でサステナビリティに取り組んでおり、Google Cloudの技術を使ってお客さまのサステナビリティ課題を解決することもその一つです。
今回、KDDIがImmersive Stream for XRを活用して開発したソリューションは、まさにアパレル業界のありかたを大きくかえる第一歩であり、アパレル業界の変革および余剰在庫削減による環境負荷の軽減につながることを確信しております。今後もGoogle Cloudはお客さまのサステナブルな取り組みを技術で支援してまいります。」

Google CloudのImmersive Stream for XRの詳細および本ソリューションのデモンストレーションは、特設サイト「Adventure World」をご参照ください。

■本ソリューションの特長

  • 本ソリューションは、360度から立体的に確認可能な高精細な商品イメージを、ウェブブラウザやGoogleアプリを通じて店舗サイネージや店頭接客用タブレットなどさまざまなデバイスに投影可能です。スマートフォンやタブレットを使用するとARで表示することもできます。
  • サイネージや接客用デバイスなどで高精細な商品イメージを案内し、販売はECサイト経由で実施することで、店頭在庫を置くことなく販売することが可能です。マネキンなどの展示物を置くスペースなくても、店舗スペースの有効活用や店舗の広さに捉われない新たな販売機会を創出できます。
  • お客さまは自宅でもスマートフォンで本ソリューションを利用することができるため、ECサイトと組み合わせて利用いただくことで、販売機会拡大につながります。

■Google さまざまな投資情報 Cloudの新製品「Immersive Stream for XR」

Immersive Stream for XRは、Google Cloudの新製品であるマネージド型リアルタイムクラウドレンダリング製品です。クラウド上でレンダリングすることで、スマートフォンのスペックに依存しない形でより高精細な表現が可能です。5Gを活用することで、サイネージなどの大画面に高画質のレンダリングした映像を映す際に快適に利用できます。
サービスごとのアプリをインストールしなくても、ウェブブラウザやGoogleアプリで利用可能です。
光彩など環境を取り込むことが可能となり、例えば明るい場所で利用する際にはARコンテンツも明るく表現されるなど、リアルの環境にあわせた表現に適応します。

■XRマネキンにおけるモデル表現

アパレル業界向けコンピュータ支援設計 (CAD) ソフトなどで制作したデジタル型紙を使って作られた衣服の3DCGを表示可能です。まだ実物がない商品も表現できるので、予約販売 (受注生産) や需要予測などにも活用できます。「au VISION STUDIO」でプロデュースしている髪の毛1本1本までフォトリアルに再現されたバーチャルヒューマン「coh」に着せることで、リアルな着用イメージを確認することが可能です。

■KDDIのアパレルDXの取り組み

KDDIのクリエイティブチーム「au VISION STUDIO」は2021年から、アパレル業界における商品の企画、デザイン時のサンプル制作をDX化することで、サンプルレスで資源の無駄がないサステナブルなモノづくりを支援する取り組みを実施しています (注3)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる